虎心不動TOP

.com/txcou

2014年08月16日

横浜投手陣自爆の勝利

能見の配球を指示したスタメンマスクの清水
梅野と比較してみたが、清水のリードは上手いのは確かです

しかし、強気のリードが売りだった筈の清水が慎重に見えた

それは梅野がそれ以上に強気だからだろう

錯覚なのか?事実なのか?
素人の俺には分からないが、改めて梅野の将来性を楽しみに
観戦出来る自分が素直に居た

能見のストレートは暴れまくり
それが功を制したのは5回までである
更にフォークのキレがイマイチな状況に陥った6回

それを横浜は待っていたのが4回の円陣で一発で分かった
ストレートを待っている

スライダーとフォークのキレが落ちた時
フォークはストレート以上に合わせやすくなる
緩いストレートになってしまうから

6回打たれた球種は殆どがストレートとフォーク

完全に狙い撃ちをされた形である

中西コーチが来ても、清水の配球は変わらず
スライダーの精度も悪く、チェンジアップを要求しない
要求出来ないのだ

巨人戦の終盤で打たれた時と同じ展開でした

握力低下
変化球のキレが一気に下降した瞬間である

この握力低下こそ、能見の今の課題である

制球が定まらず、変化球のキレが悪ければ
ストレートを思い切って投げるのを主とするしかない
それが戦えないのが今年の能見の最大の弱点であるが
虎心不動はこう思う

3失点でイニングを終えられる能見は凄い
さすがである


それをフォロー出来なかったのがフォークの切れ味が悪かった
次の回投げた安藤である
あのフォークはダメ
能見の最後のイニング以上に切れ味最悪だった
チェンジアップが抜けた様なフォークに見えた

単打で終わったのがこれ幸いなフォークだった

7、8回が実に不安なのが今年の阪神である

しかし昨日は同点になっても勝てる自信はあった
逆転されなければ打ち勝てる

これだけは確信していたが、3四球の上本の走者一掃の
タイムリーは実に嬉しかったし、打ち勝てる打線が勝利を
もたらしたと思っている

よく打ってくれたよ

でも相手バッテリーの自爆からの得点って有難い

上本も疲労困憊
とにかく今踏ん張って乗り越えて欲しい
きかっけとなるタイムリーとなって欲しいです


さて、中継ぎの話に戻りますが
安藤も福原も温存組と叩かれているが、
あの年齢で中継ぎエースの7、8回を賄いシーズンを戦うのは
マジで至難の業である

松田復帰が大きなカギとなる8月終盤と9月である

建山復調も鍵となるが、今の状況ではドームクラスは
キツイ球威も変化球のキレも感じられないのが現状であり
建山の代わりが居ない台所事情が一番の問題なのだ

渡辺の復調、筒井の復調、加藤の本領発揮を待ち続けたが
金田の踏ん張り以外は、本当に綱渡りの今シーズン

ただ、金田と歳内、二神にはいい経験値を与えられていると思う

その台所事情を何とか踏ん張れたのは、言うまでもなく
福原、安藤の綱渡りでも負け投手にならないギリギリの
投球が土台となっているのだ

とにかく打線が踏ん張れているのが一番だろうが
このままでは松田復帰が一番のカギとなるだろう

東京ドーム巨人戦に松田を合わせて来るだろうか?
8月の対巨人戦直接対決は3勝3敗でもいい
とにかく次の巨人戦のカードは勝ち越しが絶対条件である
次負け越すと、ズルズル行くよ
巨人に勝ち越ししなきゃダメさ

まずは横浜戦
打ち勝つことが第一だろう
ここは3タテを狙う位の気持ちで挑んで欲しい

昨日井納を打ち崩せたのは、スライダーのキレと球威だけで
阪神打線を封じ込める程のコンディションとは程遠かった事
クソボールのスライダーを見極める事が出来る阪神打線は
井納クラスを打てない様では、巨人投手陣を打ち崩せるわけがない

制球が悪いし高めにボールが集まる
実に有難い勝利であったが、結果的に打ち勝てた事が勝因には
変わりが無いのだ

呉昇桓の存在が本当に大きい
しっかりと締めてくれる彼の存在はスタンリッジの10勝以上の
価値があると思うのは私だけだろうか?

さぁ、今日は秋山先発である
捕手だ誰だろうか?
ファームで受けた清水濃厚だろうか?

秋山はとにかく制球
ストレートもカットボールもとにかく制球
変化球の切れ味以前にまず制球である

球数少なく長いイニングを私は求められないと思う

とにかく凌いで凌いで踏ん張る彼の姿が想像できる

カットボールのキレと制球が大きなポイントとなるだろう
フォークで空振りが取れたら尚更いいのだが

カーブの精度が悪くても緩急をつけることが大事
さぁ秋山、ルーキー時代、女房城島以来の勝ち星を!!!


では試合前のモスコーソ対策でも
150キロ手前のストレートが主
145キロ前後のストレートが来ると思うが
そのストレートを活かせるのが、SFFとツーシームだと思う

スライダー、スプリット、ツーシーム、カーブ

ここら辺の球種をフル活用し投げて来ると思う
やはり攻略の糸口は、ファールで粘る事だろうね

狙うならストレートとスライダー

SFFとツーシームを引っかけて凡打の山を築くなら
球数を放らせる攻略の方がずっといいと思う

打たせられるまでに球数を放らせるのも
立派な戦術なのだから

3球目で打たされるよりも、6球目で
打たされた方が倍の価値がある


2順目からが本番でしょう

とにかくSFFが甘く入ったらチャンスだし
スライダーが甘く入ったらチャンスだから

その一番の攻略はスタミナ消耗
夏場独特の投手へばりの瞬間と握力低下の瞬間

狙い球をしっかりと絞ってまずはファールから

スライダーとストレート
SFFとツーシームに騙されるならば
球数を放らせてからのお話って事で

今日も打ち勝つしかないと思う
勝てばなんでもいいじゃないけど
内容を問うよりも勝利が一番大事

8月中盤からはその感覚で野球を見た方が面白い
*---------------------------------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  

記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております
正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら


虎心不動のツイッターはこちらになります


御遠慮なくご登録くださいませ^^
*---------------------------------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 16:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014 Tigers