虎心不動TOP

.com/txcou

2014年08月13日

連勝目指してドーム2戦目 小山攻略の糸口は?


昨日の試合は、勝てて良かったという内容だった
ランディーが2点タイムりーに関して
チェンジアップも頭に入れていたと
いうコメントが全てを物語っていたと思う

その高めに浮いたチェンジアップを逃さなかったのが
結果的に勝因となったが
ランディー独り舞台ってのもアレだwww

しかし、勝てて良かったと思う

呉昇桓の存在感は有難い
1点差でもストレートが走ってれば安泰だから
セットにならなきゃ、安心して見ていられる
巨人相手に1点差を締めれる守護神の存在は絶大である

小林の配球は、梅野以上に手探り感があり、大変だったと思う
昨日の杉内はチェンジアップの精度がスライダー以上に悪く
高めに甘く入るシーンがあった

それをゲームメイクすべき配球を組み立てるのが捕手の仕事
小林には難易度が高かったかも知れないが、これも勉強

阿部が後半マスクをかぶったが、やはり阪神打線のツボを
心得ているのが配球で分かった

梅野も大変だった(笑)
昨日のメッセはSFFの精度がかなり暴れまくりwww
それでも要求し続けた梅野の度胸は凄い(笑)
それしか方法がなかったわけではないが、
スライダーを打たれるよりは全然いい
と彼自身感じてたのだろう

SFFとフォークの使い分けでキレ味の違いを見せ
緩急と同時に「今出来る配球」をとにかく考え
出来る限りのベストを尽くしたのは素晴らしい

6回のメッセと梅野の呼吸は失点を食らった後から
ビッタシ合った様に感じた

フォークか?ストレートで仕留める
出来れば三振で


この意図は配球に見事に表れていた

6回はSFFを封印し、完全にフォーク一本化した
つまり握りを深くして空振りを奪う配球

この方針が二人の間で一致したのだろう

腕を振って思いっきり投げたストレートとフォーク

単純配球の様で
実は6回の配球はかなり度胸要ります


そんな梅野は凄いと思うし
メッセもよく腕を振って投げてくれた

あの大ピンチを1失点で乗り越えられたからこそ
福原が一発浴びても勝てたのだと思う


俊介のホームランはぶっちゃけ驚いた(笑)
インコースのストレートを見事に弾き返した
ドンピシャのタイミングであり、スイングの軌道もバッチシ

昨日2番にこだわった記事を書いたのだが(笑)
こんな形で答えが出て来ると、
穴があったら入りたい気持ちになるwwwww
(寅之助さん、yoshitakaさんゴメンネ)www
強振キタヨwwwwww


ただ、あのホームランは追いついたという意味では
本当に大きかったと思う


今日は小山が相手
とにかくフォークとSFFを使いこなし
緩急と落差を惑わせるのが上手い

更にシュートを出すタイミングも絶妙なので
彼のシュートに騙されない事が大事となる

カーブの緩急は頭に入れないのが一番いいのだろうが
140キロ後半のストレートが実に厄介な相手
フォークとストレートの見分けが難しいから
打てないのだから


コツは球数を投げさせることだろうね


フォークの場合、握る握力 手首を使わない投球となる為
結構投げ込むと疲労が握力と腕に来るんですよね

フォークを投げさせれば投げさせるほど
ストレートの球威は落ちる確率が高くなるし
フォークが甘く入る確率もかなり高くなるはず

フォークとシュートに騙されてとっとと手を出してると、
後手に回ると思われ

粘ってファール出来れば
打てない相手ではないと思う


実は新井兄弟は、シュートが甘く入ったら飛ばせるんですよ(笑)

どっちか?出ても面白いと思うんですけどね

連勝狙えますよ^^
小山攻略して首位に立ちましょう^^

*---------------------------------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  

記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*---------------------------------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 16:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014 Tigers