虎心不動TOP

.com/txcou

2014年02月10日

投手陣は意外とまとまっている件



この記事は昨夜書いた記事であり、アップ出来ませんでした(笑)
その為、本日は久々の二本立てとなります^^;

まずは昨日書いた記事からアップしようかと思います(笑)


さて、昨日から実戦形式に入り出しました
明日には日本ハムとの練習試合も組まれています
恐らく、11日の試合は投手も打撃陣も、ほぼ若手主体で
スタメンを組み、ベテランは宜野座で調整に入る可能性も
ありますね

昨日、その若手を中心にが実戦形式で投打で相対しましたね

この時期は投手圧倒的有利とよく言われています

打撃陣が、まだ速球に慣れてない時期である事が大まかな
理由に挙げられてますが、その中でも

投手の制球や球威、変化球のキレ

の現段階の確認が出来るのは確かです

また打者側からすれば、しっかりとボールが見えているか?
スイングの状態の現段階の確認が出来るのです

選球眼と溜めのあるバランスの安定度

これか重視して確認する状況です

つまり、結果よりも現段階の調整度具合を測ると言っても
良いと思いますが、その中でも競争は既に始まっています


まずは、ベテラン岩田
高めにボールが浮きがちでしたね
解説の岡田さんボロカスに言っていましたねww
辛口なんですよww岡田さんは(笑)
まだ第二クール始まったばかりですから、この時期から完璧に
仕上げられなくても大丈夫と私は思っています

開幕に間に合えばいいんですよ

右打者に対してのストレートが高めに浮いてましたね
右打者に対してのスライダーのキレがイマイチ
でもありましたね
ただ、数球いいスライダー投げてましたので、これは調整が
しっかりと出来れば大丈夫だと私は確信しましたね

岩田は今、悩んでいるかも知れませんね

怪我以来、ここ数年、速球が思うように走ってない筈です
シュート回転気味のストレートに力を感じません

変化球のキレもかなりイマイチ状態が続いているので
かない厳しい状況が続いている投手でありますね

元々は能見以上に球威球速があった投手だった

そのストレートに切れ味鋭いスライダー
右打者でも思わず空振りをしてしまう、ボールゾーンへ逃げる
あの低目のコースは、打者にとって実に厄介だったはずです

更にカットボールのキレ、シュートの絶妙なタイミングでの配球
芯を外して打たせて取る事も出来ましたね
てフォークもキレ味が良く、三振も取れる球種を持っています

その全てが全く出来ない状況下に陥っているのが、
現在の岩田です

今のストレート、球威では、厳しいです
更にあの制球では配球も手詰まりになっちゃいます


今日の投球内容は
ストレートのシュート回転以前に、抜けていたので(笑)
それ以前の問題であると私は感じていますが、まだ第二クール
フォーム修正あるのみです

岩田の場合は、何が動向以前に
まずは制球、低めの制球でしょうね

ストレートに力がイマイチだと思えば、尚更制球でしょう!

まぁ岩田が駄目ならダメでいいんです
ハッキリ言って今の岩田の状態であれば、いくらでも若虎達に
彼の代わりは居ますから

これが世代交代の始まりの詩でもあるんです
岩田には踏ん張って欲しいし、若虎達には容赦なく
襲い掛かって欲しいですね


秋山が明日辺りに投げると思います
彼の実戦が早く見たいと思われる方が多いと思います

それだけ彼に対する期待感はファンにも中西コーチにも
ギンギン状態なのですwwwwww
まず、去年あたりから、ようやくフォームが固まりつつあり
本来のストレートの力が見え始めています

秋山のストレートがようやく早くなりましたね
球速よりも大事なのが球威なのですが、

球威って打者が食らう体感が全く違うのです

球速で私達は振り回されるケースが多いのですが
球速以上に重要なのが球威なのです

145キロでも球威があれば、155キロの速いだけの球より
打者は打ちづらいのです
体感速度が速く感じるし、指し込まれるのですよね

秋山のカットボールとフォークが活き活きとする為には
絶対にあと5キロの平均速度と、何しろ球威が必要でした

その球威が良くなっていると私は信じていますし
それと同時に今年の秋山に期待しています
ローテを賄う一角になって欲しいですね^^


もう一人復活の兆しが見えてきた投手が居る
それは二神である

二神が昨日実戦形式で投げたのですが、彼の球威を見て
心底嬉しくなりましたね^^
まだこの時期は投手有利なのが当たり前ですが(笑)
肘の怪我以来、球威球速も伸びず、昨年はサイドスロー転向も
行い、試行錯誤の連続でした
昨年秋からオーバースローに戻してから良くなりましたね

ストレートの走りもようやく形になって来たのが分かりました

暖かくなって何キロ出るかな?球威もどこまで伸びるかな?

そこは未知数な部分もありますが、一つだけ言えるのは
いいストレートが投げられるようになったと言う事です
球威もこれから伸びる可能性を持ったストレートを投げてます

それよりも制球ですね

左打者へのインローへ攻めるストレートの制球は絶妙です
更にインローへ落とすスライダーがもっと凄かった
キレキレでインローへ落として空振りを奪えるスライダーは
決め球にもなりますよね^^
あとはチェンジアップとカーブ、カットボールなどの引き出しがどこまであって変化球のキレがどこまで良くなるか?ですね

昨日の実戦形式の彼の投球を見て、実に頼もしく感じました


巨人キラーになれる器を持つ榎田

榎田も岩田同様ストレートが抜け気味でした(汗)
スライダーのキレがまだまとまってなかったですね
完全に見送られるスライダーも目立ったのは気になりますが
それと同時に右打者の膝元にスライダーを落してボール球を
空振り取れるシーンもありました

カットボールで外野フライも打ち取れるシーンも見られまして
制球以外はまぁまぁの仕上がりを見せている感がありました

榎田の場合は、変化球のキレで勝負するタイプだし、
緩急をつけて空振りを誘うタイプでもありますので、

制球と変化球のキレが榎田の生命線となるわけです

そのスライダーのキレはまずまずでした

ストライクゾーンからボールゾーンへ逃げるスライダー
これを簡単に見逃されているウチはダメなのですよ
シーズン中でも四球バンバン出す時は出しますからwww

その時に困った時のカットボールを使いこなしてピンチを脱する
投球がある意味トレードマークでしたね(笑)

