虎心不動TOP

.com/txcou

2014年02月27日

新井貴浩はゴメスを黙らせることが出来るか?



本日、キャンプが打ち上げとなった
これからはキャンプでなくオープン戦という実戦が主となる

さて、若虎達にとっても、このオープン戦の前半戦が一番の勝負
ここで答えを出せなければ、厳しい状況に追いやられる事となる

そう、ここはプロの世界 実力社会である

和田監督は、若手投手では秋山を、打者では西田と隼太の出来に
大満足していた様だ

西田の打撃力は昨年秋から私は期待していた
その期待に応える見事な活躍だったのではないだろうか?
西田は守備面でまだ不透明な部分があるが、ここはこれからの
大きな課題として思いっきり挑戦してもらいたい

西岡、鳥谷という分厚い壁をブチ破る為にも
西田には何が何でも頑張り抜いて欲しい

一歩間違えれば、上本以上の活躍の可能性を秘めているのだ
現実的には大先輩の怪我や不調からもぎ取るのが現実論
腐らず状態を維持しながらも、技術面の向上心と現実的な
飛躍した勇士を見せて欲しいものだ

伊藤隼太のスイングは確かに輝いている
確かに首が折れて見た目が非常に悪いのも事実である
縦の変化の距離感が実に不安だったが、どうもその心配は
無用だったと言ってもいいだろう
癖として捉えてもいいかも知れない

最後までしっかりとボールを見ている事は確かであるから

彼が取り組んだスイングは実に単純明快なモノだった
水平にスイングを心掛け、テイクバックを縮め、
コンパクトに素早く振り抜く事である


スイング速度を上げてもブレないバットコントロールの
答えはコンパクトスイングであった

コンパクトに振り抜く事は実に勇気が要る
遠くへ飛ばしたい、もっと遠くへ飛ばしたいからテイクバックを
広く取るわけだが、テイクバックを広く取りバットコントロール
を崩さないなんて、本当に高度な技術の世界である

ただ、芯に当たればコンパクトなスイングでも十分飛距離が出る


小さく小さく打てば打つほど、遠くへ飛ぶ

これは城島が話した言葉です
彼のこの名言は間違っていないのだ

伊藤のスイングは確かに疲れた時に悪い傾向が出る可能性が高い
ヘットが折れているのが若干気になるのも事実(笑)

しかし、今の段階では元日本代表4番の風格を
ようやく取り戻せそうな所まで回復してきたのは事実だと思う

オープン戦後半の彼の仕事が見たいですね


さて、今回の
キャンプのMVPは貴浩だそうです

和田監督が言うには、打撃コーチ時代から彼を見ているが
今年の貴浩は抜群な仕上がりを見せてくれている

かなり高い評価を得ていました

いやいやいや、
2006年、2007年の広島時代がベストでしょ?www
アウトローも普通にレフトスタンドにブチ込んでましたから

ただ、貴浩の大きな進化は内角の対応力だろう
ファールになっていた内角がヒットに出来ているのは大きい

この状況が続けば、相手バッテリーは配球に詰まるよ
アウトコースのスライダーか?フォークでどうやって
三振に打ち取るか?

2ストライクまで簡単に追い込ませる材料であった
内角のストレートを弾き返せるのだから、これは大きいです



アウトローの見極めもかなり良くなってる状態で
キャンプを終えることが出来ましたね

今年は肩も腰も今の所は大丈夫みたいですね
肩と腰の爆弾が疼かなければ大丈夫なのですが

梅雨時期にやはり一度必ずコンディションを落としてしまう
古傷ってやっぱりいやだよね(汗)

ただスイングの状態は今の段階では問題ない
更にファーストの守備も森田、ゴメスに比べればかなり良い

ゴメスが開幕に間に合わなくても、別に大丈夫な状態


ただ。。。。。貴浩が1年持つか?どうか?
コンディション、怪我の爆弾が持つ保証はどこにもないのだ



絶好調時期がショートスパンで
大スランプが長いトンネル調な貴浩
なだけに不安は拭えない

さて、ゴメスだが(笑)
なんだい?足の筋肉に張りを訴えたと言うことで
別メニューでウエイトのみの状態でキャンプ終了

君は宜野座に何をしに来たのかね?wwwwwww

来日当初にお腹周りが実に気になったのですが
相当ブッたるんだオフシーズンを過ごしてたと思う
確かに家内が妊婦であったし、オフシーズンに出産と言う事も
重なって大変だったと思うが

ランニングや筋トレをする時間が無かったとは思えない
プロ魂がそこに欠けてたからお腹周りがタルタルになって


奴はタル男になったんだ


そのタル男が高代ノックを受けて、素振りガンガンで追い込みをかけたらどうなったか?


両足の筋肉に張りを訴えた?
それただ単に運動不足の親父が遭遇する「筋肉痛」って奴だw


お前何やってんだよ?wwwwwwこのタル男www


どんだけ家でゲーム三昧だったのさ?w
凄い量のシチューやカレーとか食いまくってたんじゃないの?w


ま、いずれにせよ、タル男は足の筋肉痛により、キャンプ中の
実戦は出れなかったわけだし、別メニューでかなり遅れた工程に
更に後れを上乗せした状況下に陥ったわけだ

タル男!頑張れ!


ゴメスの魅力は打撃力である事は確かだろう
アウトローのチェンジアップにも対応力がある


その打撃力に関して不思議な傾向がある
三振が安打と言われてもマイナーと3Aでは3割を切ったのが
昨シーズンのみだったっけ?
間違えていたらごめんなさい


日本人の投球術はマイナーや3Aでは比較しようがないと思う
球速球威は確かにMLB系が強いだろうけど
変化球のキレに関しては、日本人投手は優れていると思うが故に
ゴメスは相当厳しい状態に陥っていると思われる


確かにオマリーが付っきりで指導に明け暮れていたが、現段階で
実戦のフォークやVスライダーは体感してないに等しいのだ


開幕はもう間に合わないと私は読んでいる
守備も含めれば尚更の事だろう


LG戦はベンチに居てチームと一緒に行動してたらしいので
やる気はあると思うが、空回りが実にみっともない状況

そのゴメス相手に貴浩が本気で挑んでいる姿がある
その貴浩がゴメスを超える事が出来るだろうか?

貴浩がサードについたら確かにゴメスとの共存は可能だが
出来ればファーストで頑張ってもらいたいですね

サードのダブル良太対決に、貴浩が乗っかるのであれば
確かに打線に厚みは増すだろうが。。。。。。。
今成を控えにするのは非常にもったいないと思う自分が居る

ゴメスがどこまで本気の追い込みを見せるか?
オマリーも必死だろうし、高代さんも妥協しないだろう

それに耐えられれば大したもんですけどね(汗)

貴浩とゴメスのファースト争いは実に熾烈になると思う

え?森田?
ごめんなさい。。。。。彼の場合はまず守備力向上だと思っています
彼の記事もそのうちアップする予定です

貴浩の打撃力に注目してオープン戦を見ようと思います

*---------------------------------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら

FBの友達申請大歓迎です^^FBで虎心不動が運営している
「阪神猛虎愛クラブ」のメンバーも大募集中です
まずは、私、渡邊 正悟とお友達になりましょうね
FBのメッセージにて、クラブ参加希望をお気軽にお伝え願います
お待ちしております^^



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*---------------------------------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 01:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014 Tigers