虎心不動TOP

.com/txcou

2014年10月31日

日本シリーズで阪神が丸裸にされた大きな要因



メッセの力投空しく敗戦となった阪神
これでソフトバンクの日本一が決定した

実に残念な試合だった
甲子園に帰れると確信していただけに実に残念

メッセは立ち上がりからフォーク、カーブを巧みに使いこなして
ソフトバンク打線を翻弄した

さすが阪神のエース
最多勝投手、奪三振王投手

メッセらしい投球で回を重ねて行った

メッセは投手戦の我慢比べに強くなった
それが最多勝をもぎ取った大きな要因でもある
今日もその我慢比べの展開となった

摂津の配球を見て驚いた
見せ球であるカーブを決め球に
決め球であるシンカーを見せ球にした


この配球は当然、ソフトバンク首脳陣が組み立て
ブルペンから数日前から調整に入っていたと思う

その摂津を見事にリードした細川は凄い

阪神の最大の弱点である
カーブ打ちが下手


これは数年前から虎心不動で訴え続けた課題でもあった

スライダーとチェンジアップを打てればいい
わけではないだろうが、カーブをないがしろに
し過ぎた数年間は事実である

山なりの変化球に引っかけるのを恐れ
2ストライクまで見逃すのが当たり前だった阪神


短期決戦で武田に丸裸にされてしまった
そのデーターを正に今日の試合で
摂津と細川が完璧に使いこなした感がある

西岡は2安打のマルチヒット
シンカーを泳ぎながらも腰で踏ん張ってスイングしていた
確かに西岡の存在は大きい

今日の打線の組み替えは???だった

マートンを1番にした
安打製造機のスタイルで行こう
それは分かるが、今日やるなら上本だったと思う

DH制度
打線を繋げる構成を如何に作り上げるかがポイント
私ならば
上本、鳥谷、西岡、ゴメス、マートン、関本、福留、藤井、大和
この打順で繋がる打線を形成したと思う

いずれにせよ虎心不動は所詮ファンサイトだからw
ここで打順を書いても何のお役にも立てないのだが(笑)

何しろ縦のカーブにてんてこ舞いのブンブン丸状態
これで打撃コーチ陣も手の打ちようがない

そりゃそうだ
カーブ打ちを重要視せずにシーズンを戦い続けた結果が
この短期決戦に出てしまったのだから
打撃コーチに責任があると思う
これだけカーブが打てないのは問題だよwww

このブンブン丸は徹底してソフトバンク同様
セリーグの各球団が攻略として使いこなして来る筈

カーブをホームランしろとは言わない

攻めてストライクゾーンに来たカーブをしっかりと
弾き返せる位の打線を作り上げてもらいたい

カーブを空振りしてはストレートの甘いコースを
ファールするシーンが今日も目立った

ストレート一本に絞って居ないわけではないが
後手に回っている事だけは確かだろう

溜めと壁を作ってストレートを
振り遅れている様では
どうしようもないのだから


これが今回のソフトバンク5戦の大きな反省材料だろう

細川に縦の変化球
緩急をつけた配球
ボールゾーンを振らせる配球


細川にしてやられたシリーズだったと思う

阪神打撃陣は丸裸にされた状態で
ソフトバンク投手陣にガッツリやられた

この縦の変化球と緩急の対応力の無さ

これはソフトバンクにとって楽に戦えた部分であっただろう

しかし、阪神が全て受け身になって居たとは思えない
このシリーズで投手陣の活躍は確実に光り輝いていた

確かにここ一番で打たれていたが、先発陣はゲームを
しっかりと作って居たし、打線次第では勝てる内容の
投手陣がここに存在したのは事実

CS始まって本当に投手陣は最後まで好調を維持出来たのは
虎心不動としては嬉しい限りだった


しかし、欠点もあった
その欠点の一つが捕手層である

藤井に頼るしかなかった現実
これを虎心不動は重たく受け止めている

彼はファームで長い期間過ごしていた
その割には打撃が酷かった
確かに強肩だが、それ以外はぶっちゃけ普通レベル

昨日の明石へのフィルダーチョイスもそう
ここ一番でどうしてもやらかしてしまう
この小さなミスが大きな失態なのが短期決戦である

昨日の呉昇桓のカットボール無しの配球もそう

メッセとマツダの行き詰った8回の攻防戦
メッセも最後の本気投球でストレートもガンガン状態
フォークをフル活用する為のストレート
この回が最後なのは誰が見ても一目だった

内川に打順が回った瞬間に
トップギアにギアチェンジしたメッセ

しかし高めに行ってしまう状態

松田もフォークに対応すべきストレート待ちの体制

そこで藤井が選んだ勝負球はカーブだった

何とかファールにして焦った松田
次に投じた緩急をつけてストレート勝負
打たれましたねぇ(汗)

松田がストレートを待ってフォークの緩急に騙されず
カーブを当ててやっとこさっとこの仕草を見て

私ならフォークか?カーブの連投をチョイスしていた
スライダーでもいいと思った
藤井がチョイスしたのは緩急をつけた後のストレートだった

ストレートを待っている打者に、あのような不用意なストレートは絶対にチョイスしてはいけない
それが短期決戦の勝負所ではないだろうか?

女房役として最後の力を振り絞るメッセに対して
余りにも単純明快な配球に私は残念に思っている


来季こそ梅野主で頑張ってもらいたい
そこに小豆畑が出て来てくれれば面白い展開となる
捕手育成は絶対に実戦形式で積み重ねるしかない
梅野がその土台をある程度作れたのだから
来季は使い込んで欲しい

梅野、アウトローのスライダー
立っているだけでいい位の癖をつけろ
あのブンブン丸ではあの打率になるのも当然の話

今年は見守ったが来季は見守る気はない
とにかく走り込んで鍛えまくって欲しい


もう一つがサード
毎年恒例だが、鳥谷のMLB行きが報道されたが
今年は確信持った記事に見える

鳥谷の件は置いといて
まずは西岡にしても関本にしても短期決戦では
西岡は守備で、関本は打撃面で答えを出せなかった

突貫のサード守備
代打の切り札がいきなりスタメン

どう考えても無理があったか?(汗)
サード補強も視野に入れている阪神フロント
ここも見物である
陽川待ちなのは分かるが、彼の守備力も打撃力も
もう少しかかる可能性が高いだけにね


西岡の最後のアウトに関しては
虎心不動は

立っていれば良かったのにw
四球だったチームにとっては大きなお役目なんだから
俺が決めるという意気込みは西岡らしいと思うが
あの場面は四球が取れた確率が高かっただけに
2ストライクに追い込まれるまで見るべきだったかと(汗)

その一言である


さて、阪神の全日程が終わりました
明日の記事投稿で一旦虎心不動はお休みに入ります

ランキングサイトの停止も行います

明日の記事は阪神ファンと球団について書こうと思っています

最後に短期決戦の阪神は強かったと思う
ただソフトバンクとの大きな差は
データー分析力と捕手とサードだったと思う

明日の記事がとりあえずお休み前の最後の投稿です
宜しくお願いします

*---------------------------------------------------------------------------------*
  
*---------------------------------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  
*---------------------------------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 04:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014 Tigers
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105079602

この記事へのトラックバック