今年も去年と同じくらいの活躍では困ります(笑)
榎田にも今の壁を打ち破る様な、挑戦を調整で行ってもらい
完全なるローテの一角を賄ってもらいたいですね^^

金田はまだ制球が駄目です(笑)
昨日の投球に関してはコメントはしません
頑張ってフォーム修正に取り組んでもらうしかないでしょうね


確かに今年は先発が足りないと言われているシーズン

しかし、若虎が伸びるチャンスのシーズンでもある

必ず、阪神投手コーチ陣が、見事な仕上げを見せてくれると
信じてますし、その兆しが見えてきた実戦形式の、若虎投手陣の
いい投球を見せてもらえた様な気がします

まだまだ2クールです
もっともっとギッチリと鍛え上げて、開幕に間に合う調整に
精進してもらいたいですね^^

今夜遅くにもう一本アップする予定です^^
ランキングといいねのポチを是非、宜しくお願いします^^

*---------------------------------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら

FBの友達申請大歓迎です^^FBで虎心不動が運営している
「阪神猛虎愛クラブ」のメンバーも大募集中です
まずは、私、渡邊 正悟とお友達になりましょうね
FBのメッセージにて、クラブ参加希望をお気軽にお伝え願います
お待ちしております^^



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*---------------------------------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 19:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014 Tigers

2014年02月08日

呉昇桓がブルペンで魅せた凄さ



今日の午後に森田がアメリカンノックを受けていた
ヘトヘトなるという言葉があるが、今日の森田は正にそれ(笑)
森田の脚が完全に止まっても容赦なく続く
高代コーチのアメリカンノックを見て痛感した

シゴキだこれww

守備力も打撃も足腰の鍛錬が重要となるのは言うまでもない
アメリカンノックは私も高校時代何度も食らっていた
だらけていると、監督に呼び出され、
先輩にアメリカンノッカーをお願いされて(笑)
吐くまで何度もやらされた経験がある

アメリカンノックで吐くのは本当の地獄絵巻である(笑)
マラソンで体調悪くて吐くとは違うんだよ(笑)
無理矢理走り抜いて胃袋がくたばって出すわけだから相当キツイ
しかも森田は食後の時間帯に走らされているので、
飯食ってないか?本当に軽めにランチを取った程度で挑んだはずだ

しかし高代コーチはエグイwwwwwでも。。。。。

これが普通のシゴキなんだ

落合ドラゴンズでもこれ位の扱きは当たり前の世界

阪神に足りなかった部分を高代コーチが存分に見せてくれている
もっともっと高代コーチに鍛え上げられるべきだと思う

政権交代で解任するなら、和田続投を願いたい位だ
それだけ高代コーチの指導力は凄いと思う

キャンプの阪神は超楽だと言われ続けているが
それを跳ね返す位の勢いで高代さんは精力的に指導している

シゴイてシゴキまくって鍛える事も絶対に大事

森田も吐く寸前の状態まで追い込まれていたが、
それでも下柳氏は、

まだまだ甘い 近づけない位の怖いオーラがない
それ位のオーラが出ないうちはまだまだ


と一蹴wwwww 確かにそうだw
森田もっともっとシゴかれて耐え抜いて伸びろ!


今日のキャンプ 第二クールの始まり
私は興味を持って居たのは言うまでもない

呉昇桓のブルペン

であった

第二クールから投げると噂されていた呉昇桓が
ついに阪神のブルペンでボールを投げた

当然この時期のピッチングは6割から7割程度の投げ
本気球とは掛け離れた投球しか見せてくれないのだが
それでもフォームやバランスなどを見極めて、状態を見る事は
可能であると私は考えている

まずは、数球捕手を立たせてキャッチボールを行っていた
まずその段階で何かが違う。。。。。。。。。
力強さとキレを感じるのは何故だろうか?

数球投げた後に捕手を座られたのが分かった
いきなり投球フォームで投げだしたからだ
あまりにも自然に投げだしたので驚いた

何も要求もせず、ただストレートを投げたのだろう

では、呉昇桓のフォームを見て感じた事を書いてみよう

まず、軸足がブレない
重心を支える軸足が全くブレない


これは藤浪にも言える事なのだが、藤浪以上に呉昇桓は
足腰を徹底して鍛え上げていることが分かった

178センチで95キロ位あるがっしりとした体つきに
無駄な贅肉は一切ない位の鋼の筋肉体質である
金肉体質が好みの女性にとって彼の肉体は完璧だろう(笑)
足が馬だものwwwwwww
競輪選手みたいな太ももしてるのだから、凄い安定感(笑)

その軸足となる左足だが、踏込み足を上げてる間
まるで静かに休んでいるフラミンゴの様に動かない
左足の軸足が安定感抜群

更に、通常、上体が前に行きたがる投球フォームで修正をよく
行うケースをよく見かけるのだが。。。。。
呉昇桓のフォームは実に安定感があった

呉昇桓は踏込足が高く上がっても重心を
軸足にしっかりとかけて溜めを作った状況がTVでも確認出来た
この重心とバランスは確かに物凄い

これが石直球を生み出す驚異的なバランス力だと思う

踏込足が動き出しても上体は変わらない
踏み込んだ瞬間に一気に腕が肩から出て来る感じである

全身のバネがこの瞬間の為に動く感じが見られた
足腰で投げるフォームの教科書の様な見事なフォームであった


リリースポイントの出所も打者から見れば
かなり見づらいフォームである事は間違いない

リリースの寸前も、左手のグローブで右手首から指が隠れる様な
実に巧みなフォームで相手に球種を絞らせない感じもある

バッターからすれば、彼のリリースポイントは
肩からグワっと一気に球が出て来る感じがあると思う
これは見づらいですし、打ちにくいはずです

このフォームを見て一目で分かった
呉昇桓の重心とバランスは恐ろしい位素晴らしい
そして足腰で投げる実に見事な投球フォームでもある

更にこの呉昇桓の特徴は
速球でも制球がいいのがセールスポイントでもある
球が上ずってどうしようもない時は誰にだって必ずある

そこに伸びのある球威が備わって居れば、絶対にごまかしが効く

この男のフォームが乱れる事は早々ないかも知れない

松田が学ぶべき教科書がここにある


呉昇桓はスライダー、カーブを投げるが、

スライダーは縦に落ちる感じのVスライダーを
投げている感じがするが、小さく変化するスライダーも
同時に投げている様に見えた事がある
更に90キロ台のスローカーブも投げている

