虎心不動TOP

.com/txcou

2012年03月30日

両守護神が崩した開幕戦


今日の開幕戦
横浜先発の高崎をどう攻略するか?

立ち上がりを捕まえることが出来るか?
疲れ始めた時に、しっかりと捕まえることが出来るか?

その立ち上がりは平野のヒット&エラーで
いきなりノーアウト2塁
柴田のバントで完全に高崎の立ち上がりを捉えた

その結果、鳥谷の外野犠牲フライで先制を取ることが出来た
1点止まりで物足りなさを感じた方が多かっただろうが

それはそれでOK

先制点を取ることが大事なのだから

7回、高崎が疲れ始めた時
一番の貢献したのは金本

彼の選球眼の素晴らしさは相変わらずだ

10球粘って、勝負のアウトコースのスライダーは
ことごとくファールにされてしまった
10球中、ファールで粘ったのは半分の5球
粘って粘って最後の最後でフォアボール

では、得意のヤフー配球図を拝借してwww
そろそろ自作にしないとなぁ。。。。

1.jpg
高崎は最後勝負する事が出来なかった
6球目に投じたアウトローのチェンジアップ
それが高崎にとっての勝負球だった


それを軽く振りきってファール

やっぱり役者だよね@金本は

粘って粘っての四球
これは高崎にとってかなり嫌な終わり方をした

金本の四球が高崎を引き摺り下ろした


俊介のバントはちと残念だった
浅井の走塁も残念過ぎた
ここでしっかりとバントして走ってもらわないと

塁を進めてプレッシャーを与える事をしっかりと
やらないと、流れを呼ぶことはなかなか出来ない

関本の選球眼も素晴らしかった
彼は金本、平野、鳥谷に続く選球眼の良さが
高く評価されている
確かに統一球への対応がイマイチで私も
キツイ記事をエラソーに書いたことがある

ボール3になったのも彼の選球眼の良さが
呼び込んだことは言うまでもない

3ボール1ストライクの状況

ストライクカウントを取りに来たスライダーが
真ん中低めに入った


すくい上げて打って頂戴と言わんばかりのボールが来た

関本もそれを見逃さなかった
打ち損じもしなかった
綺麗に振り抜いたボールはレフトスタンドへ
吸い込まれた

4−3と逆転した時は勝利を確信したのだが
野球って何が起こるか分からない
データーだけでは語れないのが野球


さて、球児だが、ストレートの勢いがイマイチ
スライダーを多用してストライクカウントを稼ぐ投法

ラミレスのシーン
スライダーで2ストライクまで追い込んだとき

アウトコースのイメージが強い
スライダーの意識が強いため、アウトコースには
相当敏感になっている


つまりインコースの高めのボール球が狙い目


インコース高めのボール球を投げると空振りを
取れると確信した

悪いなりに2ストライク迄追い込んだのだから
勝負のインコースのストレート
条件は高めのボール球
2.jpg
確かにボール球だったが、高さがもう少し上じゃないと
空振りをしてくれない

インコースのボール球であったが
高さがストライクゾーンの高さ
上半身に頼ったスイングをさせることが出来ない


インコースのをボール球を腰の回転と
上半身の力で運んでポテンヒットで失点

あのインコースのストレートが
ボールゾーンの高さなら、間違いなく
手打ち状態のスイングになり
三振を取れたはず


非常にもったいない失投だったと思う


球児のストレートの球威がイマイチだったし
ホップアップしないストレートでもあった
ボール球でもあの高さであれば外野まで運べちゃう
ラミレスパワーですね^^;


さて、一方の横浜の守護神山口ですが
これまた面白い

右打者の関本の時はアウトコースにいいストレートが
決まって関本を三振

これは厳しいかな?と思ったが。。。。。

しかし魔物は山口にも襲い掛かった


左打者になるとインコース低目がストライク取れない
左打者のアウトローだけでなくアウトコースの殆どが
ストライクを取れない状況


いきなりアウトコースでストライクを取れない
ピッチャーへと変貌してしまったのだ


平野が3ベースヒットを打ったシーン
アウトコースインコースが攻められず
真ん中高めにストレートを投じてしまう

アウトローが決まらないなら
ストレートで力勝負しかない!
それが山口の唯一の弱点


それを逃さなかった平野も凄い

柴田にも同様アウトコースでストレートが取れない
犠牲フライを取れたのも山口が攻めきれなかったのが
一番の原因

桧山が山口に力負けしてゲームセット

今年の開幕は5−5の引き分けだった


守護神同士がゲームを崩した試合

開幕戦、魔物が京セラに居たね

野球って面白いよね


負けなくてよかった←コレ本音

明日は大阪ドームと相性の悪いスタンリッジ

明日は打線が活躍しなければならない日です

頑張ってもらいましょう

さて、今日の和田初采配
私は真弓監督とほぼ変わらないと思ったwwww

でもね
城島を代打だけで起用
ブラゼルが絶不調、けがで離脱でない限り
城島は代打専門のような意図が見えた

オープン戦であれこれ試行錯誤していたが
手堅い守備力を重視した事は確かに間違いない

代打のみで下げたということに大きな意味がある

私個人的にも複雑なのだが
捕手として完全復活を願っている一人なので
私自身も我慢の観戦となる

城島の打撃は本当に魅力的だ

彼とマートンが好調で居たなら楽勝だったかも知れない

ただ、これも若虎達のチャンスなんだから
チャンスをモノにして欲しい気持ちもある

明日は打ち勝ちましょう
posted by 正悟 at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54732377

この記事へのトラックバック