虎心不動TOP

.com/txcou

2014年10月01日

和田阪神 自力2位も消滅



自力2位もついに消滅

阪神が明日負ければその場で3位決定
明日阪神が勝っても、広島は巨人と対戦して勝てば2位

つまり広島が2連敗しない限り阪神は2位になれない

1敗も許されない状況で、3連勝でストップした形だが

9月全体を考えれば、よくここまで勝ちを伸ばして来たと思う
6連敗込みでここまで這い上がって来たのだから
増して、今成、良太を欠いての9月だったが故に
よくここまで9月勝ち星を伸ばしてくれたなっと思うわけ

ただ、この9月の最後の最後に
マートンとゴメスがもうアップアップ状態になった事
上本がもう限界値を超えてのフラフラで頑張った事
貴浩も状態を落して7番が大ブレーキ状態になった事
8番捕手が打てず、梅野育成を保留にしたが、
鶴岡迄打撃不振で藤井さんまで打てなかった事


7、8番が完全ブレーキ状態では
梅野捕手育成はさすがに中断せざる得なかった

確かに捕手に経験値を与えている場合じゃない状況

北條を上げたのは良かったが、全く起用する機会もなく
実に残念極まりない状況下に陥った
1軍初デビューにはさすがに荷が重たいと感じたか?
代打でも使ってみれば面白かったのにと思えて残念

CS甲子園開催は、球団にとっては
収入源の核となる大きな開催試合となるだけに

CSはやはり嫌いだとなってしまう
若手育成の場を完全に潰しているシステム
昔のCS制度がない消化試合の制度は確かに盛り上がりが無い
消化試合は本当に大好きなファンしか見ない
ミーハー感覚のファンにはかなり詰まらない時期になるが
球団としては育成の経験値を一番与えられる機会なんだよね

やっぱりペナント制覇同士が戦ってシリーズはなんぼ
CS制度がない方がペナント制覇の価値がある

Aクラスなんて開幕開催地の特権とか
順位によって開幕対戦相手が変る程度にしか思えない
ペナント制覇こそ最高の価値がある
それが駄目なら育成モードの方がずっと来季に繋がるよ(笑)

CSに関しては未だに
心狭き私が居る(笑)wwwww



では今日の試合です(笑)

今日の山口を打ち崩せなかった阪神
今日の山口は実に良かった
素人辛口評論家の武蔵寅之助氏も同様の見解で居た

彼も山口を打ち崩すのは大変だっただろうが
絶対に打ち崩せなかったわけではなかったと考えている

私も彼と同じ考えである

まず山口のフォーク
阪神打線は間違いなくこのフォークにしてやられてた
ストレートとフォークの見分けが振る瞬間まで
見極められていなかった感がある

それだけ切れ味が抜群で軌道もフォームも
完璧な山口が居たのだと思う

フォークの切れ味抜群であったが、三振の数を見て
お分かりの通り、統一球元年の配球で攻めていた

ストライクゾーンに堂々とフォークを投げている
握りを浅くしてSFFにして球速を上げて芯を外す
方向性で併用していた

フォークとSFFを使って
芯を外して打たせるエコ投法


連戦続きの横浜にとってはそれは重要なのだ

それに完全に踊らされたのが阪神打線だったが
2ストライクに追い込まれて受け身になって居た

阪神の一番悪い癖
フォークの投手相手には特にそう

2ストライクに追い込まれても平常心でなければならない

逆に2ストライクになったら見せ球が来る
その次はフォークでボール球を振らせる筈


そんなヤマを張って振るのを我慢するのも野球の駆け引き

ファールで粘って何とか3ボールにしようとする
その意識を全く感じさせられなった


ストライクゾーンに来たフォークやストレートの判別に
戸惑いながら振っていた感がある

だから淡白な攻撃になってしまい
結果的に山口のペースを作ってしまったと思う
山口のエコ投法をやらせてあげた感がある

円陣を組んでも意味がない
効果も何も出て来なかった

どんな策を練っただろうか?
どんな指示を出しただろうか?


フォークを決め球とする投手を攻略するには
三振覚悟でフォークの配球を読む事
振って騙されて空振りをするのではなく
配球をデーター化する為の見逃しも必要

如何にボール3にするか?の戦い

フォークを決め球にする投手は3ボールになった瞬間
SFFかストレートかスライダー
ボール球のフォークを振らせるには相当の切れ味と
制球が必要となるわけだから

3ボールになれば
狙い球が絞れるわけ


3ボールにする戦いをベンチは
何処まで考えていただろうか?

それともそれすらできない打線だろうか?


ハッキリと言える事は
その駆け引きをしなかった為、山口の球数を
多くなげさせることが出来なかった事だけは確かだ

広澤打撃コーチならそれをさせただろうし
それが出来る打線だっただろうね

山口を打ち崩してKOするに越したことはないが
それが難しければパターンBも絶対に必要
特にフォーク系の速球派はそれも立派な攻略

この時期は中継ぎ陣が干上がっているのだから
先発を出来る限り引っ張りたいのだから
それを出来なかった阪神打線はダメだったね(笑)

それが出来ていれば
試合終盤の代打攻勢も全く違った形となった筈

西岡と関本は145キロクラスを超える
球威溢れる速球派からジャストミートで真芯で捉えられる
確率はかなり低い状態となっている

山口の8回の代打は、先陣は絶対に
速球派に対応出来る隼太が良かったと思う
國吉クラスのストレートは隼太も振り遅れる傾向がある(笑)

ただあの8回の山口の速球なら弾き返せた可能性が高い

理由はただ一つ
フォークがヘタレ始め、見逃す事が出来る状況にあったからだ
あのフォークなら隼太でも見逃してボール先行出来た筈

なんでも西岡関本では駄目だと思う
かなり速球派に簡単に2ストライク奪われすぎる

実績も確かにバロメーター
でも今この瞬間の状態も
重要なバロメーターだと思う


俊介、隼太は代走要因ではないのだから

明日の広島戦が全てとなるし
公式戦全日程の最後の試合となる

マツダは藤浪もメッセも打たれる傾向が強い
明日は変化球投手である能見が先発する
明日は80球肩の能見の見切りが大きなポイント

絶対に能見の後は左のワンポイントの高宮を挟んででも
安藤か?明日上がって来る投手へ引き継いで
藤浪、松田、呉昇桓へ繋げて意地でも勝って欲しい

広島は中継ぎ陣が大崩壊中であるが
阪神打線も実に厳しい状況

如何に大瀬良を早く下げられるか?がポイントとなる

とにかく球数を投げさせること
それしか方法が無い位、打撃陣も疲れ切っている
明日が最後の公式戦
何が何でも維持を見せて、2位だろうが3位だろうが
どうでもいいから明日の広島戦だけは勝ってくれ

真っ赤な熱い広島ファンを黙らせる位の
試合を見せてくれ!

*---------------------------------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  

記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております
正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら


虎心不動のツイッターはこちらになります


御遠慮なくご登録くださいませ^^
*---------------------------------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 01:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014 Tigers