もしかしらた、カーブとスライダーと
スラーブを投げているのかも知れない
スパイクカーブ系かも知れない

見てみないと分からないので
速くオープン戦での実践投球を見たい気分でワクワクしている

スラーブとカーブの使い分けが出来て、スライダーのキレがあり
制球もかなりイイと来たならば
フォークが無くても戦えるのかも知れない

いずれフォークか?シンカー系を投げたくなる時が必ず来ると
私は確信している
速球派に縦に落ちるフォーク、チェンジアップ、シンカー系は
かなりの確率で空振りを奪えると私は考える

まずは彼自身もどこまでこの速球とスライダーが通用するか?
これを確かめてみたいと思っているだろう

メッセからマシーンとあだ名をつけられたらしい
何しろ、足腰と腹筋と背筋がクソ鍛えられているはず
サイボーグの様なスンゲェ身体をしていると思う

んで、逆に怖い点も見つけた
虎心不動はそこもきっちりと書いてみようと思う

肩からグワっとリリースポイントが出て来る感じで
打者は見づらいと私は書きました
つまり、大げさに言うと、

こじんまりとしたオーバースロー

みたいな感覚に打者からは見えるかも知れない

肩からリリースポイントが出ると言うことは
腕を思い切って振って投げると言うよりも
こじんまりとしたオーバースロー感覚であるならば

絶対に肘に相当負担がかかる投げ方しているのです

これ間違いなく当たると思いますが、

酷使し過ぎると肘やっちゃいますよ

絶対肘から痛みが始まるはずです
定期的に肘痛めて1シーズン位のスパンで
長期離脱してる投手でもあります
3年から4年に一度必ず肘やっちゃうんですよね

2009年から2010年にかけてオペ込みで
長期離脱を経験しています

まぁ速球派の宿命みたいな部分もありますけどね。。。。

私の計算が正しければね
その定期的な時期が、今年か?来季辺りなる筈です(汗)


球威が落ちたり、球が上ずったりし始めたら
注意して見た方がいい投手でもあります

まだブルペン投げ始めたばかりなので、何とも言えませんが
私が幹事ら呉昇桓の投球内容を書いてみました

守護神なので、毎日そこそこ投げながらの調整になると思います
それは第三クール辺りからかな?

いずれにせよ、ストレートの凄さと制球の良さは
和田監督も中西コーチも大喜びでしたね
8億5千万で来てくれた韓国最強の守護神に
期待して、次回のブルペンを楽しみにしましょう^^


最後に私は韓国の代表戦は、サッカー同様燃えるものがあります
ただ、韓国選手が助っ人出来た場合、共通点があります

真面目でチームの為に本気で取り組む姿勢は
日本人以上の日本人的な熱いハートを持った日本人選手以上の
プロェッショナル精神を持っている選手が韓国は多いと思う


ソフトバンクが何故?あの高値でもイデホを獲得したのか?
それは簡単である
彼のプロフェッショナルな精神と肉体と技術が
高値でも欲しいという願望を持たせたのだと思う

呉昇桓もきっとイデホと同じように、チームの為に
100%の力で戦ってくれると信じて居る

やれ国旗だ!22は認めないと言っていたファンを
黙らせて拍手させる様な投球を見せてくれると信じている
*---------------------------------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら

FBの友達申請大歓迎です^^FBで虎心不動が運営している
「阪神猛虎愛クラブ」のメンバーも大募集中です
まずは、私、渡邊 正悟とお友達になりましょうね
FBのメッセージにて、クラブ参加希望をお気軽にお伝え願います
お待ちしております^^



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*---------------------------------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 02:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014 Tigers

2014年02月06日

西岡のスイングはかなりキレてる



高代コーチからノックで鍛えられている西岡
高代コーチは西岡の守備を就任時にコテンパンに言い放った

彼の守備を上手くしたい

西岡にとってはプライドが傷つく部分でもあるし
己自身が一番心の奥底で気にしていた部分だったと思う

高代コーチは上本と組ませて容赦ないノックを繰り返した
私は思うのだが、西岡はリーダーシップが獲れる器
マウンドへすぐ向かい、声をかけ、間を作る事も怠らない
イライラ絶頂のメッセに対しても、しっかりと声をかける

そんなリーダーシップが取れる選手に必要なのが
打だけでなく、守備力の完璧さが求められていたのだろう

傲慢と言えば、彼に大変失礼だと思うが、
西岡にはそんな我の強さも感じられる

守備面に関しては、彼の課題分野であったと思うし
その部分でしかりと彼の鼻をへし折る事も必要だったと思う

誰かがやらなければならない事だったと思うし、
それを高代コーチがしっかりと行ってくれていると思う

その西岡がランチ特打に初めて顔を出した
鬼のノックを受けているのは誰もが一緒
良太も今成もヘロヘロ状態なのは事実
その中で、柵越え連発している福留と良太

良太は体が開き気味の修正作業に取り組んでいるが
貴浩と隼太同様、体が動いてしまう癖との戦いの最中である

どうしても壁を作った溜めが出来ない為
右腕の入りの直前で左半身が前に行きたがっている

身体が開くとはこのことを言う

腰で回転出来ず、上体、特に利き腕に力を託してスイングすると
左肩がどうしても開き気味になってしまう


良太はその克服すべく修正を行っているのだが、第一クールで
仕上げ段階に入っていると私は解釈している
後はとにかく素振りを繰り返して、左肩が開かない様に
細心の注意を心掛けて、数千回でも素振りするしかない

ただ、初日に見せたあのスイングとは少し違った

今はテイクバックを開き気味で後ろが大きくなっている
壁を作った溜めが出来ていないのが
横のスイング動画を見て一発で分かった

マートンも強振の時にどうしても体が開き気味になりかけて
いるが、良太よりも利き腕に託している感じには見えない

腰の回転をしっかりと重要視したスイングを心掛けているだけに
良太よりも重傷に見えない辺りがさすがである

その良太も身体が開いても柵越え連発している

見た目だけは実に素晴らしい
しかし、体が開いてると腰のスイングが出来ない
最終的に、昨年に似たスイングになり兼ねない

身体が疲れてフォームが若干崩れてしまい
強打を放つ際に、体が思いっきり開いてしまっているのだろう

飛ばす力は人一倍あるのだから、あとは体の開きをどうやって
短期間で修正できるか?がポイントとなるだろう

今のスイングではアウトローは引っかけ気味になるだろう

これをファールで凌げれば問題ないのだが、彼の性格上
2ストライクに追い込まれた時が、一番悪い癖が出る

良太には2ストライクに追い込めば、アウトローのスライダー
アウトローのチェンジアップで空振りが撮れるシナリオを
各球団のバッテリーが持っている

身体を開く癖を修正すれば、アウトローは見えるのだが。。。。
良太にはそこを頑張って修正に励んでもらいたい
まだ第一クールなので、時間はたっぷりとあるのだから
焦らず、じっくりと取り組んで欲しい

