虎心不動TOP

.com/txcou

2014年04月02日

先発を引っ張り過ぎる起用采配



0−10これにはさすがにストレスが溜まったという
ファンの方は多かったのではないでしょうか?

私は我慢の観戦をしておりますが、ただ一点だけ

先発投手を引っ張らざる得ないこの状況を打開して欲しい

渡辺、久保田(全盛期)という投手がどれだけ凄い選手だったか?が分かる

とにかく勝ち試合でも負け試合でも黙々とマウンドへ上がり
特に渡辺はしっかりと仕事をこなせたのは凄い事だ

松田故障が相当響いている

勝ちパターン延長戦パターンがこの大炎上中継ぎ陣では
とてもとても乗り越えられないだろう


ちなみに
勝ちパターン組は登板が一度だけ
安藤の1失点のみである



中継ぎ陣の層が余りにも薄くなったので、
安藤先発は断念して当たり前


吉見がもっと仕上がりが良ければまた展開は違っただろうね

今の阪神は、ファンも首脳陣も
久保とスタンリッジを失った代償を痛感している

正に今その瞬間だろう

久保とスタンが居れば、どれだけ投手層が厚く、
信頼出来たか?を痛感しているだろう

私は明後日もし、能見を中5日で登板させたら、
今年の阪神は相当ヤバいと感じる

目先の勝利よりも長いシーズンを見据える事が大事
スタン久保放出の代わりのトレード、FA獲得不発に終わり
育成モードで戦う道を選んだのは球団なのだから

育成モードになれば、この様な暗黒時代の再来の様な
防御率を見るのは当たり前だし、想定出来ていた

明日の岩崎先発は実に楽しみであり不安でもある

楽しみでもあり、不安でもある
だからこれが育成モードなんだよね

大炎上覚悟で見るのが育成モード

それが出来なければ、若手を使えと夢を見る事を忘れ
現実を見て我慢の観戦をするしかない

明日の公示が実に興味深々である
能見中5日は実に厳しい酷使と私は考えている

年齢の考慮、1シーズンを戦わせる意識が首脳陣にあるのであれば
負け試合覚悟の6枚のローテをしっかりと組むべきである

今は開幕直後であり
交流戦でもなくて
シーズン終盤でもないのだから


目先の勝ちにこだわると必ず、痛い目に会う
違和感や疲労蓄積、更に怪我などで離脱者が出たら
それこそ、育成本気モードになるしかない

最悪の想定を考えて、能見は神宮で投げさせた方が絶対にいい

もし能見を出さなければダメな状態であれば
相当、先発陣も台所が厳しいと判断する

とっととトレードでもなんでもしてでも選手を補強するしか
優勝の道はないと叩かれても仕方がないだろう

4試合で40失点
暗黒時代の最悪期でもこんな大失点劇は記憶にない

失点40の最大の原因は首脳陣にもある


この4試合で二回も
首脳陣は大失態を犯した


まず、開幕戦の能見であるが、確かにスライダーと
フォークで空振りを奪える所まで調子が良くなってきた

しかしその時すでに球数は100球を超えていた
こんな球数で肩がほぐれても(笑)

同点となった場面で、橋本に逆転2点タイムリーを打たれ、
更に菅野にヒットを打たれた
この時点で限界である

エース云々以前に、彼の球威も限界を超えていたのだから
球数勘定以前の状態の判断として
あの場面は菅野に安打を打たれた段階で限界として交代

そして勝ちパターンを投入してゲームの流れを死守する

それを行わず、3ランを打たれて10失点で降板

首脳陣が簡単に捨て試合にした

菅野に打たれた場面で、能見を下げて
あそこで安藤を出す決断が何故なかったのだろうか?

2点さならば、戦えた点差であったと私は考えている

更に今日
藤浪はシュート回転が酷くなり、6回からはもうアップアップ
カットボールとストレートで戦うしかない状況
大変なのは藤井だった
どうやって凌ぐか?どうやってこの打者と対峙すべきか?

