虎心不動TOP

.com/txcou

2014年10月11日

配球で見る広島主力打者の攻略


さて、明日からCSが甲子園で開催される
打と足の広島
投手陣は怪我で満身創痍であるが
前田クラスが中4日であっても、攻めあぐむ我慢の
観戦となると思われる

前田攻略のカギは打たせて取るピッチング
必ず来るので、その配球に騙されず
少しでも多く球数を投げさせて疲れさせること
ファールを出来る限り心掛けて欲しいが
思わず打ちに行っちゃうだろうなぁ(汗)

さて、今日は虎心不動らしく
配球でどうやって主力打者を抑えられるか?
書いてみようと思う

広島打線は確かに怖いが
甲子園オンリーのデーターで見ると意外と大丈夫

ちなみにあの菊池は甲子園では意外なデーターがあった

シングルヒット以外打ったことがない

甲子園とは相性が悪いわけではないが、長打的な見方をすれば
意外と菊池は単打で塁に出ている状況

まぁシングルヒットであっても打点になる時はなる(笑)

今日は、菊池、丸、エルドレッド、ロサリオの攻略を
虎心不動の視点で書いてみようかと思います

少しは苦手コースを頭に入れて観戦するのも
面白いもんですよ^^

藤浪とメッセをデーターとして配球を書いてみました


菊池
ストレート、スライダー、カットボール系に強い
カーブを安打するのが非常に上手いので
ストライクカウントを奪いに行く初球のカーブは要注意

フォークとチェンジアップに若干難があるが
結局はコースによるだろう


まず低目打ちが実に上手いバッターである
アウトローへの対応力が非常に高いのが特徴

彼はスライダーのアウトローを難なく弾き返せるタイプだ

力あるストレートでファールを打たせたいが
甘いコースへ行けば確実に前へ飛ぶように当てに来るだろう

如何に?2ストライクに追い込むか?がポイント

ちなみにアウトローへの対応力は
変化球に対しての方が強い
アウトローの4シームストレートだと
意外と振り遅れる傾向があるのだ


アウトコースの腰のラインも実はストレートを
振り遅れる傾向がある

アウトローに強い反面
インローにはめっぽう弱いのも特徴

インローは変化球でも大丈夫だが
短気決戦である為に死球も命取りとなる世界

メッセ、藤浪であれば、アウトコースの
ストレートとフォークで勝負するのが手堅いかも知れない

力あるストレートで勝負を挑み
ここ一番で藤浪ならカットボール
メッセならフォークボールで勝負に挑むのがいいと思われ



丸は菊池以上に警戒しなければならないバッター

甲子園で今年5本の2ベースを放ち4打点をあげている

ストレート、シュートにめっぽう強く
チェンジアップへの対応力もしっかりと出来ている

しかし、カーブとフォーク、カットボールに対しては
さほど強くないと虎心不動は読んでいる

スライダーとフォークで空振りを取るのがいいだろうが
大事なのはどうやって料理するか?である

ちなみに丸はストライクを取りに行く瞬間が危険
カウントが
1−0、2−1、そして3−1のカウントの時に
4割を超える打率を誇っている

ボール先行の時にストライクカウントを奪いに行く際に
しっかりと打ちに出て来るデーターも揃っている

メッセ、藤浪で行くのであれば、まず力あるストレートと
カーブなどを使ってファール、見逃しをさせる事が大事
如何に2ストライクに追い込むか?が重要となるだろう


インローと腰のラインのインコースを
引っかける癖がある


そこを突けば何とか抑え込めると思うが

制球力の問題となるので、藤井さんがマスクならば
この打者だけはインコースをガンガン攻めてもらいたいです

藤浪ならカットボール
メッセならカーブとフォークで対応出来ると思う


エルドレッド
ちなみにエルは藤浪とメッセが大の苦手である
打率は二人に対して2割打ててないのが現状

エルは仮想ブラッズである程度攻略が出来る

アウトローのボールゾーンへ逃げるスライダー
アウトローのチェンジアップ
ボールゾーンの低目のフォーク


この3種類の攻めである程度抑え込むことは出来るだろう

しかし、侮ってはならない
失投は絶対に逃さないタイプ

甘いコースへ来たスライダーやストレートに関しては
本塁打を放つパワーを持っている

シュート系のボールにめっぽう強く
特にインコースハイ打ちは大の得意である

短気決戦なので
インコースへ見せ球を見せる必要性はない
中に入って高めに行ってしまえば
一発で打たれてしまう可能性が高い

1点勝負の短期決戦
エルドレッドは三振狙いで配球を組めば大丈夫

アウトローのボールゾーンが
一発で空振りを奪いやすいタイプである

フォークの握りを浅くしてストライクゾーンに
打たせて取るピッチングをすれば一発で
弾き返される可能性が高いだけに要注意である


ロサリオ
この打者が一番警戒しなければならないだろう
甲子園では3割4分8厘の成績を残しており
本塁打も打たれている

しかし弱点もぶっちゃけある
失投をしなければ絶対に抑えられる打者である

彼はストレートとスライダー、シュート系にめっぽう強い
チェンジアップへの対応力も実に高いが

カットボール、フォーク、カーブに関しては
かなりダメなタイプでもあるのだ


早いカウントで打ちに来るタイプで要注意だが
配球を落ち着いて組んで行けば、
意外とフォークとカットボールにやられちゃうタイプ

カーブでストライク先行してもいいだろう


コース的には真ん中の縦のラインは
高めだろうが低目だろうが弾き返して来る
インコースも同様で高めでも低目でも
問題なく腕を畳んで振り抜いてくるタイプである

この打者の弱点はアウトハイのストレートと
アウトローのカットボールとフォークやカーブになる


制球が高めに行きやすい時はこの打者はマジで怖い


本当は會澤や田中、松山も書きたいのですが
これ以上書くと長文過ぎてクレームが来ますのでこの辺で

結果的にメッセ、藤浪であれば
制球が全て
でしょうね
きっちり低めへ球を走らせられるか?
アウトコースへキッチリと投げられるか?

広島の選手は高めでなければ
意外とアウトコースに弱い選手が多いので
藤井さんでも対応出来ると思われ

一番怖いのは菊池だと思われ
失投はエルとロサリオ、丸が長打で来ると覚悟して
観戦すれば間違いないでしょう

こうやって見ると意外と抑え込める打線である
疲労蓄積は絶対に広島の方がキツイはず

2戦でとっとと決めてしまいましょう!!
*---------------------------------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  

記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております
正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら


虎心不動のツイッターはこちらになります


御遠慮なくご登録くださいませ^^
*---------------------------------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 01:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014 Tigers