では、今日の西岡のランチ特打だが

正直たまげたのが本音

ほぼ、打ち損じがない位(ゼロではない)素晴らしいスイングを
連発して見せてくれた
隣で見ていたマートンも、西岡の仕上がりに目を細めただろう


芯に当てるミート力はもう修正の必要性がない出来栄え
更に強振の時も、軽く振り抜いて見えた



これが良太よりも全然安定感溢れるスイングである


平野の絶好調時期にパワーが上乗せされた感じ
鳥谷に負けない位のパワーを見せてくれた


スタンドインの弾道とヒットを狙った弾道


スイングで使い分けているのが一発で分かった
強振とミート打法の使い分けが出来ている事は
相当身体がキレている証拠であり、
絶好調と言ってもいいだろう

絶好調と言われる福留と同等、下手すれば
一番状態がいい打撃を見せてくれているのが
西岡
なのかも知れないと思うほど素晴らしかった

安打性の当りがバンバン見えて、何しろスイングが速い
スッとバットが出ている感覚すら見受けられた

守備では上本が西岡を上回っているが、
今日の西岡を見て上本も相当アベレージ安定度を心掛け
しっかりとフリー打撃やシート打撃から
結果を出して来なければ西岡超えは相当難しいだろうね


今日は、
ルーキー梅野
のフリーもじっくりと見ることが出来た

昨日、梅野に対して、ミートポイントが手前過ぎると指摘したが
今日はポイントを手前に置くスイングを軽減させて
引き付けて打つ心構えを感じられた

全部が全部引きつけてたわけではないが、昨日より随分
良くなってたのが分かった

第1クール柵越えトップ5に入ってるんじゃないかな?
それ位よく振り込んでいるし、バットが振れている

これは森君獲らなかったと怒ってたファンに言いたい

梅野は大当たりである
梅野を獲得して正解だったと言いたい


彼のスイングは、鶴岡をも凌ぐ素晴らしい状態である

昨日まで手前にミートポイントを置いていた感があったが
夜指導受けてるんだろうね(笑)
随分と溜めを意識したスイングを心掛けていた感がある

まずは捕手としての下積みが必要なのは確かである
しかし、あのスイングは実に魅力的である
城島を目指す彼のスイングを見て、将来実に楽しみである

第一クールの最終日、若手投手が打撃投手を務めた
速い展開ですね^^

今年は11日の試合から若手を起用する方針を固めている為
若手投手にはある程度いい状態まで短期間で持っていきたい
そんな思惑が中西投手コーチにあるのだろう

秋山と歳内のストレートがとにかく良かった
更に、伊藤輝のストレートにも伸びを若干感じる事が出来た


明日の休日をはさみ、明後日から第二クールが始まる
今年の阪神のキャンプは実に熱くていい感じがする

安芸の投手陣はオープン戦終盤に間に合うようにじっくりと
調整を行っている感がある

まだまだキャンプは始まったばかり
毎日が実に楽しいキャンプであり、充実感も感じられる
いいキャンプを阪神は展開書いて居るんじゃないかな?^^
*---------------------------------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら

FBの友達申請大歓迎です^^FBで虎心不動が運営している
「阪神猛虎愛クラブ」のメンバーも大募集中です
まずは、私、渡邊 正悟とお友達になりましょうね
FBのメッセージにて、クラブ参加希望をお気軽にお伝え願います
お待ちしております^^



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*---------------------------------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 00:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014 Tigers

2014年02月05日

フリー打撃で見える好調と現実



福留のフリー打撃を見ると、鬼気迫るものを感じる
彼のスイングは実に安定感を見せ続けている
恐らく、キャンプ始まって4日間で、
一番スイングが安定しているのは福留で間違いないだろう

引っ張っても流しても安定感が高い
引っ張った時の弾道と飛距離が実に安定感を示している


流した時も打ち上げない様にライナー性の当りを意識して
スイングしているのも分かる

エンドグリップにグローブをぶら下げてのスイング
私も高校の時にやっていました
金属バットなので折れはしませんが(笑)

あれはバットを短めに持つ為にやっているんですよね
テーピングしたら、剥がさなきゃダメなんですよね(笑)
バットが折れたら、またテーピングしなければならんのです
だったらグローブをつけてぶら下げておけばOKみたいなww

短めにバットを持つ意識の高さから、
コンパクトに振り抜く事を
重視している事が分かります


2ストライクになったら、ブラッズの様に短く持ち変える事が
ペナント中に何度が見られると思いますよ^^

まだキャンプ4日目なので、これから徐々に実戦へ向けての
メニューをこなしていくと思いますが、今の状態でこれだけの
安定感を見せて弾道と飛距離が安定していれば、
ファンとしても福留を安心して見られます


連日ランチに出ているマートン
安定度がないわけではないですが、迷ってる感じが見受けられる
スイングの軌道だろうか?入るタイミングだろうか?
なんかしっくりと来ていない感じがある様に感じる


長距離を狙っているのか?アベレージ重視で行くのか?
フリー打撃だけではまだ何も見えてこない

ゴメスがコケたら、マートン4番なんて最悪あり得るが
彼の場合は、安打製造系のバッターでいいと思うのが私の考え

中距離打者であり、アベレージ重視型として
起用する方針
の考えだろうが
ゴメスの家庭事情でまた展開が変わるかも知れない

来日間近と思われたゴメスだが
生まれた娘さんが、調子が悪く入院してしまった
それによって来日が更に4日伸びたという報道がされている


4日で大丈夫だろうか?


第三クールから参加出来ればいい方かもね?
それじゃ、開幕に間に合わない最悪のシナリオもあり得る
更にもっと最悪なケースも想定してしまう自分が居る

ランディーバースの不運な退団や、来日前からホームシックに
かかった大型助っ人外人の前例もあるだけに
不安がよぎってしまう自分が居る

最悪4番見直しとなれば、本当に恐ろしい事になる
とにかく、今は娘さんの闘病平癒を願う次第である

マートンはマートンらしくスイングをして欲しいかな?


