虎心不動TOP

.com/txcou

2014年08月09日

梅野の配球よりも投手の質が不安である


さて、久々の更新となりました
体調不良(高血圧症)で更新をお休みして居ましたが、そろそろ
体調も落ち着いてきました
ダイエットそこそこ成功してますねんww

本日より、虎心不動をユルリユルリとですが、更新再開します
ご期待に応えられるか?分かりませんが、

虎心不動ならではの視点、理論を展開して参りますので
今後とも宜しくお願いします


さて、今日の広島戦を見て改めて痛感した

投手陣8月後半から9月の大事な戦い
更にCS短期決戦での戦いは満身創痍の状態になるだろう

ではまず、捕手から
私は梅野休暇は仕方ないだろうと思うわけです
見た目以上にもう、疲労蓄積パンパンの状態の筈
少し休ませて、打撃練習に集中させる位のスパンを与えても
良いと思う

捕手の足腰の疲労度は、半端ないから
アウトコースのスライダー(クソボール)に追っつけられない位
もう足腰キテるのだから

そろそろ休みながらも経験値を与えて欲しいのが本音
彼の打率を見て私は思う

この疲労蓄積では、打撃面でこれが限界
少し(数日間)はゆっくりと休ませて打撃指導でも受けて
リフレッシュすべきではないか?と思う位よくやってくれている

リードは今成移籍時の時よりずっと梅野の方が頼れるし上手いよ


梅野のリードが叩かれていますが、マスコミや監督のぼやきに
付き合ってはダメです(笑)

ルーキーでこの防御率は大したもんですよ

城島の初年度は、統一球前だったので、もっと酷かったですから
私的には、全体の配球を見て、度胸と努力を認めています

ただ、ストレートの使い方と決め球への布石がイマイチなのは
先発がヘバり出した時か?立ち上がり不安定な状態の時ですよね
その時にビックイニング喰らってたりしてます。

投手の握力限界の問題や、スタミナ切れの問題であって
それを完璧にルーキー梅野に求めるのはあまりにも酷だって事


あれだけ不調でスタミナが不十分な先発陣がゴロゴロしてますし
握力低下で制球定まらない試合中盤も結構見て来ました

あれは鶴岡でも藤井でも同じ結果です

あれだけ干上がった先発投手を引っ張るしかないのだから
ベンチはぶっちゃけ祈るのみの展開が何試合も
見せられてきたのだからさ、配球じゃないよ(笑)

握力低下とスタミナが100球そこそこで干上がってしまう事が
問題なのであってね(笑)
梅野一人の問題ではないのだから


ただ、これだけ苦しい展開をルーキーで体感し、1軍実戦で
経験値を積んで居る事、これ財産なり

まぁ、私が梅野の配球で指摘するのは、決め球への布石となる
ストレートの使い方かな?
次の変化球の為のストレートの球を大砲打者にスコーンっと
打たれているシーンを良く見てる

高めの吊り球で十分な所で、あえてインストボールゾーンへ
ストレートを構えて中に入って本塁打、もしくは長打

これは仕方ないと言うよりも、大きな経験となるわけ

打たれて学ぶ部分って奴なのだけど

これは捕手が皆、しでかす失敗なのです

投手のストレートの球威と制球を信じて構えるわけですから
それで打たれたら、本人なりに配球を改める訳さwww


この人インコース攻めきれないんだぁ。。。


若手捕手ってこんな大胆なデーターを積み上げるんですよ
これが一番の捕手の勉強の部分なのです

梅野は今、正にその自球団の投手のデーターを蓄積し
実戦で更に使いこなせるように変換をしている最中である

疲労蓄積で休ませるとはいえ、長期間ではもったいない
来季を考えるならば、確かに梅野起用は捕手出身の私は
希望する部分もある

マスコミや和田監督の発言に感化される事なかれ

梅野は必ず、来年もしくは再来年に大輪を咲かせるでしょう

私の本音は、梅野は打撃よりも配球の方が面白い

良太、貴浩以上の、アウトロースライダーブンブン丸はねぇ
とっとと修正してくれwwwwwww
ありゃ確かに酷いからwwwwww

ただ、配球は一目置いて見ている

大胆かつ、頑固な配球

30歳くらいになった時スゲェんジャネ?


では、問題の投手陣ですが。。。。。。。。

中継ぎの渡辺は不調、二年連続活躍した加藤も疲労蓄積でイマイチ
松田がのっけから怪我で離脱
更にスタンと久保の離脱
プラスは呉昇桓であるが、球児の穴は見事に埋めている

メッセ以外は、なんかMLBみたいに100球肩みたいに
一気に急降下しちゃうんですよね(笑)
藤浪は120前後までOKですが。。。。。。
先発の球数が多い時は、結構中継ぎがキツイんですよね

問題は、7回と特に8回である

安藤も福原も連投がもうキツイ
ストレートの走りがある様で、球威が感じられない
つまり合わせられやすいって事です

変化球主体で緩急をつけて詰まらせたくても、その変化球で
ボール先行になったらもうアップアップ状態になる

梅野配球云々以前の問題がそこにあるのだから
鶴岡だろうが清水だろうがサイン出して受ける人が違っても
一緒の結果になっているのが今の中継ぎ陣の現状なんだから

松田の離脱と渡辺、加藤の不調、筒井の離脱も大きい
建山の復調の兆しがイマイチ見えないのも現状であるし
先発の以上に中継ぎ陣の台所事情は、シーズンが終わりに
近づくにつれて、ドンドン厳しくなっていくと思う

この中継ぎ陣がある程度調子が良くないと
8月の巨人戦ドーム6試合と筆頭に、マツダでの広島戦は
本当に苦戦をするはずである

先発であるが、能見がOKなら4枚は安泰である
調子云云は確かにどのチームのエース格にもある話
この4枚で負けたら、次頼むぜの世界なのだが、岩崎と
あと1枚がどうしても足りないのが現状

ファームの秋山と明日の岩貞次第で、先発ローテは9月まで
何とか凌げると思います。

ただ、秋山は溜めをガッツリとったフォーム改造したので
当然、力みやリリースポイントの修正が長期化して当たり前

制球がとにかくダメなので
まずは
カットボールが真ん中に来ない事(笑)
フォークの切れ味を増す事
カーブを右打者のアウトロー一杯、もしくは左打者の膝元に
ストンっと落とせるか?
最後にストレートが高めに集まらないか?


つまり、溜めを一気に作って球速を上げたのはいいけど(笑)

球威抜群な選手ではないので、現段階で必要なのは
まずは変化球のキレと制球
これが出来ないと5回で100球となるよ
だから今の段階では秋山はキツイです

あと、左の藤原もそうです
球速を上げたのが分かるんですよ
今年の藤原は早いですもん

ただ、制球が高めに行っちゃっているので
1軍クラスではスコンっとやられてしまいます。

この二人と故障中の松田がどうなるかですよね?

最後にスンファン
彼を獲得した意味は、今の安藤と福原を見て一目である
彼が加入してくれたことで、1点差を何度凌げたか?
彼のセーブ数を見て分かる通り
彼が来てようやく球児の穴埋めが出来たのだから
スタン放出は痛かったが、苦渋の選択としては
私は呉昇桓獲得を支持している


明日の岩貞の投球が楽しみですね
久保コーチ直殿の制球がどうだろうか?
いきなりマウンド固めの京セラドームデビューだけにね
心配は心配なんだけどねwww

明日の岩貞の投球内容が実に楽しみです

さて、虎心不動の再開です
今後とも宜しくお願います
ポチポチよろしゅうです(笑)
*---------------------------------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*---------------------------------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014 Tigers