一か八かのストレート勝負しかなかった状況が
6回の場面で来ていたのだ

6回の裏の代打をするかどうか?
勝負師なら絶対にあそこは代打を送って勝ち継投で様子を見るし
勝負をかける場面だったと思う

藤浪が2ベースを打って結果的に代打なしでOKに見えたが
私はそれでも藤浪を変えるべきだったと思う

結果的に7回もアップアップながらも相手の打ち損じで
助けてもらい、無失点で乗り越えた

最悪でも8回からは絶対に勝ちパターンで行くべきだっただろう
2点差ならば、捨て試合にする必要性などないのだから

シュート回転でアップアップの藤浪を何故?
あそこまで引っ張る必要性があったのだろうか?



エース候補だから?
期待感を持って?
球数勘定?


能見にしてもそうだが、先発を引っ張り過ぎて
防御率を馬鹿みたいに跳ね上げて、若手大炎上を見せる必要性
を私は望んではいない

何とか追いつけるゲームを首脳陣には作って欲しい考えが
虎心不動の意見である

能見や藤浪がフルボコになっているのを見て
お前たちがだらしないという気持ちを抱くのも正解

しかし、ゲームを捨てるのを先発の責任になすりつける様な
起用采配は私は見ていて気分が悪い

ビハインド組が上がって
あそこまで若虎達が打たれまくってる現実
鶴、二神が落ちても今度は金田が大炎上で駄目

あと5キロの球速と球威が欲しい
制球をしっかりと仕上げて欲しい


この指導が成就しないウチは若虎育成成就は夢話である


虎心不動は昨年の秋から
GW辺りまでは何とかベテラン陣に踏ん張ってもらい
暖かくなって状態が良くなった時に
若手GOが最も望ましいと書き続けた

開幕ダッシュは絶対に経験値が必要
だってまだ寒いし、マックスで投げられない

7割から8割の力加減で
のらりくらりとかわしながら投球を組み立てるには
ベテラン陣が一番手堅いと思っていたからだ


今の大炎上が若虎達の現実なのだ
梅野の配球が完全に読まれているのも現実なのだ

でもこれが若虎達の経験値を与えている姿でもあるのだ



今、ゲームを作る為に必要なのはロングリリーフ対応出来る
ビハインドでもゲームをしっかりと作れる投手

これが居ないが故に先発を引っ張らなければならない現状
火だるまになる若虎達を見るしかない現実

吉見、筒井、渡辺、久保田、西村


本当にここら辺の経験値の高い投手が居なければ絶対に
ゲームメイクは苦しいのは最初から分かり切っていた事

ただ、大炎上も立派な経験のうちである

スタン、久保を退団させてしまったツケ
若手育成が出来ると期待感を抱いたファンに
現実をぶつけた4試合だったかも知れない

でもこれが現実なのだ
俺達ファンはこの現実を受け止めるしかない

どうしても勝つ試合を見たいと思うのであれば
トレードでも何でもして、中継ぎもしくは先発が出来る
投手が欲しいと考えるのが定石である

そうなれば、こんなにいい選手を出してしまうの?
もったいないし、絶対に嫌だと言う感情に包まれるだろう

いい投手を獲得するには血を流さなければ絶対に無理な
時期になってしまっている事も現実として受け止めなければダメ


居なくなった投手を指加えて見ても仕方がない


今いるメンバーでやりくりするか?
出血覚悟の大トレードが成立するか?


これはフロントにしか分からない現実がそこにある

我慢の観戦
これが育成モードだと言う現実がそこにある

明日の岩崎に期待と不安を抱く
これが育成モードだと言う現実がそこにある

ただ、先発を引っ張ればいいもんじゃない
首脳陣の腰の重さに疑問を感じる
能見と藤浪の起用がどうも解せない自分がいる
*---------------------------------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら

FBの友達申請大歓迎です^^FBで虎心不動が運営している
「阪神猛虎愛クラブ」のメンバーも大募集中です
まずは、私、渡邊 正悟とお友達になりましょうね
FBのメッセージにて、クラブ参加希望をお気軽にお伝え願います
お待ちしております^^



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*---------------------------------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 01:32 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2014 Tigers