今成のスイングを見て、中距離ヒッターとして
割り切って統一球に対峙している事も確認出来た
俊介もスイング的には非常に安定している


和田監督としては、サードはダブル良太で争わせる意志が
あるが、最悪西田の参戦
ほのめかすコメントを出した

もし西田がサード争いに出たら、ダブル良太よりも守備が
今の段階でも上手いとまで公言した


この発言こそ爆弾であるが、いい爆弾であると解釈した

内野手出身の監督、更に高代コーチの意見もしっかりと聞き
鍛え上げても守備がイマイチならば、西田参戦も最悪あると
公言したのである

こんな展開最高じゃない?

あれだけスイングキレキレのW良太が、守備が悪ければ西田も
あるぜっと言ってるのだから、これこそ熾烈なポジ争いです

その西田のスイングも実に安定感を見せている

柵越えとかないけどね(笑)

ヘットもブレず、安定感のあるスイングを見せてくれている

良太、今成に足りない守備技術と
何と言っても俊足が武器



柵越えが難しい甲子園でハイアベレージの俊足サードもアリ


そう和田監督は構想の中の一部として考えているのならば
それはそれで面白い発言だったと思う

良太と今成の好調スイング+安定度の高い守備力がやはり必要

高代コーチ加入の大きな意味がそこにあるのだ


高代コーチが求めているスタイルこそ、
トータル野球なのだろう



では、打撃面の話に戻るが
伊藤隼太と新井貴浩がまだ調整に時間がかかりそう
二人ともスイングが固まっていない感がある
恐らく、彼達は良太に比べると修正が遅れている様な感がある

今日は風が10メートル以上も外野方向に吹き荒れて
俊介も柵越えをして遊んでいたwwwwww
浜風を意識したスイングであった事も確信した

その点新井貴浩はどうだろう?
新井貴浩は下半身重視のスイングに改造中である
見た目からしてコンパクトなスイングを意識している

上体に頼ってアウトコースへのバットコントロールがブレる癖を
修正すべく、コマの回転の様に小さく小さく振り抜こうと
心掛けていることが分かる



選手生命を賭けた最後の改造とも言える統一球対策かも知れない
振り抜く際にどこまで下半身で振り抜けるか?がポイント

実は隼太も似たようなスイングになってる
隼太の場合、貴浩以上にテイクバックを小さくして、コンパクトに振り抜こうと心がけている

しかし、二人とも、フォローがイマイチ

振り抜く際に、上半身が下半身よりも先に行きたがってる
結果的にコンパクトに振り抜いて居る様に見えるが

上体から振り抜こうとしているため、
フリー打撃の最中でも修正をしながらの必死の時間を過ごして
いるに違いないし、二人とも相当焦ってるだろう

コンパクトにしてるけど、腰で回転出来ず
上体から入ってしまっているスイングが多いから

だから飛距離が伸びず、
深い外野フライの当りが多い


外野フライの当りが凄く多いでしょ?
ちゃんと腰から振り抜けてないんだよね
だから打ち上がっちゃってるんだよね(汗)

頭でわかっていても、上体が行きたがるんだよね(汗)
緒方も同じように、フォローで迷ってるかな?

特に伊藤隼太はヘッドをしっかりと固定しなければ
間違いなく、縦の変化に対応出来ないと確信している

いずれにせよ、貴浩と隼太と緒方は
溜めが足りず、壁を作ってない状態になってる

だから上体から振りに行ってるわけでしょ?
結果的にミートポイントが前気味になっていると思うので

当然、溜めと壁を作った間合いは、成就してない段階だと思われ


ただ、この改造は決して悪い事ではない
統一球対策としては、一番の正しい修正論のはずである



あとは本人のやる気と根気と闘志だと思うんだよね


ミートポイントが前気味だと
必ず実践で足止め喰らっちゃうよ


一昨年の中谷と同じ結果になると思うよ
シート打撃であれ?オープン戦であれ?

速球との緩急に対応出来る壁を作った溜めを
しっかりと対応出来ているか?
ただ単にミートポイントを前にしているだけでは
絶対に統一球は攻略出来ないのだから

腰の回転を利用して、溜めをしっかりと使うならば
絶対にスイングの瞬間の力みや前気味になる上体を
我慢して溜めなければ、絶対にミートポイントが前に
なっただけの結果に繋がり、

結果的にフォークやチェンジアップなどに
翻弄されるスイングになる可能性が大きい


その場の対応のスイングではダメだってこと

それは梅野にも言える事かな?

ミートポイントが前過ぎる

上体でスタンドへ放り込めるのはそれは凄い
ただ、切れ味鋭い変化球&150キロクラスのストレート
相手に対峙するとなれば、話は別になると思う

まずは配球と捕球をガッツリ学びましょう^^
データーをバッコンバッコン頭に詰め込んでもらいましょう^^
掛布さんと古屋さんと吉田バッテリーコーチに
ガッツリと鍛えてもらいましょう^^


捕手は柵越えがいっぱいあるからって
そんな簡単に正捕手になれるほど甘い世界じゃない
梅野自身もオープン戦でその現実を知る事だろうし、知るべき



監督も打撃コーチ陣もそこは見抜いていると思う^^
それも承知で沖縄に呼んだのは、期待の現れだし
ブルペンてしっかりと1軍クラスのボールを受けなさいって事

貴浩、隼太、緒方には本当にこのキャンプで
腰の回転を完全に身に染み込ませて欲しいですね
だって、統一球対策として、間違ってないスイングを
チョイスして実戦しているのだから
あとは、本気と根気と闘志の問題かな?

しかし西田のスイングはいいwww
ヘッドが全くぶれない、まるで前田みたいに綺麗なスイングです
掛布が惚れ込むのも分かるよ^^
守備もかなり上手いし、凄くいい選手ですよ^^

西田は今年間違いなく化けるね^^
西田は期待してもいいですよ^^
*---------------------------------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら

FBの友達申請大歓迎です^^FBで虎心不動が運営している
「阪神猛虎愛クラブ」のメンバーも大募集中です
まずは、私、渡邊 正悟とお友達になりましょうね
FBのメッセージにて、クラブ参加希望をお気軽にお伝え願います
お待ちしております^^



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*---------------------------------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 02:40 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2014 Tigers

2014年02月04日

高代コーチの凄さを見た瞬間



今年一番私が注目しているのが高代コーチである

今日はラッキーだった
昼休みに高代コーチのノックが始まったのでじっくりと見れた


彼のノックは実に素晴らしい

打球の強弱の絶妙!

