虎心不動TOP

.com/txcou

2014年10月12日

能見で連勝は可能性大


メッセンジャーの力投が光った試合
福留が逃さんかったストレートを本塁打し
虎の子の1点をメッセと呉昇桓のタイトル助っ人コンビで
広島打線を黙らせた勝利であった

CSでの勝利の美酒は最高ではなかっただろうか?

CS反対派の私でも
出た以上は下剋上でも何でもいいから
勝ち進んで欲しいと思う処がある

いざ試合になるとCS反対派は燃えてしまう(汗)
すいません。。。。。矛盾しちゃって(笑)

そのCSで東京ドームチケット王手を先手出来たのは
阪神サイドとしても広島サイドとしても
とてつもなく大きな1勝であり1敗でもあった

両エースの投げ合いで
中4日の満身創痍の前田の投球
7回投げて1失点というゲームメイクは出来ていたが
短気決戦はケームメイクを称える前に
勝ってもらわなければならないわけだから


あの1失点が痛過ぎたし
あの本塁打は実に貴重だったと思う


メッセのスタミナ切れの速さに驚いたが
それは仕方のない事である

初回から全力で投げた結果が8回完封

呉昇桓へ回すだけの最高の仕事を105球で魅せてくれた

さて、明日は能見VS大瀬良である

昨日菊池、丸、エル、ロサリオの4人のメッセ対応の
弱点を書いたのだが、意外と反響を頂いたので(笑)

今日は明日の能見投手との相性や実績面を考慮し、
久々に配球図で書いてみようと思う

一つだけ言える事は
阪神2連勝で
東京ドームチケットGETする確率は高いはず


その全てが明日の能見の投球内容にかかっているし
同時に打撃陣の大瀬良対策がどこまで通用するか?

実に楽しみな1戦である

では昨日同様で菊池丸エルロサの4人の
能見との相性と左投手のデーターを元に
広島打線封じ込み成功を願いたいものです(笑)

では行きましょうか?^^

菊池
菊池は右打者であるが、左の能見を苦手としており
今シーズンの打率は1.11である

左投手に対しての菊池のコース攻略は
意外なデーターが存在している

001.jpg

左打者が投じるスライダーやインコースのストレートに対して
インハイとインローはよく打つ菊池なのだが
腰のラインのインコースは1.11の打率である

能見のスライダーとストレートが通用すると言うことである

更にアウトローのストライクゾーンと
アウトローボールゾーンになる低目のボールも
実は菊池は苦手としているのだ

明日の能見の配球でこの苦手3コースをどう攻められるか?

どうやって菊池からストライクカウントを先行させるか?

アウトコース、インコースのストレートでファールを奪うのが
一番望ましい配球であるが
とにかく明日の能見の状態次第である

ストレートの球威があれば、インアウトの振り分けたストレートで
充分ファールを取れると思う

無駄な配球を如何に最小限に抑えて菊池を攻めきるか?
が大きなポイントとなるだろう


私が捕手で能見のストレートがそこそこあったならば
ストレートとスライダーを上手く振り分けて
インアウトに散らしてここ一番でフォーク

逆を突いて得意のチェンジアップをインコース腰のラインを
狙って打たせて取る配球を組むと思う

菊池を黙らせるのを能見は状態次第では
意図も簡単に出来るだろうが・・・・・・・・
菊池に失投は絶対に許されない事も付け加えておこう



実は丸は今年能見と対戦して居ながらも
安打を1本たりとも放って居ない

相性の問題も実在すると思うが

もっと面白いデータがあった

左投手から見ての丸の最大の弱点
002.jpg

アウトコースボールゾーンに逃げる球は
高かろうが、引くかろうが打てない
恐らく体が泳いでしまう癖があるのだろう


更に高めの吊り球
当然ボールゾーンを指すのだが
これも全く打てないデーターが出ている

これは能見にとっては得意中の得意である
高めの吊り球でファールを誘い
スライダーでアウトコースボールゾーンへ
アウトコースが弱いのも如実に現れている

ストライクゾーンのアウトローも打率が悪い

能見にとっては状態さえ良ければの話だが
問題なく攻略出来るのではないだろうか?

