虎心不動TOP

.com/txcou

2014年09月09日

意地でも杉内を打ち崩せ!



随分とエラソーなタイトルですなぁ(笑)
疲労困憊の打線に願いを込めて書かせて頂きましてん(汗)

さて、いよいよ、本当の意味での天王山ではなくて
ペナント制覇の最後のチャンスの3連戦となる

この3連戦で最悪でも3連勝するつもりで戦わなければ
絶対にペナント制覇はダメになると思った方がいい

3連勝したとしてもその後の広島戦で負け越したら
それでも厳しくなる

それをひっくり返せる最後のチャンスの6連戦でもあり
最後のペナント制覇をかけた直接対決6連戦になる

それだけ最後の戦いとなる6連戦の最初の相手が、巨人戦である
気が付けば対巨人戦も11勝10敗

あれだけ勝ち越していても、シーズン終盤に毎年
勝ちこされ、ペナントもサクっと持って行かれる

相変わらずね、シーズン終盤で疲れ果てて居る所を
抑え込まれて大事な場面で失点して意気消沈してというね

応援するサイドからすればかなり引きずってしまう展開を
毎年8月下旬から9月にかけて見せられてしまうのだ

中日戦の3連敗は私の中でも想定外だった

どう考えても2勝1敗で行く為の戦い方をすると思ったが
それも出来なかったのが現状である

上本の代わりはおらず
梅野の代わりは鶴岡しかおらず
ライトは相変わらず固定化されず、左右病対象ポジ

この厳しい状況下での満身創痍の戦いは
応援する立場からすればたまったもんじゃない展開

来季に繋がると言えば繋がる戦いをしているが
優勝を争う戦いとしてはどうしても???になるファンが
多いのも現実なのだろう

ただ、
西岡も居ない、福留もこの状況
上本も大和のゲッソリ痩せてギリギリの戦い
梅野は完全育成先行投資で打撃を捨ててでも
配球術を学ばせるという覚悟の状況
変わりの鶴岡は打撃不振極まりない状況


この状況下であってもこの時期まで優勝争いをしている事が
凄い事なんだよね

投手陣を見てもそう
能見は完全に80球肩状態
ルーキー岩貞、岩崎がローテを守る状態
メッセ、岩田、藤浪で凌ぐローテーション
中継ぎは勝ちパターンの防御率が大炎上

松田は離脱中、伊藤も離脱中
渡辺も加藤も不調が続き秋山、岩本は伸び悩み


投手陣大炎上な状態が明確に出ている

正捕手はルーキー梅野を主に戦っている

それでも2位3位にちゃっかりついている

中西コーチも頭がイタイシーズンだったと思う
まだ続いているんだけれども((((((((爆)))))))

この投手陣で戦っている事事態凄い事だよ
ローテも回しているのだけど、暗黒時代一歩手前だから
少年時代に応援したクラウンライターライオンズの
投手陣とほぼ変わららないからwwwww

しかし、その中でも
高宮復活の兆しが見えて、金田活躍の姿を見れた
岩貞も岩崎も戦える経験値を着実に積み上げている
1軍に上がってないが、藤原も球速を上げ制球調整の段階
更に小嶋もストレート主体の強気の投球に変えている

来季が楽しみな状況土台は着実に積み上げているのだ


気が付けば
藤井の居場所が無くなり
貴浩もベンチで待機状態
良太もベンチスタートが主となり
福留も不調であるが、ベンチスタートが増えた


それだけ若手がポジションを奪っている証拠でもあるし
ゴメス獲得が大吉であったことも事実

投手陣が伸びて野手陣のスタミナがつけば
阪神の来季は今年以上に伸びると信じている

絶対に走り込み根本の自主トレを選手達がガッツリと
行っていれば、こんなことにはならない事も書いておきたい

絶対に走り込みが足りないんですよ
もっともっとガッツリ走り込んで足腰を完全に鍛えながら
徹底してスタミナをつけてキャンプに挑まなければダメ

バット振ってキャッチボールするのであれば
自主トレは徹底して走り込んでスタミナと足腰の鍛錬に
ガッツリ時間を費やした方がいい

え?ウエイトトレ?
確かに必要でしょうよ
それ以上に走り込む自主トレを徹底して宿題として
球団が言い渡すべきだと思う

キャンプ初日は自主トレ成果の体力テスト位のねww
トライアスロンバンバンモードとかねwww
ボール握る、バット持つ、グローブはめる前段階でね
吐くまで走らせてスタミナつけさせた方がいい

え?どうしてもグラブはめたい?
高代さんアメリカンノックお願いします


それ位走り込んでないから、この時期にこんな無残な
足腰疲労困憊となり、毎年バテてシーズン台無しにして
納会を迎えると言うね(汗)

ダメですよww走らせなければww
首脳陣を批判する輩が多いが、選手も批判すべし

指導しても対応出来ない体力は
選手にも半分責任があるって事

で、杉内攻略ですが
出来ますかねぇ(汗)wwww

やるしかないでしょう!
針の穴を通してでも攻略してもらいたいですね

杉内のコンディションの見極めは簡単です
左打者に対してのインコースの制球です
左打者に対してストレートがインコースに走って
ストライクを取れていたら左打者は絞る球はただ一つ

今成と鳥谷のポイントはアウトコースへのスライダー
弾き返せるレベルまで来てると私は見ています

右打者は
アウトコースへのチェンジアップとストレートの
見極め一本ですね


最後に左右の共通点で捉えるならば
スライダが中に入ったら迷わず引っ張る事ですね
流して綺麗な打撃なんて出来ない打者が多いのだから
センター返しか?引っ張り系で甘く入った球を弾き返すのが
一番だと思います

ストレートは甘く入ってくる以外はファールでもいいと思う
球数を投げさせるべきです

後はどこまで軸足が踏ん張れるか?
本当に祈るような想いで打撃陣を見守りたいです

メッセが打たれたらそれはそれで仕方がないと思う
とにかく明日からは気迫の気合いの6連戦

最後まで受け身にならず責める体制で挑んでもらいたいですね

杉内の球威なら
私は迷わず狩野スタメン

彼はチェンジアップに対応出来るよ
*---------------------------------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  

記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております
正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら


虎心不動のツイッターはこちらになります


御遠慮なくご登録くださいませ^^
*---------------------------------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 04:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014 Tigers