サードにはダッシュさせてランニングスローさせたと思えば
2ベース性のライン際に鋭い打球を放つ

この作業でハッキリと見えた事がある

今成のサードは良太の守備力より圧倒的に勝っていた

これには驚かさせた
身体を絞って挑んでいると思う 動きが早い

昨日まで良太ベタ褒めだった私のテンションを正常値に
高代コーチに戻してもらった気がする

それ位、良太は今、高代コーチにしごかれている

それに対して今成の守備力は実に素晴らしい
ダッシュしてランニングスロー、思った以上に動きが早い

むしろ良太の方が圧倒的に遅い感がある位の差があった
今成も本気で体作って来たんだろうな

西田は鳥谷と共にショートを守っていた

ショート、セカンドに対してもエグイ打球を飛ばしまくる
取れるか取れないか?ギリギリ取れる範囲の強めの打球を
ガンガンセカンドショートに打ちまくっていた

そこでダブルプレーの連携の練習も兼ねているから凄い

久慈さんの頃もノックはしっかりと行ってたのですが
高代さんのノックは確かに魅せられるモノがある
やはり代表コーチレベルというのは凄まじさがある

鳥谷はさすがである
彼は笑顔で彼のノックを平然と受けては、
ダブルプレーの連携も無難にこなしていた
代表で受けた事があるのも当然あるんだろうけどね
それでも鳥谷は凄いね。。。。。やっぱり守備は上手いよ(汗)

西田も無難にこなしている
こりゃ北条も相当頑張らないと厳しくなるよね 
これが若虎の本当のポジション争いに繋がるのだ

腐った方が負け
怪我した方が負け
結果を出せなかった方が負け


これがプロの世界だし、本当のポジション争いの
理想的図式なのだと思う

西田の守備はいいよ・・・・西岡以上にね・・・・・・

上本とコンビとなってセカンドでノックを受けた西岡

高代コーチの打球に追いつけないシーンが目立った
ギリギリ取れるか?系の強い打球を必死に追いかけているが
身体のキレは圧倒的に上本だった

上本はギリギリの強い打球に飛び込み、セカンドへスロー
拍手を浴びるシーンもあった

同じボールを取れなかった西岡からすれば
赤っ恥をかかされたようなもの
めっきが剥がされたと言っても良い位、上本が良かった


平野だったら無難にこなせてただろう
平野だったら鳥谷同様、楽しくてしょうがない高代ノックの筈

西岡は鍛えられてますよ(笑)高代コーチに
彼のノックはそれだけレベルが高い

バッカンスッカン鍛えられて、西岡も守備職人レベルに達すれば
ファンとしてはこんなに有難いことはない


ファーストは貴浩と森田で組んで行われたが
貴浩も無難にこなしてた 彼のグラブさばきは手堅い
下手だ!下手だ!と叩かれている貴浩だが、それはサードね
ファーストは上手くはないが、無難にこなせている
身体もしっかりと動いているのも確認出来た

それに対して、森田の守備はどうだろう?
森田ファンには大変申し訳ないが、

ありゃ酷いね(汗)

打撃が良くてもあの守備ではとてもとても使えないと思う
ストレートに言えば守備で使っちゃダメだと思う

打球に反応出来てないし、捕球が下手過ぎる

まず体重を落とさないと強い打球をこなせないだろう
腰が浮いてる構えではどうしようもない


増してそこには貴浩だけでなく、ゴメスも居るわけだし
サードをこなせるレベルとは程遠いわけだし
森田は打撃面で買われているが、かなり厳しい状況だと思う

代打で日高+森田ならば、
僕は日高+守備代走要因を設置したい

足が速くて守備が上手い選手は
幾らでも補充したいのがベンチの本音だと思う

そう言いたくなる位、ノックの内容はダメだったと思う
まず森田は体を絞らないと厳しいだろう(汗)
とにかく精進して頑張って欲しい
打だけでは絶対に勝てないのがセリーグ

DHは阪神にはないのだから


高代コーチはノックだけじゃない
サードコーチャーとしての実績も半端ない
年間でグルグル回してアウトになったのは1個とかww
かなりの確率のいい判断力を持ち備えている

更に盗塁指導力も長けている

盗塁で必要な相手投手のモーションを盗み

素早いダッシュの練習
大和、上本、俊介、田上、荒木、緒方など、俊足組は
沢山存在している阪神

犠打と選球眼が良ければ、大和の代わりは幾らでも出来るはず
そうすれば、大和が1番に座る事だって可能なのだ


代走要因でもいいから、1軍のベンチを勝ち取って欲しいですね

盗塁数が増えれば、かない相手バッテリーは嫌がる
警戒してピッチングのリズムを壊す事だって出来るのだから

阪神に足りなかった盗塁指導力の部分も期待したい

更に走塁の判断力などの指導力も長けている
去年田上がしくった判断力
俊足であっても勝てない走塁が存在する

打球の方向と捕球位置、落下位置の判断力
更に決断力が走塁には絶対に不可欠である

足で引っ掻き回す野球をしたくても出来なかった阪神
その課題克服の為の高代コーチ加入でもある
期待するしかない

ブルペンとフリー打撃に目が行きがちだが
実は守備練習と走塁練習が今年一番熱いメニューである
高代コーチの存在感を存分に楽しんで観戦して見ては?^^

最後に外野守備コーチのスペシャリストが欲しい(笑)
今の阪神に一番足りない指導力はそこだなwwww
*---------------------------------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら

FBの友達申請大歓迎です^^FBで虎心不動が運営している
「阪神猛虎愛クラブ」のメンバーも大募集中です
まずは、私、渡邊 正悟とお友達になりましょうね
FBのメッセージにて、クラブ参加希望をお気軽にお伝え願います
お待ちしております^^



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*---------------------------------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014 Tigers

2014年02月03日

流し打ちで見えるオマリー効果



シート打撃を見て、昨年との大きな違いは何か?
流し打ちでいい当りをするバッターが非常に多い事です

流し打ちは言うまでもなく、引っ張るより飛距離は無くなる
しかし、その流し打ちを沢山打っているバッターが多い

皆さんはお気づきだっただろうか?

今年から打撃投手に就任したハシケン
彼はアウトローへボールを不定期に投げている


そのアウトローに
反応したバッターが流し打ちをあえて行う


この現象は昨年まで、殆ど無かったと思われる

昨日からハシケンのコースに注目して見ていた

ん?見逃している選手が多いし、打つ素振りも見せない
またアウトローのボール球で見送られている

疲れたのか?ハシケン?

