虎心不動TOP

.com/txcou

2014年03月26日

マートンは安打製造機で居るべきだ


マートンが昨年4番を打ち、阪神は何度も救われた
そのマートンが4番を外れた時、安打数は著しく落ちていた
彼が4番を外れた瞬間の固め打ちたるや
物凄い勢いだった事を鮮明に覚えている

彼の本来の姿は安打製造機

彼に長打力を求めたのは、恐らく掛布さんだろう

統一球になり、19本塁打は確かに効果をもたらしたが
それと同時に打率が夏場以降急降下した事も事実である

そう、パワーヒッターはどうしてもミートタイプよりも
バットコントロールがブレてしまう

疲労蓄積するとミートタイプよりも
当然パワーヒッターの方がバットコントロールがブレる分だけ
打率低下の確率が高くなることは言うまでもない

今回ゴメスが駄目だった場合の想定として
マートン4番も視野に入れている阪神首脳陣

貴浩ではなくマートンをチョイスした理由はなんだろうか?

首脳陣からの信頼という言葉で表現するしかない

貴浩は物凄くいい選手だが、見た目が実に悪い
引っ張り専門独特の併殺も多いし、疲れた時の打率急降下は
もうここ数年続いている事も事実

腰と肩に爆弾を抱え、安定時期のスパンが実に短い

貴浩の記事は後日ガッツリと書く予定であるので、
貴浩の話はこの辺で(笑)

さて、マートンは昨年から4番という大役を任せられた
マートンは元来、安打製造機タイプであり
どちらかというと中距離ヒッタータイプである


ミートセンス抜群の彼に4番の白羽の矢が向けられたのは
恐らく掛布さんの推薦があっての事だと思う

係数が上がった事もマートン4番の後押しが出来たかも知れない

ミート力抜群なセンスにパワーを注入

この発想は、マートンだから決行出来た企画だったと思う
更にコマ打法の指導力の神、水谷さんが傍に居たのも大きかった

マートンの打球は明らかに飛距離の伸びを感じた
広い甲子園でサヨナラ2発の打球は実に素晴らしかった

しかし、今だから言える現実論がここにある
巨人坂本クラスの飛距離である現実論がそこにあるのだ
助っ人としての飛距離が物足りないと感じられても仕方がない

元々が大砲タイプでないのだから仕方のない事である
逆によく、夏場まで打率をほぼ下げずに踏ん張ってくれたと
マートンには心から感謝している

しかし、パワーヒッターは疲労蓄積には勝てない
バットコントロールがどうしてもブレテしまう

前のめりになったり、手打ち状態になったり
踏込が遅くなったり、溜めが作れなくなったり


どうしても、スランプの時期がミート系の打者よりも
トンネルが長めになってしまうのはどうしても仕方のない事

さすがにマートンも夏の終わりに疲労蓄積で疲れ果てた
芯を外して凡打の山を築き上げ、打率が急降下した

これが金本や清原クラスの選手ならまた別の話となる

力を抜いて安打中心にスタイルを変えて、出来る限り
スランプを短期間で乗り越える為の方法をしているのだ

特に金本のスランプのスパンの短さは異常だった
鍛えあげられた体と経験値がスランプ短気脱出への
道しるべの全て教えてくれるのだろう

大砲転向一年目のマートンにとってこのスランプは
どうしようもないレベルに陥ってしまった

安打数も稼げない状況まで疲れ果てていたのだ
和田監督は、マートンの肩を叩き、鳥谷に4番を任せた

数日後、マートンは水を得た魚の様に打ち出した

来日当時の本来のスイングで弾道も軌道も完全なる
アベレージヒッターの打ち方に戻していたのが分かった

この男は凄い
半年間パワー重視のスイングを貫いた男が
数日間で元の打撃スタイルで芯を捉えられる様に戻した

この作業を短期間で出来た事は実に凄い事であるのだ

マートンは固め打ちを成就させ、最多安打数のタイトルを獲得

最後の最後に意地を見せてもらった感があった
マートンという男は本当に凄いと思う



ゴメスが開幕コケる可能性が非常に高くなった

そこで4番代役に白羽の矢が立ったのがマートン
やはり彼に頼むしかない状況なのだろう
マートンは紅白戦終盤辺りからスイングを変えていた

テイクバックを広く取っているスイングがそこにあった
また大砲に抜擢されたのかな?

