虎心不動TOP

.com/txcou

2014年04月17日

鶴岡のリードで見たかった敗戦



大瀬良が何故?入団前から代表入り出来たのか?
それをまざまざと見せつけられた感があった試合

阪神にとって大瀬良は獲得できなかった選手
彼はプロ入り前から代表に入っていた

小久保代表監督が大絶賛する彼の球威と
スライダーとカットボール


その投球を今日じっくりと見ることが出来た
オープン戦で対戦はしたが、ペナントに入った本気モードの
大瀬らは初めてである

あの時期より当然ストレートに威力がある

ストレートを振り遅れ、カットボールに踊らされる
スライダーには逃げられてバットが空を舞う


こんなタイガース打線を見せられてしまった
完封負けしなかっただけまだ良かった

そう思える程、大瀬良の出来は最高であった
これだけベストコンディションで挑まれた場合

しゃーない

こんな試合だって年間通じれば結構ぶち当たるものであるが
正に今日はその日であった

ストレートが140キロ中盤から後半
カットボールが130キロ中盤
スライダーが120キロ後半
カーブが110キロ台


その緩急とストレートのノビ
更にカットボールとスライダーの切れ味

まぁ、これは打者にとっては手が付けられなかったでしょう
今日の敗戦は実に残念だが仕方がない

4回に円陣を組んだ阪神
そこで何を話していただろうか?

スライダーは捨てろと言う指示だったと思う

カットボールもストライクゾーン以外は絶対に叩くな
スライダーはボールゾーンに手を出してやられているから
ストレートとストライクゾーンのカットボールに的を絞れ


多分この路線の話で4回から挑んだと思うのです

ゴメスは恐らく先頭打者だったので、その円陣に入ってなかった
11球粘って最後はそのスライダーのボールゾーンに
振らされて三振を喫してます

カットボールとスライダーにしてやられた試合でしたので
ボールゾーンに逃げるスライダーを捨てて
ストライクゾーンに来るカットボールと
球威あるストレートに振り遅れるなという指示だったと思う

と思うのですが、マートンからはそれを徹底し
マートン安打、福留四球といい流れを掴んだが。。。。。

藤井さん初球のストレートで終わり
多分このシーンで今日は終わったと思います
振り遅れるんだったら、打ち急がず
じっくり見た方が良かったんじゃないの?

ファールしてタイミングを計ろうよ
140キロ台のストレートと130キロ台の
ストライクゾーンに来るカットボールに的を絞ったのであれば

確かにストライクゾーンのストレートだったけどね(笑)
もう少し見ても良かったと思うんだよね

鶴岡で見たかったなぁっと思うわけです

結果的にストライクゾーンに来たスライダーを
安打に出来ていないんですよね
それだけ今日の大瀬良は良かったって事なんです

6回鳥谷の四球でゴメスのストレート狙いの初球打ちで
何とか完封を逃れたのですが、かなり淡白な打線でした

ノーアウトでゴメスを2塁に置いて
続くマートンも良太もスライダーでやられています
早いカウントで打ち急いでいるのです


それだけスライダーのキレが良く
ストライクゾーンに来るカットボールも
スライダー並みに切れ味抜群だったことも確かです

その後の福留がストレートを打ち損じて
ゴメス2塁の後は本当に淡白だったわけ

藤井さんのストレートの打ち損じ
福留のストレートの打ち損じ


この二人が今日は大瀬良のストレートとイマイチ相性が
合わなかったのが一番痛かったですね

大瀬らはスライダーの切れ味が良ければ
ストレートの球威に慣れて打ちに行くしかない
カットボールが厄介だから打てなかったわけですが

福留と藤井はゴメスを見習うべき
あれだけファールで粘って次の打席でしっかりと
速球に対応出来ているのだから
ゴメスに出来て福留藤井に出来ないって事は

スイング速度とバットコントロールに差があるのは歴然

俊介や田上の方が全然バットコントロールが安定している
鶴岡の方がダントツ打撃力が抜けているわけです

ベテランに依存しすぎだ
和田さんも黒田さんも



藤井は確かに手堅いリードは出来るし強肩でもある
鶴岡に比べれば圧倒的に強肩面で勝る

清水や梅野小宮山が藤井を超えられなかったのは
経験値とデーター

鶴岡は昨年まで、横浜の正捕手的存在であり
経験値は総合的に藤井より上であり、リード面も
藤井より強気な部分がある

打線の繋がりに関しては圧倒的に鶴岡が上

中途半端に捕手起用するのは私は好まない
鶴岡で行くなら鶴岡を徹底的に使うべきだと思うし
藤井が絶対的正捕手であるとは私は到底思えないので

清水、梅野、小宮山が対象だったから
藤井がてっぺんに居たわけだから

鶴岡の強気のリードは私は魅力的だと思うし
投手のコンディションが悪いなら悪いなりに出来るのも
あの投手崩壊の我慢の横浜で積んだ経験値は
藤井以上のモノがあると確信しているだけにね

僕は当面、鶴岡で行くべきだと思う次第である

今日の失点のポイントはここ

岩崎のリードでシンカーの使うタイミングを
藤井は完全にミスったと思う


シンカーがイマイチだった岩崎に対して
スライダーとストレートで凌ぐのを我慢できず
ついつい、切れ味の悪いシンカーをチョイスして
打たれている傾向があった

これが藤井と清水の一番悪い癖

カーブでファーストストライクを狙う配球がない
そしてスライダーとストレートで凌ぐ
どうやったらスライダーで詰まらせられるだろうか?

私ならライダーをどうやって今以上に有効的に
振らせるか?
を考える

シンカー連投で追加点は痛過ぎたと思うよ

根気がないから本当の正捕手にはなれていないと思う

鶴岡ならシンカーをチョイスしなかったと思う

切れ味が悪いシンカーは詰まらせる以前に
当てられる状況だったのだから


鶴岡なら我慢のストレートとスライダー
シンカーでなくカーブでストライク先行の道しるべを
悩みながら根気よく組み立てていたと思う


ただのシュート回転気味のシンカーでは
元々球速が足りない岩崎にとっては致命的になる

藤井は大失態を犯している
切れ味サイテーのシンカーで打たれている
そのシンカーと連投してタイムリーを浴びている

福留と藤井が空回りした夜

明日のバリントンは意地でも福留弾き返せと言いたいが
バットコントロールがかなり悪い
スイング速度が足りていないのだから力まず
大きいのを狙わず、ゴメスみたいに当てに行くところから
始めたらどうだろうっと思ってしまう
今日この頃である

*---------------------------------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら

FBの友達申請大歓迎です^^FBで虎心不動が運営している
「阪神猛虎愛クラブ」のメンバーも大募集中です
まずは、私、渡邊 正悟とお友達になりましょうね
FBのメッセージにて、クラブ参加希望をお気軽にお伝え願います
お待ちしております^^



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*---------------------------------------------------------------------------------*
タグ:阪神鶴岡
posted by 正悟 at 01:54 | Comment(0) | TrackBack(2) | 2014 Tigers