いやいや、彼は意図的にそこに投げ込んでましたね
今日もアウトローとアウトコース腰のライン
更に内角へも不定期に投げ分けていました

選球眼
球筋を見極める事を、キャンプ初日から行った阪神
今年のキャンプは何かが違う感じがして面白い


アウトローのストライクゾーンに徹底的に手を出す
これは、昨年までなかった光景である
福留やマートンは右中間へ鋭いライナーを飛ばしている
新井良太はライト方向へ柵越えを見せてくれた

これがナゴドや東京ドームならワクワクする

アウトローに振り回されたここ3年間のタイガース
スタンリッジの負け数やメッセの負け数を見れば一目

この防御率でこの負け数は絶対におかしい

選球眼とアウトロー対策がしっかりと出来ていなかったが故に
得点が少なく、投手陣をイライラさせた阪神打線

このアウトローへの選球眼がしっかりと対応出来れば、
今年のタイガース打線は実に面白味があると思う



良太のスイングが実に素晴らしい

アウトローに対しての対応力も、フリーの段階では実にいい

これが実戦となり、切れ味鋭い本気スライダーが来たならば
10回のうち3回ヒット性の当りを出せば超一流

その10回のうち5回をファール出来ればたいしたもんです

それをブンブン振り回して空振りのヤマを築いた昨年

良太にとって、屈辱的なアベレージだったシーズンの大きな原因

それは
アウトローのスライダーと
アウトローへのチェンジアップ

この2球種だけで空振りがバンバン取れた現実があった

まだフリーの段階であるが、この時期からアウトローへの
見極めの強化を兼ねたフリー打撃は、実にいいメニュー内容だと思う

シート打撃、練習試合へと流れ、オープン戦となるが、
この段階でも投手は本気モードで投げる事はほぼないに等しい

しかし、実戦で食らうアウトローへのスライダー対策への布石
これを行っている段階で今年の阪神打線は昨年とは違う


では?この流し打ち効果はどの様な効果をもたらすのだろう?

大砲不在と言われる阪神
広い甲子園、浜風と言う難しい風

アウトコースのボールをレフト頭上に打ち上げるとどうなるか?
打球はグングン伸びてレフトスタンドへ流されながら
スタンドインするホームランになるだろう

浜風の特徴を知り尽くせば、このレフトスタンドへ
浜風に巻き込まれながら入るホームランなんて
東京ドーム以上の詰まった当たりでも入るホームランである事が
分かるはずである

その様な打撃技術は、言葉で言うほど簡単なモノではない
アウトローをライナー性の当りで掬い上げる技術が不可欠である

良太の話から少し外れて、左打者になるとどうだろう?

ブラッズが見せた流し打ちホームランは、高々と打ち上げて
浜風に乗せた、技ありのホームランであるが、それと同時に
彼の流し打ちホームランは、浜風に助けられた本塁打でもあり
あの打ち方で何本も面白い様に流し打ちホームランが入るか?
と言えば、実はNOなのだ

ライナー性の当りで浜風に巻き込まれる様な弾道であれば
飛距離を伸ばしながら左へキレて本塁打になる


これが
浜風親友隊だけが放てる
技ありの本物も流し打ちホームランなのだ

それを求めていいのは、左打者なら福留、鳥谷?

いや、彼達は引っ張るか?左中間を破った2ベースの方が
絶対に成功率が高いに決まってる

難しい本塁打を狙うなら、左打者は左中間を破った方が
チャンスにもアベレージに対しても結果が着いてくるのだ


これがお見事な左打者の流し打ちになると思う


今回は右打者を対象にした話である(笑)
左打者の話はこれ位にしておこう(笑)

では、良太をベースにしてこれを解説するならば

アウトローのスライダーをレフト頭上へ引っ張れと?
これを昨年やり続けてあの打率だったわけでしょ?

新井貴浩が流し打ちでライト前に放てば
引っ張れよと怒るファンも居た

この高等技術を彼達に望むのであれば、繋げる打席として、

マジでチョモランマ打線を構成すべく((((((((((爆))))))))))
流し打ちでアベレージを稼いだ方が結果論として
打率も打点もチャンスメイクの全てに対して
勝ちへ繋がる一打になるのかも知れない



アウトローを引っ張ればいいと言えるのは
「おかわり中村クラス」や
「バレンティン、ブランコクラス」の
統一球を全く苦にしない天才
が言うセリフなのだ

阪神打線は、まずアウトローに対して逆らわず流す
しかもいい当りを目指してコンパクトに振り抜くスタイルに
チーム全体が変わってきているのが分かる

これは間違いなく、オマリー効果である事は言うまでもない

統一球を見てオマリーは痛感しただろう

係数が上がってからコーチになって本当に良かった

溜めがしっかりとし、芯に当てるミート打撃中心
その中にしっかりと振り抜けるスイングあったならば
係数が上がっているのだから飛距離は伸びるのだ

オマリーが現役時代に見せた流し打ちの基本
ショート頭上を越えてドライブをかけながらファールゾーンへ
逃げる技ありの2ベースヒット

ホームラン量産タイプではなかったが
その流し打ちが功を制してハイアベレージバッターでも
あったのことを忘れてはならない


アウトローのボールをしっかりと見極め
しっかりと叩いて流す広角打法



この技術を身に着けるならば、アウトローを無理矢理
引っ張ってホームランにするよりはずっと賢い結果が
着いてくると私は痛感している

繋がる打線に高代走塁マジック指導

このワクワク感は甲子園で通用するだろう
ビジターで引っ張りまくればいいかもね
それだけ甲子園でホームランを量産するのは難しいって事

明日からのフリー打撃を皆さんよく見てください
流し打ちの当りが結構鋭い打者がそこそこ居ます

オマリー効果だと思いますよ^^
それと同時に打撃投手のハシケンにも感謝している
*---------------------------------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら

FBの友達申請大歓迎です^^FBで虎心不動が運営している
「阪神猛虎愛クラブ」のメンバーも大募集中です
まずは、私、渡邊 正悟とお友達になりましょうね
FBのメッセージにて、クラブ参加希望をお気軽にお伝え願います
お待ちしております^^



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*---------------------------------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 00:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014 Tigers

2014年02月02日

好調良太と手探り感の藤浪と福留



ついに、迎えた球春
宜野座の放送を心待ちした私にとっても球春である

私の家庭では、2月1日から3日間は、お正月と同じで
朝食は三箇日の様にお雑煮を食べる様にしている
このスタイルに変えて6年目のシーズンを迎える事となった

球団と共に、球春を迎えるという我が家のしきたりである


今年は土曜日で学校がお休みで楽な球春元日の朝食となったが
平日の2月1日は、朝食のお雑煮の準備で通常より45分早めに
起きて、私が雑煮を家族に振る舞うことにしている