そう思った矢先にゴメスが離脱したわけです

フリー打撃でも柵越えをあえて狙わない時もあったので
今回は3番、5番を考えた上でのスイングだと確信していた

ゴメスが4番に座るから、今年は大丈夫と言うスタイルが
あったのだと思う

キャンプ中盤以降から急激にパワーヒッターへの転向的な
スイングに変えた瞬間から、打撃の状態がイマイチの状態に
陥ってしまった

オープン戦も打率が調子悪い時期が続いた
和田監督がついに動いた
重心の移動とスイングの軌道を徹底して見直しを図った

その結果2試合連続ホームランとなったのだが

今大事なのは何か?
4番の代役は貴浩でもいいと思うが

ベンチの眼力はマートンの状態を見て仕上がったと確信している
昨年の経験もあるし、マートンで間違いないと確信したのだろう

ゴメスの代わりはマートンしか居ない
それが首脳陣の考えである

福留、良太の状態が悪いのも計算外だった
貴浩の肩と腰の爆弾も怖い

やはりマートンしか居ないのだろうか?

虎心不動の考えとしては
マートンには安打製造機であって欲しいと願っている

彼の本来の持ち味はミート力にあり、パワーヒッターではない

マートンのスイングが、昨年同様であれば
内容も昨年並みだろう

そうなれば、ぶっちゃけ坂本クラスの弾道と飛距離になると
私は想定している

昨年の内容であれば、貴浩の方がずっと4番らしいと思う

貴浩の記事は後日じっくりと書かせて頂きます
*---------------------------------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら

FBの友達申請大歓迎です^^FBで虎心不動が運営している
「阪神猛虎愛クラブ」のメンバーも大募集中です
まずは、私、渡邊 正悟とお友達になりましょうね
FBのメッセージにて、クラブ参加希望をお気軽にお伝え願います
お待ちしております^^



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*---------------------------------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014 Tigers

阪神宇宙村第二夜!辛口評論家!寅之助が書く新井良太!


さて、阪神宇宙村第二夜は
ブログ仲間では一番古いお付き合いをしている
素人辛口評論家の武蔵寅之助氏である

実は彼とは何度となく意見をぶつけ合った仲であり(笑)
この良太と今成を巡っても(笑)意見交換をした事もある

今成の捕手からコンバートの件でも意見をぶつけ合った
更に中村紀獲得の時も意見をぶつけ合った(笑)

それで仲がいいんだよww俺達はwww

私は、自分の記事が大正解だと思って書いたことはない
100人見れば100通りの見方があるのだ

虎心不動は指導力、起用、技術力、精神力を根本に
感覚で記事を書きあげる事が多い

それに対して、武蔵寅之助は
細かいデーター分析力で野球理論を書き上げる事が出来る


この武蔵寅之助と言う男の記事は見てて
野球経験がある私が読んでいても
最後まで読み切ってしまう面白さがある

反対多数の記事をあえてチョイスして最後まで書き続ける

まぁ俺の死んだフリ発言よりは全然OKだと思う(笑)
あれは実に苦しかったですwwwww

彼の反対派多数を分かっていても書き続ける姿を見て
武蔵らしい記事だよなぁって何度も感じた事がある(笑)

