虎心不動TOP

.com/txcou

2012年02月17日

今の阪神4番は新井! 彼の意地を見せて欲しい


1.jpg

阪神の主力スラッガー達の調子はいい
昨年の統一球の反省点をしっかりと修正している

緩急に対応すべく貯めが大事
コンパクトなスイングを心掛ける
フォームを常に修正しながら崩さない

貯めとコンパクトさを重要視する

ここに着目した関川コーチのスイング速度計測
これは本当に吉と出た


金本の調子が非常に良いと言われている
彼がオフシーズンしっかりと治療しながら
身体を作り上げてきた証拠だと思う


金本不在となり、4番を張っていたのは新井

その新井は昨年も打点王に輝いている

彼は元々広島でも4番を張り代表でも4番に
定着した時期があった



しかし、彼には二つの原因が存在して本領発揮出来ない



1.浜風とお友達になれない

2.腰の持病?が原因でスイングが安定しない



甲子園は独特の浜風という存在がある
基本的にはライトから3塁側アルプススタンドへ向けて
風が巻き込むケースが多いと
言うが
実際は、不規則な風の流れが生じていると言われている


試合の時、レフトスタンド上段に並んでいる数々の
旗の揺れる方向に注意して完成してみるとわかる

風向きが結構変わって居る時が多いんです

試合中に風向きがコロコロ変わる
これが浜風の特徴でもあります


その中でも一番多いのが、ライトから3塁アルプススタンドへ
向けて流れる風のケースが圧倒的に多いそうです



その場合
ライトポール際にライナーを飛ばせば入る
レフト頭上を狙ってレフトポール際に巻き込むように狙いを定める



この二つの打法は浜風と大親友になれる絶対条件と言っても
決して大袈裟ではない


新井は左中間に大きなフライを上げ、深い位置で
アルプススタンドへ流され、センターフライ
もしくはレフトフライでアウトになってしまうケースが多い
本当に多いんですwww



犠牲フライならイケるが4番はホームランを量産して欲しい
これはファンだけでなく、首脳陣も同じ考えのはず

これが東京ドームやマツダスタジアム、横浜スタジアム
神宮なら入るだろうが、甲子園って浜風があるし
左中間、右中間が以上に深い団扇(うちわ)型の形状である


その時の浜風が、ライトから3塁アルプススタンド方向への
時が多いんです


つまり、めっちゃ深い所に浜風に押し戻される時に
打っちゃてるって事です


ライトからアルプススタンドへ風が巻き込んでいる状態だと
あの場所に打ち込むのはナンセンス

実にもったいないと思います


センター方向を意識するバッティングは基本中の基本
バッターボックスからセンター方向へビンビンに風が来てた
場合はそれでも構わないのですが

甲子園で右強打者は引っ張り専門で考えてもいいと思っている
レフト頭上目がけて エイヤってねw

差し込まれるボールを打ち損じて凡打しないように
気を張ってファールで粘れれば、絶対に甲子園での
ホームラン数は増えるはず


右打者であるスラッガーは甲子園では引っ張るイメージが大事
しかし、力むとどうなるか?

内野ゴロか?浅い外野フライになる
これが統一球と力みの法則

打ち損じの代名詞であるが、内角で差し込まれると
特にこの凡打が増えてしまう


ここを重要視して詰まらせないことを心掛けなければ
浜風甲子園君とは大親友にはなれない


新井が城島の様にレフト頭上を狙って引っ張り上げてみると
間違いなく甲子園球場だけでも10本以上はホームラン数が
増えることは間違いないと思う




新井は腰に爆弾を抱えています
疲労蓄積、梅雨の時期になると腰に違和感
もしくは痛みを感じているのかも知れません


アベレージが安定しない時期が新井は多い
スランプ脱出に時間がかかる選手



そんなイメージが強いのも
やはり腰が原因ではないかと思う


疲労蓄積や腰に違和感を感じたら
アベレージ思考に切り替える事が大事だと思います

力まず、腰に負担を与えないようにする
軽く振り抜き、とにかくフォームを崩さない事

爆弾と仲良く現役を続けるのであれば
大きいのを狙わない時期も大事だと思う

力んで上半身に頼ってスイングすれば
アベレージは下がる、フォーム修正は出来ない
いいこと何一つないんだから


アベレージ重視だって4番として立派な職務だと思うから


金本のホームラン
彼は左打者であるが、甲子園を苦にしていなかった

そのキーワードは弾道だと思う

彼の弾道はライナーでライトスタンドへ突き刺さるケースが多い
極力浜風に押し戻されないように低いライナー性の弾道

彼のイメージはそこにあると思う

だから40過ぎても40本以上打てたのだと思う


彼が常態良ければ、金本4番 それはそれでOK
でも、元鉄人なんだから、1シーズン通して順風満帆にはいかない
必ず、新井、城島、ブラッズの力が必要となる


4番新井には二つの親友が必要

それは浜風甲子園君と腰痛太郎君である



この二人と親友になれば必ず今以上の4番打者になれると思う

現時点で、タイガース4番に一番ふさわしいのは誰が?

4番新井が一番望ましいと私個人は考えたい

早く二人と大親友になってほしい


考えてみれば、ブラッズ以外、大ベテランの年齢の域

若手スラッガー筆頭の中谷に本当に頑張ってもらいたいですね


*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとランキング投票のご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ 

PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
スマホ対応重視してるもんでwスンマソン^^;
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名ですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 12:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54021551

この記事へのトラックバック