虎心不動TOP

.com/txcou

2014年09月07日

和田監督!優勝争いをしている起用采配をせよ!



昨年からタイガースは、安藤、福原のダブルストッパーに
頼り切っているが、私はもう限界だと思っている

中西コーチもその
世代交代のスイッチ作業
には今年入っていると思う

まず金田
彼は先発になるか?中継ぎになるか?は分からい
ただ、どちらの層もあと二つ足りない状態なので
彼の立ち位置は実に微妙ではないだろうか?

どちらで使うか?
先発だとスタミナがキツイ
中継ぎの勝ち継投であれば、コンディション維持が課題

その中でも福原よりは安定度が高いのが伺える今日この頃

あと、
高宮が思ったよりイイ!
久保さんが加藤を救った様に、高宮も化ける可能性がある
それは、来季開幕あたりに見えて来るだろう
彼のシンカーと高速スライダーはかなり使える
左投手としての責務を果たす事は、今現在は可能である

彼は連投OKの体力は横浜時代に見て来た
ただカモでしたがww
その時と大きな違いは、球の威力と高速スライダーを見て
キレと制球がいい
シンカーで空振りも奪える状況である
シンカーでファールを奪えれば、ストレートも高速スライダーも
決め球として使える
緩急のカーブとは違った使い分けが、今現在の加藤よりも
全然良い状態ではないだろうか?

久保再生工場が高宮再生の芽を出し始めている
平野との交換トレードで、大損害と叩かれた高宮
ここで意地を見せて存在感を示して欲しいものだ

安藤は間違いなく今年は先発タイプだと思っていた
中継ぎで安定度を誇るには彼は厳しいと思っている
岩瀬タイプの抑えタイプか?と聞かれればNOだろう
彼の様なカミソリの様なスライダーを持っているわけではない
スライダーとシュートとチェンジアップとフォーク
この球種でガッツリと戦って行けるタイプなのだが
如何せん制球が高めに浮くんですよね

年齢的にも相当キツイし、中6日でしっかりとコンディションを
整えて、とにかく低目の制球とストレートの力を
維持出来る調整法で何とかゲームを作れるタイプ

勝ち負けよりもゲームを作れるタイプです

先発復帰を模索している最中に松田故障でしたので
調整面でも相当厳しさを感じていました

先発はランニング主でブルペンで調整をしっかりと行う
中継ぎ抑えはブルペン主でランニングもしっかりと行う

安藤の年齢と経験では
本人は先発復帰の方が全然OKだと思います
ただ波は元々あるタイプなので(笑)
立ち上がりでダメなら覚悟はしなければなりませんww

逆に福原はもう中継ぎタイプの方が可能性あると
私は考えていますが、如何せんストレートの球威の
安定度が無く、いい時と悪い時がハッキリしています

まずカーブのキレが悪ければ
カーブがアウトロー一杯に決められなければ
ストレートが活かせない所まで来ています

ストレートゴリ押しの彼の強気な投球を見て
カッコいいと思う反面
フォークで三振取れるだろう?と
フォークを投じない福原を何回も見せられてきた

確かにもうそろそろ限界が近いのかな?と思いますが
2011年に奇跡の150キロ復活劇を見せられて
彼の剛速球を再度見れたのが嬉しくて嬉しくて
TVの前で鳥肌立てて見た記憶があります
忘れもしない9月の甲子園の中日戦でしたね

そのストレートに陰りを感じるのは本音としてある

来季松田1枚だけでは足りないです
藤原クラスの速球派が制球を上げてくれれば加藤の役割は
果たせると思いますが、如何せん制球が定まってくれない
球速を一気に加速させたので、制球の修正は大変です

小嶋だって速球派に再転向し挑んだ今年
ストレートの球威球速は完全に良くなっています
カットボールでの誤魔化投球ではなく
ストレートを主としフォークを投じるスタイルに転向したので
今年からフォークを本格的に投げる様になったので
制球とフォークのキレ次第では彼だった面白いですよ
左だし貴重ですよね

