虎心不動TOP

.com/txcou

2014年09月08日

打撃指導と疲労困憊が呼んだ阪神大失速


まぁ去年もこの時期にガッツリと負けが続きました
恒例と言えるこの疲労困憊祭り

ナゴドでの3連敗は余りにも痛過ぎる
京セラの3タテをそのままお返しした形となった

打てない
如何せん打線が続かない


今日の雄太を攻略出来なかったのは何故だろう?
いや、山本昌然り、山井も含めてこのナゴド3連戦は
何故?打てなかったのだろうか?

では今日の雄太の投球だが、球の勢いとキレはあったと思う
確かに簡単に攻略出来る様な投球ではなかったと思う
状態はむしろ良かったと思う

では今日の雄太の投球内容ですが
立ち上がりから3回まではカーブを多用していました
ストレートは140キロ程度
そこに100キロ程度のカーブを多用し
切れ味鋭いスライダー
そして今日一番多用したチェンジアップに踊らされました

変化球のキレが良かった事
これに追っ付られなかった事


ある程度は仕方ない位、雄太は出来が良かったと思います
この3連戦は速球派と言うよりも

技巧派先発3人にやられた

3連戦だった様に思える

ストレートで150キロを超える先発投手ではなかったが
緩急を使い、変化球のキレと制球
そして配球術にしてやられた3連戦

だったと思う


では、その雄太の投球ですが、
まずカーブにしっかりと喰らいつけていたのが
マートンでした
やはりIDメモ野郎のデーターは伊達じゃない

彼はカーブマシーンも精力的に向かい、汗をかく事で有名

緩急に対応すべき練習を彼は日々行っているのだろう
溜めをしっかりとし、壁を作ってスイングしなければ
カーブ系を引っかけてしまうケースが多い

でもね、こんな考え方をしてみましょう
ストレートとカーブをランダムに投げる打撃練習をしました

カーブを狙って引っかけるケースが10回の内半分であれば
凄いなと思うわけ
その段階でカーブは5割到達しているわけだ
そしてストレートに振り遅れない安打を放てる確率が
5割あったらどうだろう?

恐らく実践でカーブ対応3割はキープ出来ると思う

とにかく
阪神打線はカーブとフォークを2ストライクまで
見逃して様子を見る傾向が強い

そこを各投手各バッテリー、各球団から徹底的にマークされ


如何に早く2ストライクに追い込むか?


2ストライクに追い込んで、ボール3になる前に
出来る限り勝負して打たせる、もしくは空振りを奪う

この配球に散々やられまくっている状況

しかも疲労困憊で縦の変化に弱い状況
2ストライクに追い込んだら意外と楽に打ち取れる状況です
フォーク、チェンジアップアウトコースのスライダー
どれかに引っかかって、凡打もしくは三振

この配球で散々やられまくっている

書いてて本当に悔しさが込み上げますね(笑)
これを巨人、広島、ヤクルトにやられているわけだ

今、打撃コーチ陣がすべきことはなんだろうか?

虎心不動はこう考える
セカンド、ショートの位置から交互に山なりのボールを打たせる
そしてマウンドからストレートを投げて打たせる

まずはカーブ系の溜めをしっかりとさせ、壁をがっちりと
作らせる事を早急にやらなければならないと思う


馬鹿みたいにティーばっかりやらせても効果出ないよ
素振りと山なりとストレートを打たせる事だと思う

カーブを打てない奴が、チェンジアップに対応出来るか?
完全にヤマ張って打てる選手ならそれは可能だろうが
今の阪神はチェンジアップの緩急と変化にも対応がイマイチ
何しろ、小さかろうが大きかろうが縦の変化に弱い

更にストレートを振り遅れているもんだから
滅茶苦茶攻略が簡単なのが現状である

狩野は杉内と小山クラスのストレートは大丈夫だよ
絶対に打てるよ狩野は
彼は140キロそこそこのストレート相手ならば
緩急に全然対応出来る状態だから
狩野は技巧派投手にはどんどんぶつけるべきだと思う


ああ、そうだ、カーブ打ちだったね
それが今日の段階で、鳥谷、ゴメス、マートン
そして今成である
今成のスイングが良くなったでしょ?
変化球をしっかりと追っ付けたスイングが出来る様になったので
疲労蓄積のピークを何とか越えられた感がしたので
虎心不動はこれから今成のスイングは良くなると宣言した

実は大和も徐々に底を抜け出そうとしている
好調には程遠いが、巨人戦では上本より当てられる可能性を
秘めていると虎心不動は見ている

絶対に巨人は、阪神をたたみ込みにかかる3連戦である
この3連戦、阪神はどう戦うべきだろか?

まず、杉内、小山、澤村が来た場合
絶対に緩急を使ってくる
ストレートとチェンジアップの速度を合わせて来る
ストレートの騙し球を利用し、徹底して攻めて来るだろう


小山はフォークを多用するだろう
最後に澤村はスライダーとフォークだけでなく
シュートも多用して詰まらせてくるだろう

そんな連中をどうやって打ち崩すか?

それを明日書こうと思います


最後に私は阪神野手陣に思う事がある
大砲を揃えてイケイケ打線で真弓さんから始まった
貧打線解消計画は統一球の存在でかき消されてしまった

しかし、その統一球を攻略すべき道しるべを
ヤクルトと広島は完全に見出している

低目も真ん中のラインであれば掬い上げてでも
安打を放てる

その背景にはデーター戦略が絶対に存在している

阪神に一番足りない部分だと思う
データーが大雑把なんだろうね
ヤクルトや広島も交流戦は苦労してたよ

でもセリーグ相手のデーターは十分に頭に入っている球団の筈

それ位阪神投手陣のデーターは丸裸になっていると思う
黒田さんと山田さんがどこまでそこを見極めて
配球を多少弄ってでも、巨人戦に挑むか?
も大きなポイントになると思う

とにかく野手陣の疲労蓄積は
完全に足腰がヘバっている事は確かである
首脳陣の管理が杜撰なのかも知れない

完全に走り込み不足が引き起こした
一気疲労困憊現象
この現象は毎年恒例で見飽きたと同時にウンザリしている

これだけ負けても4.5差
更に負け数も6で収まっているのが奇跡

次の3連戦が最後の勝負となるだろう
毎年ここで読売に負潰されてガックシしている
今年も打撃陣がこの状態なので不安だが
最後の意地は見せてもらわなければ困る
*---------------------------------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  

記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております
正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら


虎心不動のツイッターはこちらになります


御遠慮なくご登録くださいませ^^
*---------------------------------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 00:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014 Tigers