虎心不動TOP

.com/txcou

2014年09月15日

球威が魅せた悪いなりのピッチング



今日のメッセは立ち上がりからイマイチだった
藤浪同様、球威ある投手は制球が乱れても騙しが効く

今日のメッセが正にそうだったと思う

ストレートは暴れてる
カーブもフォークも完全にボール球状態

ここ最近の阪神の立ち上がり不安説は慣れて来ましたが
大一番の試合では流石に見ていて冷や冷やしますね

今日の初回ロサリオに投げたスライダー
ドキ!っとしましたねww
ど真ん中に入りましたが、打ち損じで内野フライ

あれが一番怖かったかなぁ

松山との9球の勝負
まぁ普段のメッセならあんな球数要りません

ストレートは高めに浮いてしまう、カーブは低目でも
広島は当てて来る
松山は根気強く粘っていた

あれはもう我慢比べ

広島は低目打つのが滅茶苦茶上手いよ
打撃コーチを褒め称えるしかない状況

ボールゾーンでも真ん中低目は当てて来ます
それがヤクルトよりも怖い打線なんですよね
松山はアウトロー低目のボールゾーンへカーブを落して
三振でなくゴロで仕留めた

当てて来ますね(汗)

低目を打って来る事で、アウトローに緩急をつけてカーブで
仕留めたのはバッテリーの勝利でもあった

広島打線は、塁に出てからとにかく足が怖い
機動力という野球はバッテリーの集中力を欠く
鬼門の初回を乗り越えた後、
メッセは悪いなりのピッチングがしっかりと出来ていた

とにかく高めでも球威あるストレートを武器に
緩急をつけて打たれたらしゃーない位の配球で
広島打線と対峙し出した

梅野も腹くくった配球を見せてくれた

スライダーとカーブ、フォークにSFF
メッセはたまにツーシームを織り交ぜながらの
凌ぐ為の投球を行っていたが、高めのストレートが
ボール球だったのがこれ幸いでも不幸でもあった

不幸だったのは球数である
三振を取る為のシナリオがかなり遠回りしていた事
無駄な配球に感じるかも知れないが、あれしか方法が無い

変に低目をついても、今日のメッセの制球ならば
腰のラインに行って打たれていた可能性が極めて高い

だったら思いっきり腕を振るしかないだろう?
力でねじ伏せる為の緩急を如何なく発揮した

中4日、確かにメッセの疲れは早めに訪れた
前回は78球で下げた事が幸い
それが今日の広島戦登板のシナリオだったのだから

6回メッセの球威が落ち始め、制球がさらに悪化した
ロサリオ四球を見て限界を感じた
天谷のヒットで1アウト1−3塁

ここでバッテリーが考えたのは何だったのだろう?

全力で投げよう!

バッテリーが決断したのはストレート勝負
下位打線と言うこともあったのだが、あの場面は
もうアップアップ状態に近かった

能見が崩れてもメッセが崩れない理由
緩急と最後の底力である


メッセは思いっきり高めだろうがストレートを投げた
その結果が木村ファールフライ

田中にはストレートで追い込んで最後にここ一番の
フォークで空振り三振を奪った

7回もストレート主体でガッツリ投げ込むメッセ
キラ四球で代走赤松が出たが、落ち着いていた

メッセと相性が悪かった堂林が犠打で2アウト2塁
これ幸い
野村監督は疲れたメッセと堂林を勝負させずに
犠打のサインを送った

残るは菊池
一番怖いバッター

でも2アウト2塁だから
メッセは菊池に集中すればいいだけの状況
今度バッテリーが選んだのは変化球だった

菊池はストレートを打てる自信があっただろう

ストレート主体で配球を組み立てている
6回と7回の阪神バッテリーの配球を
菊池は分かっていた筈

そこでカーブとスライダーで勝負した
最後は腰のラインのスライダーをボールゾーンへ
流してセカンドゴロを誘った

低目でもないストレートでもない

初球のカーブでストレート待ちの菊池を詰まらせようとした

後はスライダーを連投して菊池を打ち取った
ボール球のスライダーだった

完全にイケイケの感情高まる菊池を
あえて変化球で打ち取った


この配球はお見事だったと思う


さて、打線の方ですが
久里は阪神が最も苦手なタイプである

まず、ストレートにカーブで緩急をつける
カットボール、ツーシームで打たせて取る
チェンジアップとフォークでも空振りも狙える


カットボール、ツーシームとフォークのセット
これ本当に苦手なんですよね

何が駄目か?
ツーシームに緩急を与えるタイプ
ツーシームだけで140キロ前半から120キロ中盤で投げて来る
そのツーシームがカーブ以外の変化球と速度が同じに合わせられる

見た感じシュートとツーシームも投げ分けてると思いますね

これは確かに絞りにくいですが(笑)

ただね、打てない投手ではないのよ

ツーシームに狙い球を絞っても、騙されている状態
ツーシームに緩急をつけられたらてんてこ舞いでは駄目w


これでは打てるわけがないわけwwwwwwww
こんな攻略レベルでどうやって
ペナント制する事が出来るのさ?

関川さん?
どうなんよ?
って事

ただ久里も84球で交代となった
キラで代打で降板となったんですよね

これ幸いだったと思う

中田に変わったら打ちましたですね
福留の本塁打、西岡の3ベース、上本のタイムリー
結局中継ぎになって打って勝てたわけですが
それも野球ってことだろうね

広島の投手陣はそろそろ疲労困憊ガッツリ来てるので
巨人戦との星取り合戦も恐らく巨人に負けると思う

ここ一番でガッツリ疲れると思う
だから阪神に最後は5−0で負けたのだと思う

阪神がこれからどこまで勝ち星勘定を上げられるか?
神宮で勝ち星を増やしてもらうしかないでしょうね

今日の試合を見て思った
福留、西岡、マートン
ここ一番で打ってくれた選手は凄い
久里を打てばもっと凄かったと思う

確かに久里も良かった
仮想ライアンだよwあれはwwww


*---------------------------------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  

記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております
正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら


虎心不動のツイッターはこちらになります


御遠慮なくご登録くださいませ^^
*---------------------------------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 03:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014 Tigers