これは私には絶対に出来ない度胸であるし
私には絶対に出来ない確信であるだろうね

いずれにせよ、第二夜は武蔵寅之助氏の本気の訴え

今成サード賛成派多数の中
彼は事細かなデーター分析力で良太を男にしたいと
切なる願いと確信を持って書いてくださっている

読み応えはある筈である

*****************************************************************
優勝の条件最終章 〜それでも私は良太に期待する〜

良太については度々記事にしてきたので、私の想いをご存知の方も多いかもしれない。
2012年後半にブレイクした時4番抜擢を推奨した。
久保の人的補償で中村紀を獲得の情報があった時にも良太との比較で記事を書いた。

2012 110試合 370打席 322打数 .280 11本 32点 38四球 73三振
2013 119試合 401打席 357打数 .238 14本 51点 37四球 89三振


既に30歳になる選手だが、まともにゲームに出たのはこの2年間しかない。
その2年の良太の成績である。数字をしっかり見ていると
その選手の本質が見えてくる。

作られたイメージだけで判断していては真実は見えてこない。
客観的な数字から考察できうることを素直に書いてみたい。

結論から先に言えば、
昨年の良太は2年目のジンクスにドップリ嵌ってしまったと思っている。
開幕4番に座るもヒットが出ず、
ようやくヒットが出たと思えば足を故障して離脱。

2012年後半、おそらく何も考えずに無我夢中で
シーズン終わりまで走ったと思う。
迎えた2013年。開幕4番の重責を背負った良太は、
結果を出さなければという焦りは相当あったはず。
無我夢中の境地から、
一転打たないとというネガティブマインドが
良太の心を支配していったのではないか。

そう思えるデータ的根拠がある。

2012年  9.7打席に1四球  5.1打席に1三振
2013年 10.8打席に1四球 4.5打席に1三振


四球と三振の両年の比較である。
前年より30打席も多く打席に立ちながら
四球は減り三振は増えた。

それに伴って当然の如く打率は落ちることになる。
この数字が全てを物語っている。
私はメンタル面からくる崩れだと思いたい。

2012年と2013年、明らかに違うのはボールの見極めだった。
2012年良太がブレイクできた理由は、
ボール球を振らなかったからだ。

しっかりとボールを見極め呼び込んで
スイングできていたからこそ280の11本が打てたのだ。


昨年は明らかなクソボールを何度も追いかけて三振した
見るに耐えないような不細工な空振りも多かった。
明らかに焦りだったと思う。
これが本来の良太だという意見もあるが、
前年に280打った実績は事実である。
どちらが本物の良太なのか、
今年がその答えの出るシーズンだとも思っている。

2012年 29.2打数に1本  32%
2013年 25.5打数に1本  34%


精度が上がった数字もある。
本塁打率は2013年のほうが上。
当たれば飛ぶことは実証されている。
右の数字はヒット全体の占める長打の率。
これも僅かながら上がっている。
ボールの見極めさえできれば、20本は軽くクリアできる。

良太の本塁打は点差が離れて勝負が決したゲームが殆どで、
打った投手は2軍レベルだという意見を聞いた。
おまけにチャンスに弱いと言う…。果たして本当にそうだったか…?


1号 4/26 横浜 2-0のリードからから4回2ラン(DeNA・高崎) ○
2号 4/30 甲子園 2回先制2ラン(広島・篠田) ○
3号 5/5 甲子園 3-5ビハインドから8回同点2ラン(ヤクルト・石山) ●
4号 5./18 甲子園 初回1−0のリードから満塁弾(ソフトバンク・攝津) ○
5号 5/20 西武 0-5ビハインドから7回追撃ソロ(西武・菊池) ●
6号 6/23 横浜 0-2ビハインドから3回追撃ソロ(DeNA三浦) ●
7号 6/25 富山 1-1から9回決勝ソロ(中日 中田賢) ○
8号 7/14 甲子園 3-1リードから6回ダメ押し満塁(DeNA 大原) ○
9号 7/24 神宮 3-0のリードから初回2ラン(ヤクルト・八木) ○
10号 〃  〃  7-0のリードから7回ダメ押し満塁(ヤクルト・松井光) ○
11号 8/7 マツダ 3-1のリードから5回2ラン(広島・大竹) ○
12号 8/9 ナゴド 0-2のビハインドから2回追撃ソロ(中日・大野) ●
13号 9/3 横浜 8-1のリードから7回ソロ(DeNA 長田) ○
14号 9/4 横浜 0-6のビハインドから3回追撃ソロ(DeNA 加賀美) ●