いずれにせよ、勝ちパターンが足りないのは深刻な問題でもあり
今年は芽を出させながらの優勝争いが出来ているのも事実

勝負の9月で福原が打たれても僕は驚かない
安藤が打たれても全然動じません


安定度が低いのは開幕から実証済なので
逆にこのベテラン投手二人で、よくここまで
呉昇桓へ繋げる継投を支えてくれたと感謝している

松田が未だに一軍に上がって来る気配で留まっている
制球がイマイチなのか?今年は1軍で無理をさせないのか?
私には分からないが、来年の松田に期待しようと思っています

今年の阪神の防御率を見て盤石の投手陣とは程遠い

でもその中でも、経験値を上げている選手が出て来ている
正捕手梅野を育成しながらの投手陣

それでこの時期まで優勝争いが出来ているのだから
例え息切れして厳しくなったとしても
これだけの選手に経験値を与えて続けている事実が
存在しているのだから

よくやってるよと評価して居る部分でもある

中西コーチも悩んで居ると思う
育てながらの優勝争いに絶対にベテラン陣の経験値が必要
その両ベテランが肩で息をしながら踏ん張ってくれたのだから
俺は、彼達が打たれても動じない

ご苦労さんの一言

30後半の二人でこの時期まで中継ぎを支えている事自体
台所不足極まりない状況なのは確かなのだから
安藤と福原の踏ん張りについては、いかんともしがたい成績でも
ありがとうという感謝の気持ちの感情の方が僕は強いかな?



では今日の試合を振り返ってみましょう
藤浪の投球に関しては、書きません
ここからは打線オンリーで行きます

昨年、この時期に虎心不動は死んだフリと言う言葉を使って
福留の奇跡のCS絶好調を期待して
結果的に死んでいたという散々な結果を生んでしまった(笑)
花形に茶化されて思わず笑ってしまったのだが(笑)

今日の山井の攻略を見て呆れ果てた

シュートを捌けていないんですよね
山井のシュートに踊らされているだけなんです

確かに山井のシュートは実に素晴らしいですし
山井のフォークやチェンジアップ、特にスライダーも
実に素晴らしいです

山井はストレートよりもシュートの速度を上げて
阪神打線を翻弄していました

とにかく今の阪神打線は球の見極めがあまりにもガサツ
あり得ない位ガサツです(笑)

確かに6回にようやく山井を捉えかけました
鳥谷はスライダーを捉え
ゴメスはシュートを捉えました
マートンはフォークを捉えました
今成もアウトコースのシュートを捉えました


隼太がストレートを空振り三振
エンドランになれば固くなるようでは駄目
あそこで代打を出す位の非情采配をしなければ
絶対にシーズン後半戦は勝てないのだ

隼太はストレートタイプの速球派ならまだ打てる気がします
しかし、フォーク、シュート、スライダー系を投げる
山井相手ならチャンスで勝負の代打を出します

隼太はスイングが若干ブレ始めています
縦の変化に対しての対応力が落ち始めています
彼にはひらすらカーブマーシーンを打ち続けてもらいたい位
首が折れて縦の変化に対応出来るフレッシュは状態が
徐々に欠け始めています

私なら絶対にあそこで早めの代打を送っていた

優勝争いをしている采配に全然見えないんですよね
何が何でも勝ちに行く起用采配が見えない


ストレートを空振りでしょ?
シュート連投の後でストレート連投
そこに緩急はほぼ、存在して居なかったのだから
空振り併殺は本当に頂けない


正直7回の鳥谷のシュート打ちの併殺も頂けなかった
3−1なら3−2まで待って欲しかった
アウトコースのシュートを狙い撃ちする前に
もう一球ゆとりがあったのだから
あの場面は絶対に見逃して3−2にしてプレッシャーを
更に与えて欲しかったですね
3−2からストレートが来るまでシュートを粘ってれば
絶対にタイムリーを呼べたと思うだけに非常に残念だった