今年は月曜日だけが平日なので、今年は楽です^^



今年の阪神キャンプは実に、騒々しい感じがする
和田さんも初日からノックを行っていたね(緩いけどw)

バタバタとブルペンで投げ込みを行う投手陣
メッセと呉以外は、全てブルペン入りをする形となり
危機感とやる気を十分感じられた感があるが。。。。。
活気よりも騒々しい感が強かったのは何故だろう?www

藤浪も捕手を座らせてのブルペンをキャンプ初日に迎えた


藤浪の投球フォームを見て痛感したのが、

かなりバラついている事

インステップで投げてみたり、修正後のフォームで投げていたり
手探り感を感じるブルペンだった様に見えた

かなり上体に頼って投げているシーンも見られたと思えば
綺麗なフォームで投げてみたり、明らかにお試しブルペンで
あったと私は感じている

バラつきのあるフォームのそばに深刻な顔つきの
中西コーチの姿があった

力みを感じたシーンでは完全にシュート回転している筈
身体の開きが実に気になる投球フォームも度々見られた
初日と言う事もあり、まずは試運転でお試しだったと思う

恐らく、これからじっくりと中西コーチと調整しながら
フォームを固めて行くだろうが、二か月弱しかないのが現状
ここは中西コーチの腕の見せ所ではないだろうか?

インステップを続行する事は考えにくいが、最悪それもある


投手はサブグランドでも精力的に走らされている感も感じられた
恐らく今年は昨年より、若干スタミナ重視の練習メニューが
組まれている感がある気がする

ドラフト5位の山本は意外といい
彼は速球派ではないが、変化球のキレが抜群だと言われている
サウスポーでリリース高めのサイドスロー
これは、左対策要員としては、かなり有効なフォームだろう
腕の出所が、左打者からはかなり見ずらい筈である

上田さんは、出来れば肩のラインと同じ高さで投げるといいと
話していたが、このリリースポイントの高さに関しては
2つの理由があると考えられる

球速を出来るだけ落としたくない
スライダー以外の変化球を少しでもキレよくしたい


その意図を強く感じられるが、やはりバランスのとれたフォームに越したことはないのだ
このフォームについても、修正がかかると思われるが、
山本自身がこのフォーム修正にどれほどの時間で対応出来るか?
これは大きなポイントとなるだろう


二神も昨年サイド転向したが、秋から試行錯誤しながら
オーバースローに戻している様だ


球の走りが実に良いとの事だが、TVのアングルは如何せんww
ななめ角度からのフォームオンリーなので何とも言えないが(笑)
力強いフォームを感じた事は確かである

二神の復活は実に頼もしい存在となるので、是非とも
完全復活を目指して頑張って欲しい



今日のランチ特打では、福留とマートンの姿があった


マートンは
明らかにミート打撃を行い、2ベースを意識していた
左中間、右中間、センター返しのバットコントロールを確かめる
作業をして、あえて大きな辺りを避けていた感がある
柵越えはなかったが、右中間にいいライナーが何度も飛んでいた

今年はゴメスが4番を座ることになるだろう
マートンとしても、安打量産中距離打者としての助っ人の役割を
しっかりとこなす準備をしてきていると思われる

少し体重上げて来たかも知れないね(汗)
太ったと言うより、4番もOKの体格を作って来たかも


福留
彼は柵越え16本と実に飛ばしている感があった
去年に比べれば全然OKですよねwww
昨年は柵越えすら少なすぎましたので16本は嬉しいですね

しかし、私は彼のスイングを見て2つ気づいた

1. コンパクトなスイングに変えた事
2. ミートポイントが前気味である事


コンパクトに振り抜くスイングは、彼にとって
大きな変貌を遂げた証であるだろう

恐らく、水谷前打撃コーチから指示を受けて、
改善して挑んだキャンプだと思われる

実にコンパクトに素早く振り抜けている感がある

しかし、ミートポイントが前気味なのが気になる

タイミングが計りやすいのだろうし、実戦になった時
速球に対応すべき対策を今のうちから
行っているのかも知れない

緩いボールの間はミートを前気味にしてでも、感触重視で
しっかりとコンパクトに振り抜く事を考えているかも知れない

ミートポイントを前気味にすると

変化球を引っかけやすいのと
フォークにひっかかりやすくなる


これだけのベテランなので、まずは感触から入ったのだろう
しかし、綺麗に振り抜けていたと思う


それ以上に良かった打者が居た

新井良太である

驚いたねww彼のコンパクトなスイングはかなり改造した感があるが、仕上がりが実に素晴らしい
今日の打撃では良太が一番良かったと思う

まず私が問題視していた

片手打ちが無くなっていた

これにはマジで驚かされた
両手でしっかりと振り抜かれているではないか?

テイクバックも若干狭めている
つまり、コンパクト化してスイング速度を重視したスタイルに
完全に変更したと言う事

弾道が実にいい、弾丸ライナー気味のいい当りも見られた
オフシーズン相当真剣に取り組んで来たのが分かる
これだけスタイルを変えて挑んで来たのを見て
正直、良太を見直した

よくぞ決心してここまでスタイルを変えて
しっかりと仕上げて来たではないか?

アウトローのハシケンのボールにもしっかりと反応して
ライスタに放り込むシーンも見えた

後は実戦でどこまでアベレージが残せるか?
良太の打撃面はそこが大きなポイントとなるが

昨年よりは全然、スイングコントロールもいいし、
何しろヘットのブレがかなり改善されていた


オフシーズンにかなり努力した証拠である

今日だけは良太を本気で褒めておきたい

思わず期待してしまった^^

えらいぞ!良太!

まだキャンプは始まったばかり
ここから激しいポジション争いが繰り広げられるだろう

地味ながらも騒々しく始まった宜野座キャンプ
今年のキャンプは昨年以上の収穫が見つかりそうな予感がした
*---------------------------------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら

FBの友達申請大歓迎です^^FBで虎心不動が運営している
「阪神猛虎愛クラブ」のメンバーも大募集中です
まずは、私、渡邊 正悟とお友達になりましょうね
FBのメッセージにて、クラブ参加希望をお気軽にお伝え願います
お待ちしております^^



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*---------------------------------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 00:49 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2014 Tigers