2013年、新井良太の全本塁打である。
確かにそういうゲームもある。
だが14本のうち少なく見積もっても10本はチームに貢献しているし、
相手投手を見ても2線級など少数、そこそこの投手から記録している。
そもそもプロの投手相手に14本も打つこと自体凄いこと。


負けた5敗は奇しくも全てビハインド、
だが逆を言えば勝ちゲームでは良太の本塁打が勝ちに結びついた、
もしくは勝ちを決定付けていたとも言える。

これを見ずして勝負が決した後のことばかりを
取り上げようとするから本質が見えてこない。

1号までに時間がかかったが、
毎月計ったように平均的に本塁打しているのが特徴でもある。
スランプが長いように思える選手でも、
思い込みだけでそう感じてしまうケースも多い。


数字は嘘をつかない。
大きなチャンスで打てなかった1打席、
大量点差で打った1本が脳裏に焼きついてしまうと、
まるでその選手がいつもそういう結果を
出しているかのように勝手にそういうイメージを作ってしまう。


これは兄・貴浩も同じ。

得点圏打率は.255。阪神では新井貴の得点圏打率が一番高く、
主力の鳥谷や西岡、福留と新井良太の得点圏打率は250台なのでさほど変わらない。


今成と熾烈な三塁争いが度々話題に出る。
今成もかなり成長した。
持ち前のミート力の精度向上でヒットゾーンは確実に広がった。
守備もそこそこ器用にこなす。
今成を出したほうが率は残すだろう。
だが果たして得点効率はどっちが上なのかということ。

良太と今成でもそうだが、
打者の競争の評価では打率の比較重視になりがち。
よく打つ、よく守れる選手のほうが良く見える。
打率と得点効率は別。打率のいい選手を並べることによって
いい打線になりいいチームになることは否定しないが、
目的はいいチームを作ることではなく
讀賣に勝てるチームを作ること。

このまま行けば、どちらにしても打順は7番が順当。
7番に今成が入ってヒットを量産する。
チャンスは作るが果たしてどれだけ生還できるのか? 
打順は下位に廻る。
8番藤井、9番投手だと点が入る気がしない。
今成のヒットが無駄打ちになる可能性は高い。
梅野を8番に入れるならまだ分るが…。


タイガースの得点力不足は長打力不足だということ。
それがハッキリしているのにまだ連打連打を夢見る。
打線は繋がるものだという常識を一度覆したほうがいい。
打線は繋がるときもたまにはあるが基本それほど繋がらない。
大打者でも7割失敗するという率を考えればわかる。


得点効率を上げるために
二塁打以上の長打の打てる選手を嵌め込まなければ、
昨年同様ゼロ行進のスコアボードばかり見せられることになる。


投資の世界でも同じだが、
大きな利益を取ろうと思えば大きなリスクを覚悟して
大きなリターンを取りに行く。

定期預金なら確実安定性は保証されているが、
見返ってくるものはたかが知れている。

優勝を狙うためには、ハイリスクだが
大きなリターンをもたらしてくれる選手が必要だということ。

良太はハイリスクな選手だ。
三振も併殺も多いし守備にも不安を残す。
だが可能性として25本程度の本塁打や長打は期待できる選手でもある。

讀賣の勝率は優に6割を超える。
その戦力の上を行こうと思えば
定期預金をコツコツしていても追いつけない。


打撃センス抜群の今成を通年使えば3割打つだろうし、
チーム打率も多少上がってAクラスは間違いないかもしれないが、

それでは讀賣の上へいけるだけのリターンは望めない。
良太なら最下位もあるだろうが可能性として
優勝するための得点源になるかもしれない。


長打力の立証されている良太を優先して使うのが賢明な起用。
調子が上がらず不振に喘いで2割そこそこになってからの見極め。
今成へ替えるのはそれからでも遅くない。
順番は良太が先でなければおかしい。
これはゴメスと新井貴の使い方も同じこと。


