虎心不動TOP

.com/txcou

2011年09月27日

渡辺会長「統一球イラン」発言の賛否を問う


讀賣巨人軍オーナーである渡辺会長が昨日この様な発言をした

「プロ野球の経営者としては統一球ってのはどうだ?
 コマーシャルベースで考えれば、空中戦のほうが面白い」


「日本だけの野球だったら、何もあんな統一球にする必要ないんじゃないかね。
 フェンス間際でみんなホームランにならないでアウト。これで観客数が減ってんだよ」


1981年のシーズンで廃止となった、反発力のある圧縮バットにも言及。

「金属バットにしろとは言わない。圧縮バットに戻したらどうだ」

私は圧縮バットの存在自体を認識していなかった
そう考えると、王貞治や野村克也が打ちまくってた時代は
ホームランが出やすい時代だったんだと改めて認識した

そういった意味では、バース、ローズってのは凄いんだなと思う

最後に渡辺オーナーは

「これは何も巨人だけの問題じゃない 今度、コミッショナーに会ったら話してみるけど」

統一球導入廃止に向けて動き出したと考えてもいいだろう


この発言に

「渡辺なら統一球廃止をゴリ押しでやってくれるかも」

統一球反対派の野球ファンは、期待感を持って手を叩いて喜んだ人は多いかも知れない
各球団のオーナー達が、彼に賛同するか?
それともNLBの組織の決定に従い続けるか?


Jリーグと違ってNLBは経営者が馬鹿強い

経営者主導で動く多数決で決議が多い
政治の派閥構成みたいな古過ぎる体質なのが今のプロ野球界

NLBは形だけのピラミットの頂点的存在である

それは、今年の開幕問題でゴタゴタした時に仕切れず、
最終的には世論、ファンの意見を重視した政治が食い止めると言う
実権力の無い姿を、思いっきり露呈した形となった

野球人気低迷の一番の原因は、ホームラン減少だけじゃない
むしろ、経営陣が主導を握る実質上お飾り的な組織構成と体質に対し、嫌気が差したと
私は考えている



体質の話はこれ位にして、統一球に話を戻そう



統一球でホームラン減少
これは巨人に限って言える事ではない

統一球によるホームラン減少の現象
これは世界基準に合わせてNPBが日本野球の向上をかかげ導入した


私はこの統一球導入に関しては、当初反対派だった

その理由は、野球自体の体質が
サッカーの様な世界レベルのワールドカップサッカーとは
かけ離れたいるからだ


ワールドカップは、国の威信を背負い、プロ選手がオールスターで真剣勝負を繰り広げる
オリンピックはFIFA既定の年齢制限、更にオーバーエイジ枠も決まっている
その事を全世界のサッカーファンが納得した上で観戦している

予選から本戦迄、長期に渡る真剣勝負は、国の威信をかけた戦い

だからサッカーは世界で一番人気の高いスポーツだし
世界レベルのFIFAの管理の元、各国がそのシステムに従っている

リーグ戦を中断してまで、予選や本戦に合わせるのが

世界サッカーのリーグシステム

じゃあ、ワールドベースボールクラッシクはどうだろう?
経営者体質がMLBにも存在していた
世界大会よりも、リーグ戦の方が大事
だから怪我や疲労は非常に困るから、コイツは出さない

この段階でオールスターじゃないからアメリカ本体が盛り上がらない

こんなシステムじゃ、まずサッカーレベルの世界共通スポーツにはなれない


国の威信をかけた本気の戦いを繰り広げてなきゃ、全世界の野球ファンが
ワールドカップの様には盛り上がるわけがない

それ以前に、ワールドベースボールクラッシック自体が、
世界レベルでの基盤がまだ出来上がってないと思う



だから私は、現状は世界レベルなんてイランと、開幕前は思っていました


しかし、統一球に苦しむパワーヒッターを見続けているうちに考え方が変わってきた

飛ぶボールの恩恵を受けてただけだったんだ。。。。
芯を多少外しても、力任せでホームランが打てたんだ
だからこんなに打てなくなったんだ。。。。


こりゃ技術レベルが世界で通用するのが投手に偏っている原因だと思った

この統一球をきっかけに野球の打者の技術レベルを上げるべきだ

そう思う様になって現在に至る

イチロー、城島、W松井、井口、田口、新庄
彼らはMLBで実績を残した野手の選手達だ

彼らは自らのスイングを徹底追及する技巧派バッター達であり、
打撃センス抜群の選手達だ
MLBで苦渋を舐めながらも、改善に改善を重ね、フォームを固定化出来た
でなきゃ、日本以上に飛ばない統一球を使っている
MLBであそこまで結果は出せていないと思う



ああ、そうだw体質の話はこれ位して、話を戻そうwwww



ホームランは野球観戦する上では、最高峰の華である
そのホームランバッターがホームランを打てなくなったのだから
華がなくなった
つまらなくなったと思われているファンも多いのではないだろうか?


