虎心不動TOP

.com/txcou

2014年01月23日

ゴメスは強打者4番になれるのか?



ゴメスの記事を書けとよく言われていたのですが(笑)
やはりキャンプインしてじっくり見ないと何とも言えないw
それでも、書かなければいかんとユーザー様に怒られて書きます

浜風に吹かれてのyoshitakaさんが先日書いてるんですよ
そちらを見た方が早いと思いますが(似た記事になるはず)

一応虎心不動でも彼を書いてみる事とします(汗)
先に浜風さん読んだ方がいいかもwwwwww
左のリンクからジャンプしてお読みください

さて、マウロゴメスですが、ファーストは確定
貴浩がサードになる可能性もあるという報道もあった


阪神球団は相変わらずである

厚みのある打線をどうしても確保したいのが球団の意向だろう


昨年4番を一番長く張ってくれたマートンは私からすれば単打で
アベレージを稼ぐ中距離ヒッターであり、3番タイプだと思う
その彼が4番を張ったのも、他に居なかったという実に厳しい
現実がそこにあったのだと思う

それにしても、甲子園を本拠地として19本も彼が放つとは
思っても居なかった

福留も貴浩も怪我で本調子とは程遠い状態は
首脳陣(特に水谷前打撃コーチ)にとっては大きな痛手となった

投手陣でもぎ取った2位確保

後味が実に悪すぎる2位確保であったが、その大きな原因が
打撃不振極まりない打線であったことは言うまでもない

コンラッドはもっと使える選手だったと思う
スイッチヒッターとして使うからダメだったと思うし、
それ以前に、水谷打撃コーチとの相性も酷過ぎたと思う
実に気の毒な助っ人だったと思う

日本人独特の
切れ味鋭いスライダーと
フォークという変化球


助っ人はまずこの2球種に対応出来なければ
絶対に日本球界では務まらない

低目低目に丁寧にコーナーを突いてくるスライダー

更にフォークはMLBでは殆ど見られない球種

特にマイナーや3Aとなれば尚更フォークとの対面は皆無に
等しい球種だったと思える

助っ人が馴染むまで苦労する縦のスライダーとフォーク

この2球種を水谷前打撃コーチは
コンラッドに対してどこまで助けてあげただろう?
どこまで徹底指導を行ってくれたのだろうか?

日本人でも、ついつい吊られて振ってしまうフォーク
深追いして振ってしまうアウトコースのスライダー
低目いっぱいで落としてくるチェンジアップ

コンラッドはこの3球種に随分と苦労していたのが分かる
更にコンラッドは左打席の方が安定度が高かった
しかし、力んでブレ気味となる右打席での起用が実に多かった

あれはコンラッド本来の特徴を潰す指導であり起用だったと思う

左打席専門で使えば絶対にスイッチよりもいい数字を残せたと
思うが、阪神との対戦で対球団が左投手を結構ぶつけてくる
ケースも多々あったのも彼にとって不運だったかもしれない

助っ人に不運と言う言葉は甘いのだろう(笑)

ただ、コーチとの相性や指導力に問題がゼロだったとは思えない
選手だっただけにもったいない気もするが
いずれにせよ、過去の選手である


さて、そのマウロゴメスなのだが、MLB時代の動画を結構
あさりまくって見てみたが、これだけは言える

コンラッドよりアウトコースは強そうな感じがする
鋭く落ちるアウトローのチェンジアップに対応は出来ており
アウトコース低目のストレートも対応は出来る様だ


ブラゼルに化ける可能性はゼロではないと思う
日本球界で戦って行く上で、必要なのは、やはりアベレージ

2割4分代で30本塁打であったとしても
そのレベルは20年前のパリッシュでお腹一杯である(笑)

現時点の日本球界では、バレンティンや
ブランコがセリーグでは群を抜いている

彼達の共通点は3冠王を狙える安定度が一番の魅力である

ハイアベレージで
長打力でチャンスに強い


これぞ!助っ人の最優良大砲選手なのだから

甲子園には浜風と言う厄介な存在があるが、
右打者にとっては追い風になるケースが本当に多い

ブラゼルが右打者だったらどうだっただろう?
バースが右打者だったらもっと凄かっただろうか?


そんなタラレバ以前の妄想を考えた事がある正悟君であるがww
マウロゴメスは右打者の大砲である事は確かである

ブラッズやバース、バレンティンやブランコになれるのか?

結局は日本人のスライダーとフォークへの対応力

この日本人投手陣の独特の技術力にどこまで対応出来るか?
オマリーさんの指導力次第では、アリアスになれる可能性もある

溜めを作って壁をしっかりと作って
選球眼をどこまでしっかりと溜めて見極める事が出来るのか?
そこがポイントとなるのは間違いない

NPB独特の統一球の手元でムーブするボールを芯で捉える事は
恐らく、MLBで戦った経歴で大丈夫だと思われる

奥さまの出産に立ち会うために、第二クールからの合流予定だが、
この1週間が痛くならない位、しっかりと体だけは作って来日
して欲しいですね

結局は浜風さんが仰せの通り、キャンプで見て見なければ
何とも言えないのが本音(笑)
オープン戦打っても、ペナントで打てなければ意味もない

ただ、これだけは言える
4番鉄板候補ってのは確かに有難い
打線を組むにしても大砲と言う基盤がそこにある事自体嬉しい

後は彼が助っ人としてどこまで戦えるのか?
巨人、中日も獲得を保留し、見送った経歴があるだけに
不安要素もあるのだが、そこはオマリーコーチの指導力で
不安をひっくり返して欲しいですね

今年は先発ローテが不安視されているシーズン
マートン、ゴメスが安定度を誇り、きっちり仕事をやれれば
希望に満ち溢れるシーズンになる可能性だって高いと思う

ゴメスはどうあるべきか?

2ストライクに追い込まれるまでは、西武の中村の様に
徹底して引っ張るべき


流し打ち、アベレージに関しては、2ストライクに
追い込まれたらブラッズの様にバットを短く持つのも一つの手段


三冠王を狙える、ブランコ、バレンティンと肩を並べる
逢いアベレージな強打者になることを願っている

まだ見てないけど(笑)
期待して来日を待とうと思う
まずは、お子様の立ち合いですね(汗)
安産祈ってます

安産スッポン!安産スッポン!(古いか?www)
*---------------------------------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら

FBの友達申請大歓迎です^^FBで虎心不動が運営している
「阪神猛虎愛クラブ」のメンバーも大募集中です
まずは、私、渡邊 正悟とお友達になりましょうね
FBのメッセージにて、クラブ参加希望をお気軽にお伝え願います
お待ちしております^^



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*---------------------------------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 19:31 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2014 Tigers