相手投手の左右によって使い分けるのが良いなどと
言うと呆けた解説者もいる。

これとて塁に出ることで得点に繋がるという大きな錯覚。
塁に出ても得点にならないのがタイガースの弱点。
良太は右でも左でも打っているし、左投手からも同じように三振する。


良太の守備を問題視するから使うなという意見も聞いた。
これも悪い面から判断されてしまう。

貴浩や良太は負のイメージから虚像を作られてしまう。
守備で負けていると錯覚してしまう。
新井貴や良太の守備で負けたゲームがどれほどあったか調べてみればいい。


守備はいいにこしたことはない。
守備率は8割台とかならやや問題もあるが、
チーム敗戦の多くを背負い込むような下手でなければ
そんなに影響のあるものでもない。
それくらい腹を括って考えないと得点力向上は見込めない。

いくら守備が上手くても得点に加算されることはないんだから。

先のDeNA戦、オープン戦を初めてまともに見たが、
良太の打席、選球だけに注目していた。
外の変化球はしっかり見極めていた。
最後に山口のフォークに三振したが、
ボールからボールになる変化球は一度も振っていない。
いい傾向だと思う。

打率のいい打者を並べれば打線が繋がって得点力が上がるというのは大きな錯覚。
野球はそう簡単には点が取れないようにできている。
3割打てる小粒な打者より2割6分でも長打のある選手を置くほうが効率的に点が入る。
野球はそういうものだと思う。
おそらく少数意見だと思うが…。


新聞報道で三塁は今成でいくとの記事もあったようだが、
現実にそうなったら、最初から2位狙いをしにいくセコい監督という評価を下す。

私の中では…。左右で使い分けなどさらに愚策。
そんな起用しているから得点力不足が長く続くし中心選手が育たない。

代打陣のバランスも考慮しなければならない。
今成スタメンなら、
新井兄弟、上本、関本に加え梅野もはいれば明らかに右偏重になってバランスが悪い。

緒方、坂は終盤まで残し守備、
代走にも必要な選手。登録人数が限られている中、
森田や伊藤を入れるだけの余裕もない。さてどうする?

どうしても今成を使うなら、
8番に梅野なり鶴岡なり多少なりとも打てる選手を使うとか、
それほど評価が高いなら2番、3番あたりで
クリンアップの前を打たさないと今成のヒットが生きない。

ただ率を残せるだけで7番先発なら打順を組むという意図が見えてこない。

プロの監督としての意図が…。

2012年なのか、2013年なのか、どっちが本物の新井良太だったのか、
それを見極めたい一心で、今季一番の期待を込めて書いた。

それでも私は新井良太に期待する。
見守っていきたいと思う。

*****************************************************************

面白い記事でしょ?^^
これが武蔵寅之助なんですよ

もっと面白いのが、彼が怒った内容の試合の時
試合終了前に更新されるときがあるのだwwww

あのときはたまげたねwwwwww

彼との意見交換はまだまだこれから先
度重ねる事だと思いますが

彼の記事や考えを否定しているのではなく
それも野球の考え方、見方として
自分が持って居ない価値観である事

そんな価値観を持つ彼と意見交換するのは大好きである

たまに激しい意見交換をする時もありますが(笑)
常にノーサイド精神で議論を交わしています

彼の試合分析は実に面白いし的確です

是非!武蔵寅之助の素人辛口評論家を御愛読下さいませ
左サイドバーのリンクにあります^^
posted by 正悟 at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014 Tigers