虎心不動TOP

.com/txcou

2014年08月20日

梅野の配球術でメッセは勝てた


今日の虎心不動は配球論が主となります

え?打線ですか?
朝倉もうBADでしたやん?wwww
シュートカットボールがあれでは(笑)
バッティングセンターモードですから(笑)
打撃に関しては今日は書きません((((((((爆)))))))

では虎心不動十八番である配球論で^^

京セラドームのマウンドは甲子園に比べると固めである
ナゴドや北海道ほどのモノではないが、固めと言えば固い

甲子園のマウンドは日本一投げやすい環境だと言われている
高校生が持ち味を如何なく発揮出来るマウンド

その甲子園のマウンドをホーム球場とする阪神投手陣は
幸せ者である反面、過保護化されてしまう部分もあるだろう

各ビジター球場の対策をしながらの投球となるが
サブホーム球場という京セラドームは阪神開幕カードの
球場でもある

そこに固めのマウンドが存在している
更に魔のロードでも、6試合がこの固いマウンドである

この魔のロードでナゴドがないだけまだマシ(笑)

あのガチガチのマウンドが裏ローテなんて来た日には
恐ろしくて祈りながらの観戦となるだろうwww

裏の攻撃よりもマウンドが心配なのが私個人的考えである

ただ、そこはプロ投手である
対策を煉ってしっかりと対応すべき準備をしてきている筈

メッセンジャーの立ち上がりは正にアップアップであった
ストレートが高めに浮き、球速以上に合わせ易かった様だ
早いストレートが安打となり、犠打も簡単に取られた

今日のメッセはシュート回転気味だったんです
つまり超BADモードでした

さぁ梅野どうする?
ストレートは打たれまくる傾向だぞ

初回のピンチ、昨年までメッセ専属であった藤井なら
ストレートをアウトローに構えながら凌ぎ
ここ一番でフォークで空振り
ファールを取らせ、ストライク先行する配球を組んでいた筈

この配球は完全に相手チームに読まれまくってたのだが(笑)
その配球以外出来なかったのが現状である

今日の梅野はシュート回転気味のメッセに対して
藤井の様なアウトローのストレート要求をしなかった

梅野がメッセに要求したのは

緩急である

大島にツーベースを打たれ、荒木の犠打をファンブルした瞬間
ストレートしか投げていなかったメッセに対して
カーブとフォーク、スライダーをフル活用した配球に変更

バンバン変化球主とした配球に変更したのだ

アウトローへストレートを構えて高めに浮けば打たれる

梅野はそれを一番嫌がった
メッセを信じる以前に、このシュート回転のストレートを
どうやって使いこなすか?を考えた配球
である

立ち上がりのメッセはマウンドの固さに違和感を
感じながら投球をしていたと思われる

身体が若干開き気味になり、シュート回転気味のストレート

ストレートの制球が暴れ気味だったメッセに対し
カーブとフォークのサインをストレートに織り交ぜながら
メッセに要求していた

メッセのストレートは150キロ程度
フォークが140キロ程度で10キロ程度の緩急がつき
当然変化する

そしてカーブ
スタンが武器としていたスパイクカーブと違ってメッセの
カーブは山なりの緩いカーブとスライダーに近いカーブを
投げ分けることが出来る

梅野は110キロ台のカーブを要求し、緩急をつけ
暴れてシュート回転気味のストレートを何としてでも
使いこなせるように工夫していた

その結果がルナ三振、平田三振であった

逆に森野に対しては、スライダーの後に、フォークの軌道で
真ん中低目のボールゾーンに151キロのストレートを投げさせ、
見事内野ゴロに打ち取っている

振り遅れ気味になったのは大きな理由がある

その前に投げたスライダーである

メッセのスライダーがなんと141キロであった
そのスライダーでバットをへし折ったのを見て度肝を抜かれた


141キロのスライダーwww
お前は郭泰源かよ!!


そのスライダーこそ梅野の頭脳的配球である

実はそのスライダーの速度は、
メッセのフォークとほぼ同じ速度なのだ


そこに低目のボールゾーンへ力強いストレートを要求

そう!
フォークと見せかけたストレート

森野はまんまと引っ掛かり、若干振り遅れたのだ

四球覚悟の騙し球配球
梅野の配球術は見事であった

その後も梅野はストレートをフル活用する為の
配球を積み重ねた

フォークを投げてストレートで三振
スライダーを投げてストレートで三振


フォークで空振りを奪うシナリオの裏をかいたこの配球こそ
今日の中日打線を5回まで黙らせることが出来たのだろう

ただ、この配球は飛ばせば飛ばすほど球数を要し
握力の低下も早める配球である事は言うまでもない

あのスタミナ抜群のメッセでもさすがに6回で
アップアップとなってしまった(笑)

でもね、今日のメッセのストレートはマツダスタジアムで
フルボコに会った時くらい調子は悪かったのさ

シュート回転気味のストレートを騙す為の
工夫した配球が梅野が実行出来た

今日のメッセは梅野に対して感謝しているだろう

さて、7回から今日はビハインド組の3人
1イニングをしっかりと分担する形で抑えきった

正直言ってまだ本調子とは程遠い三人である

筒井は恐らくファームで制球重視のメニューをこなして
1軍へ上がって来たと思われる
ストレートの速度は遅い
しかし、球威がないわけでもない


ファームの投手チーフコーチである久保さんは
ここに来てどんなマジックを使ったのだろうか?

スライダーとストレートを上手く使い分けて
三者三振と言う見事な系統を見せた
高めの吊り球で三振を取れるのだから
打者は球威を感じていた筈


渡辺はストレート重視の投球
ど真ん中のストレートを平田に投げた時ヒヤっとしたが(笑)
振り遅れてファールとなった

うむ。。。。。球威がある(汗)どうした?この復活劇(汗)
森野にストレートを打たれたら
今度は藤井には渡辺の得意球である
シンカー連投で空振り三振を奪った

渡辺はストレートがようやく活きて来た感がある
酷使で怪我をして3年も不調で苦しんだ男の復活劇が
今年もしかしたら見られるかも知れないが、
巨人戦のドームで投げ切った時に、それを証明出来る時だろう

彼のシンカーはスライダーとストレートの抱き合わせがあって
初めて使いこなせる球種である
意外と球は走っていた感があった(今日は)

小嶋
制球がいいのに驚きました
よんたまで自爆する様な球が余り見受けられなかった
これは小嶋の投球上では凄い事であるwwww
スリークォーターの部類でカットボールとチェンジアップで
制球重視で打たれまくってた小嶋だったが、今年は違う

今年の小嶋を見てお気づきになった方がいらっしゃるだろうか?
フォームをオーバー気味に戻し、リリースポイントを高めにし、
本来の姿である、サウスポーの速球派スタイルに戻している


今日も、昨年打たれまくったカットボールは一球も投じていない

ストレートが主である
これにはさすがの私も驚いたし、嬉しくなった

騙し球を卒業し、ストレートとチェンジアップで勝負している

更に、今年から小嶋が
フォークを投げている
のを御存じだろうか?(汗)

まだ本物ではないフォークだが
明らかに速球派へ戻そうと努力している姿が見られる

今年の球速MAXは149キロである
ちなみに昨年の最高球速は142キロである

今日のMAXは144キロ
よんたま防止として7割程度の力加減で投げてたと思われるが
四球で崩れる傾向を感じない三ツ俣との12球勝負は
私個人的には小嶋の成長を伺えた瞬間である

逃げずにストレート勝負

いいじゃない?同じ打たれるならストレートの方がいいよ
中途半端なカットボール捨てたんだもん
フォーク習得中だもん
速球派の投球に変えている最中

これは小嶋にとって大きな勝負に出た投球フォームと持ち球

やっと左の速球派になろうと決心したか?
ノーコンボーイの最後の賭け

応援しようよ!
速球派に戻ろうとしている小嶋を!


このビハインド組がゲームメイク出来れば、接戦でも
諦めムードがかなり減る筈
この3人には期待して見守っていこうと思う

小嶋は昨年とは違う
同じ打たれるならストレートで
ストレートで打たれたならば、虎心不動は納得する

ああ、そうだ
大事な事書き忘れる所だった(笑)

大和復帰

あ、字が小さくなったね(汗)
大和復帰

彼の復帰によって
2番とセンターのポジションが安泰
である

この大事な9連戦
ついに来たか?
疲労困憊だった期待の大和の大復活

今日は早いライナー性の当りを難なく追いつき
足でも三盗仕掛けて悪送球でホームイン

足で守備で見せてくれた大和

阪神で一番犠打と外野守備と足で見せられる大和の復帰

この大事な時期での彼の復活劇
これは物凄く大きい事です

レフトマートン固定
センター大和固定

お分かりだろうか?これだけで安泰である

ライト福留主としても、隼太と良太でも行けるのだから
センター大和が居る段階でもう、守備位置はライトを
どうするか?だけを考えればいいだけの事

これは広島戦と巨人戦に限らず
残り30数試合のスタメン構成の段階で首脳陣は
滅茶苦茶楽ですし、博打感覚が激減する事が実現出来るのだから

大和の復活は滅茶苦茶大きいって事です

明日は濱田ですか?
140キロそこそこのストレートには球威があります
更にフォークのフォームがストレートと見分けがつかない位
騙されやすいです
スライダーのキレもありますが、打てない相手ではないです

巨人の杉内を見れば一目です
彼や内海と対戦する事を考えれば
チェンジアップがないだけ楽だと思ってもいいです

あとは阪神打線が彼のスライダーのキレとフォークに
目と体がどれくらいで慣れて攻略出来るか?
必ずフォークとスライダーでストライク先行して来ます

2ストライクに追い込まれた時の対応が大事ですね

谷繁マスクで凌ぎの配球で来るでしょう!

でも、打てない相手ではないです
明日も打って勝って
岩田に勝利を!!
*---------------------------------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  

記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております
正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら


虎心不動のツイッターはこちらになります


御遠慮なくご登録くださいませ^^
*---------------------------------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 02:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014 Tigers