そのホームラン減少を覚悟の上で、世界基準に合わせましょうって事で
NPBが統一球導入を決めたのだから、仕方のない事だと思う

MLB(メジャーリーグ)では日本以上に飛ばない低反発素材の統一球を使用している

NPB(日本プロ野球)は、そのホームラン減少に懸念を抱き、MLBよりも甘い
低反発素材のミズノのボールを採用した

つまり、NPBもまんざら馬鹿じゃないって事

しかし、MLBの選手達はホームランを普通に打ちまくっている


今年の日本球界は、統一球元年って事で、想定通りホームランは減少
各球団、フロント、首脳陣、そして選手達も悩まされている

今になっても引きずって悩んでいるの事自体、ちゃんちゃらおかしい
想定できなかったんかい?
この姿こそ、統一球を舐め腐った日本球界の体質ではないだろうか?



私はこの統一球は日本球界技術向上のキーだと思っている

根本的に、統一球対策をしっかりと行っていれば、打てない球ではないと思う
むしろ、今までのボールが飛び過ぎたんだと解釈した方が賢明だろう

では統一球元年の現状打破をしている選手は居るだろうか?

昨年と変わらないペースで、普通にホームラン量産している日本人選手が居る

言うまでもない、西武の中村である
彼のホームラン動画を何本か束ねて編集してみた
この動画は是非、飛ばさず見るべきです
阪神打線が打てないアウトローの球をしっかりとホームランしている動画もあります
力みがなく、腰でスイングをしっかりとしているのが一目で分かります

中村のスイング力みがないでしょ?溜めが出来てるでしょ?
だからアウトローのスライダーに対応出来るんですよね
甘いコースは絶対に逃さない
低めのボールにも対応出来ている


そして何よりも、しっかりと腰で振り抜いて真芯に当てている
芯を多少ズレても最前列まで届いている
これは力任せの力みじゃなく、腰でしっかりとスイングしているから
最前列まで届いている

そして、相手投手の配球を完全に読んでるからアウトローのスライダーも打てる
ID野球がそこには隠れ潜んでいるのだと確信しています


それが出来なければどうなるか?
力みで芯を外せば、内野フライか?外野フライで終わり
今のプロ野球のホームランバッターがフライアウトでチャンスを潰している

これぞ、ホームランバッターって奴です

ぶっちゃけこうやって40本以上も日本人が打ってる

私はこう思う
王貞治、野村克也、清原、バースクラスの選手が現役バリバリの時期に
この統一球を打たせれば、最初は凡打を打ってしまうでしょうが、
必ず1シーズンのうちにコツを掴み、アベレージを上げ、最後には
ホームラン量産体制も出来ているだろうと確信している

清原は軽く振り抜いても遠くへ飛ぶために肉体改造をしたんだから
あんなムキムキになっても、スイングは力みがほとんどなく、腰でスイングしてた
だからあんなに打てたのだと思う

何故ならば、彼らはあの当時から、力任せだけでなく
しっかりと真芯に当ててホームランを打てる技術者だったからです

力んだパワーに頼ってないホームランバッターは
下半身でしっかりと振り抜いて真芯へ当ててホームランを打てる

統一球元年は、その現実を知る為のシーズンなのではないだろうか?

飛ぶボールの恩恵を受け続けた現実を各選手、特に打撃指導者は素直に認めるべきだ
フォーム修正をしても力みがある状態では、それは統一球に対応していない
力んでスイングの瞬間、力んで目を閉じてフルスイングしてる選手をスローで良く見る

誰とは言わないwwwww

でもそのタイプの選手は、打率もホームラン数も結果として現われている

いつまでも、昨年と同じ修正法をやってるんだろうか?
打撃コーチがしっかりと力みを取るスイングを徹底させるべきだ
溜めが出来て力みなのない下半身を軸に振り抜くスイング
これが出来ていれば、統一球でもある程度は飛ぶはず

真芯に当てる確率を上げるのが、各投手、バッテリーの配球癖
それを完全にベンチが頭に入れてないと統一球には勝てない
特にパワーヒッターを抱えている、巨人、阪神、横浜はID野球を
もっともっと重視しなければならないだろう


このままの状況では、パワーヒッターを見殺しにする状況である事を
打撃コーチ陣は受け止めるべきだ


渡辺会長の発言は、各球団の経営者、首脳陣、選手達、マスコミ、ファンにまで
賛否両論の内容だったと思う

統一球についてアンケートを追加する事にした

技術向上の為に必要か?
スペクタクルな野球が見たいから統一球は廃止か?