しかし、気をつけなければならない点もある
フォークを真ん中低目ボールゾーンに入れても
丸は弾き返せる能力がある

インローボールゾーン
アウトコースボールゾーン
にフォークを落す感覚で投じれば問題ないだろうが
失投がゼロという保証は絶対にないのだから

失投を逃さず捉える事が出来るからこそ
3割バッターである事を忘れてはならない
それは菊池にも言える事だろう


エルドレッド
能見とは奇しくも1試合しか当たって居ない
3打数1安打で2塁だを能見は打たれているが
恐らく失投による被安打だと思われる

能見の球種であれば、エルを抑える事は
そう難しくないと思う

この打者は三振が多いので
短期決戦には不向きかも知れない

003.jpg
実はそれはゴメスにも言える事である
ブラッズもそうだよね?

攻略されればついつい手が出てしまうタイプだけに
エルドレッドはデーター戦略で攻めればさほど難しくない筈

まずエルはアウトコースボールゾーン全般
低目ゾーンボール球全般
更にインローとインコース腰のラインのストライクゾーン
更に更にインローボールゾーンが弱い

これだけの範囲で打てないと言うことは
変化球への対応力がイマイチなんだと思う


ストレート、シュート系、スライダー系が打てても
ボールゾーンへ逃げる変化球をどうしても手が出る打者なので
短気決戦では失投をしなければらある程度抑えられると思う

能見のコンディション次第では
4打席連続三振だった可能である



ロサリオ
能見を得意とする打者であり、能見サイドとしては
最も注意すべき打者がこの男である

6打数3安打1本塁打を浴びている
最終戦のマツダスタジアムで失投を放り込まれている
004.jpg
能見の場合低目の制球が生命線となるが

ロサリオ攻略のカギが
インローとアウトローの
低目の両サイドのストライクゾーンが苦手である


しかし、そんなに上手く低目の制球がバンバン決まる
大当たり日出ない限り、そんな攻略は無理難題

ただ、針の穴を通す程難しい相手ではない

ロサリオの左投手に対する弱点は
決め球フォークが低目に落ちれば空振りを取れる

ストライク先行するには
高めの吊り球を苦手とする選手なので
ハイボールヒッターではあるが、吊り球クラスの
ストレートに手を出す可能性は高いのも好材料である

またアウトコースボールゾーンの腰のラインへの
対応力もガサツであるので、そこも攻め所である


インローにスライダー
アウトコース高めの吊り球でファールもしくは空振りを狙い
フォークで仕留める

三振を奪う配球で攻めるべき打者だと思う

ただこれだけは分かって頂きたい
投手も打者も生身の人間であるから
データー通りには行かない時も多々ありますので
それだけはご理解の上でご参考下さいませ


問題は能見のスタミナが切れた時である
今日はメッセが8回まで力投したが
8回はもうストレート自体がアップアップ状態で
上ずりまくっていた

能見はメッセと違ってストレートでゴリ押し出来るのは
疲れる手前の段階であり、疲れはじめたら
点差によっては即交代すべき対象投手でもある

松田、呉昇桓の8回9回は鉄板で行けるだろう

問題は7回まで能見が持たなかった場合であるが
クリンアップでなければ、福原のストレートでOKだと思う

大事なのは明日は短期決戦の最終戦のつもりで
早め早めにベンチが動くべきである
高宮が丸対応の左のワンポイントでもいいのだから

最終的には大瀬良を打ち崩れる下位打線が
構成されるか?どうか?である

西岡は明らかに本調子ではなかった
150キロクラスのストレートには対応が遅れている
140キロ後半のストレートであっても球威があれば
詰まら背気味の打球が多い可能性が高い

明日も今日とほぼ同じメンバー構成で来るだろうか?

短気決戦であれば
鳥谷 大和 マートン ゴメス 福留 上本 坂 藤井
の打順でもいいのではないか?と思っています

明日の広島戦は絶対に熱いです

大瀬良と能見の根比べですね

下位打線の機能がカギだと思います
*---------------------------------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  

記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております
正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら


虎心不動のツイッターはこちらになります


御遠慮なくご登録くださいませ^^
*---------------------------------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 00:47 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2014 Tigers