あれは鳥谷にしては、焦りというか早打ちだったと思う
珍しく手を出したので、狙い球がアウトコースの
シュートだったと思うが、3−2になった方が
絶対に山井にプレッシャーを与えるファールが
出来た筈だと思っただけに残念

でもそれ以上に
やはり隼太の三振ゲッツーはあまりにも痛過ぎた

勝ちに行く起用采配
和田監督は期待感という育成にこだわりがあるのは分かるが
優勝争いでもう負けられない所まで来ているのだから
ここは非情采配も必要

私ならあの回は6回だったので
迷わずあの場面で関本ではなく、
福留を出していました


アウトコースに必ずシュートが来る筈だから
そのシュートを外野に落ち着いて飛ばせ

まだワンアウトなんだから落ち着いて行けばいい

ゴロだけは打つな!
と指示していたと思うが、福留の状態も状態なので
それも出来ない状況なんだろうね

それでも私なら経験値の高い福留を選択していたと思う
育成なら伊藤隼太
本気で優勝を狙うのであれば、経験値の高い福留の方が
併殺は避けられたかも知れないと思うだけに残念!


狩野も関本も遊ばせたでしょ?
優勝争いのこだわりってのがどうしても見えて来ない

お前を信じてるぜ!起用采配が濃く見えて
どうしても首を傾げてしまう自分が居る

明らかに優勝を意識した起用采配が見えて来ない

これでは短期決戦なんて無理(笑)
絶対に勝てるわけがないwwwww


私はハッキリと書く
関川さんと高橋さんの指導方針を聞いてみたい
ここまで疲労困憊でまともなスイングが出来ない輩が
ゴロゴロしている事自体絶対におかしい


確かに大和と上本はかなり辛抱して起用しているのは分かる
梅野も配球中心のシーズンだと言うことも分かる
西岡離脱の厳しい状況である事も分かる

ただ、これだけの疲労困憊の選手が居て
踏込足を踏み込んだ時点で一気に前に重心がかかり
壁を作った溜めのあるスイングが出来ない状況の選手が
ここまでゴロゴロされては困るわけ

あり得ない位スランプ打者だらけwwwww

なんだ?鶴岡の打撃?
横浜に居た鶴岡の方がずっと怖かったと思うよ

修正能力が厳しいのであれば首を洗え!!
何故ここまで悪化するまで修正が出来なかったのだろうか?

一番大事な時期に一番コンディションとスイングを
落してしまっている状況

勝ちを何試合も逃し続けている

いつまで飛ぶボールの方針で戦って行くのだろうか?
軽く振り抜かせるスイングで連打を呼ぶ打線を形成すべき
伊藤隼太にエンドランかける前段階で

何故?
アウトコースのシュートを弾き返せと
振り遅れるな!ファールにするな!
絶対に外野にシュートを弾き返せ!


その指示を出して隼太がその期待に応えられなかったならば
それは隼太が悪い
だけでは済まされないと思う

勝てるゲームを落し
優勝を狙う起用采配をせず
ここ一番で完全にバテてしまった野手陣打撃構成が
存在している以上、勝てる筈もない

毎年なんでこうなるのかな?
監督続投報道が流れる事態おかしな問題
今はペナント重視、和田君には期待しているが
それはシーズンが終わってからでいいと思うが
フロントは続投の路線で行くと宣言している

和田続投ならそれで文句は言わない
ただ一言!
足腰の鍛錬があまりにも未熟
もっと走らせるべきだと思う
それは後悔してもらいたいかな?(汗)
*---------------------------------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  

記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております
正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら


虎心不動のツイッターはこちらになります


御遠慮なくご登録くださいませ^^
*---------------------------------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 02:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014 Tigers