これはどんな結果が出るか?
私にも蓋を開けて見なければ分からない結果になるアンケートになります












当サイトでは阪神タイガースに関するアンケートを実施中です
アンケート内容は以下の通りです

アンケートの質問内容は以下の通りです


1 真弓監督の来シーズンについて

2 阪神フロントについて

3 阪神GM(ゼネラルマネージャー)制度導入について

4 鉄人金本について

5 現在の阪神1軍首脳陣ついて

6 阪神二軍首脳陣ついて

7 阪神打撃コーチ、統一球の対応ついて

8 阪神コーチ陣のここがダメだと思う
9 日本球界の統一球の継続について



是非、皆様のご参加お待ちしております

多分携帯からの参加は無理だと思います(汗)


下の文字をクリックしてご参加くださいね



アンケートにでも参加してやるか



posted by 正悟 at 14:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | 球界全般
この記事へのコメント
はじめまして。

たしかに飛距離が出にくいとか、球が重く感じるとか、言われますが、それだけかいなと思うんです。

今年、不調にあえいだ選手たちの中には、WBC戦士がいます。
WBC使用球が打てて、統一球ではヒットも打てない。
ただの不調なんじゃない?と思うのは、短絡的すぎますか?

交流戦の頃、セとパでは、統一球対策が、正反対だと聞きました。
セは、スイングスピードを上げて、よりパワフルに。
パは、バットを軽くぽんと出して、芯に当てる感覚。

セの選手たちは、そのために打撃フォームを改造したりして、逆に開きが早い、突っ込んだ打撃をしていた気がします。
腰の回転というより、足の回転で打ってる選手が多かったような気がしますが・・・

低反発球で育ってきた外国人選手たちも、打てなかったですよね。
ただのスランプだったんじゃないの?という気がするんですけどね。




Posted by 野球大好き at 2011年09月28日 03:59
野球大好き様

どうもはじめまして正悟です
宜しくお願いします

飛ばないだけじゃない
そーですその通りです^^
それをずっと私は書き続けてます
良かったら過去ログを見て頂ければ幸いです
春先から書き続けている統一球なのでね^^

まずですね、WBC戦士云々の件ですが
私はWBC戦士は、低反発球経験者として解釈してます
素材が変われば別物と捉えてもいいと思います

ミズノの低反発の対策はどうよ?

それが私の追求して居る所です
ただのスランプの人も居れば、統一球の呪縛に囚われている選手もいると思います
ただ、野球好き様が仰せの通り
飛ばないボールだけじゃないのは確かです
その統一球の特性を最大限に引き出している投手が出て来ている事は確かですよ
その投手たちがスランプへ追い込んでいる原因をしっかりと作っている

私はそう解釈してます


統一球って力んだら負けなんです
芯を外したら負けでしょ?
芯に当たれば、多少飛距離が無くなる程度の世界
それがミズノの低反発素材です
投手は芯に当てない工夫をしながら投げている
更にセリーグではストライクゾーンが外角と低めがボール約1個分
広くなってる
統一球元年+ストライクゾーン元年でもあるわけですから
そりゃ交流戦までは大変だったと思いますよ^^;

狙い球が絞りづらくなってます

足の回転でスイング
これはちと私の考えとは違いますね
足でスイングしている選手は今迄見た事がないですね
阿部のツイスト打法も腰ですもんね^^
腰のスイングが出来て初めて足の回転が発生するのがバッティングだと思ってます
私もそう恩師の教わり続けましたし、実践して確信しています
長嶋監督がある選手にに足で打てって怒った事がありますが
最後は腰がダメだから足もダメなんだって一時、突き放されたことがあります

腰が回転してなきゃ足の回転は出来ない
もし出来るとしたら、短期間で怪我するスイングだと思います

ストレッチで左右に体をスイングしてみると分かります
腰の回転だと大きく回転できます
足の回転で体を動かすと、膝とふくらはぎに凄い負担がかかります
腰の回転でなきゃ、円心力もスイング速度も絶対に遅くなりますし
何しろ上体が浮きます

私は足の踏み込みが早くなって腰の回転が遅くなり
最後は上半身に頼って力んで芯を外して凡打

こんな選手は中日にも阪神にも巨人にもゴロゴロしてましたけど
その解釈で足で回転と言う表現をしていたのであれば
私と同じ意見だと思います
いずれにせよ、ただのスランプの人も居れば
統一球の呪縛に問わられてスランプになった選手
疲労でスランプが始まった選手
怪我して無理をして出場してスランプ中とか
様々なスランプが統一球以前に存在します

ただ、これだけの人数とこのチーム打率がこれだけ下がった事を考えれば
一目瞭然
ただのスランプだけではないと思います
でもただのスランプの選手もゴロゴロしてますwwww

また遊びに来てくださいね
ありがとうございました^^


Posted by 正悟 at 2011年09月28日 20:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48191503
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック