虎心不動TOP

.com/txcou

2012年04月29日

杉内を打てなかった焦りの打線


今日の能見は立ち上がりでペースを握れなかった

ワイルドピッチ、に自らのエラーで3失点

まぁ、こんな日もあるって事です

今日の能見は変化球のキレが全然ダメでした

コントロール精度も全くダメで高めに行っちゃう
だからどうしても
ボールを置きに行っちゃってた


置きにいっちゃうんだよね

置きに行くって事は、バッターからすれば
合わせやすいって事

だからポコポコ打たれたでしょ?

当然そうなるんですよね

長野、坂本を警戒してたと思うのですが
立ち上がりがあんな球威でコントロールに
苦しんでいたのだから

しゃーない

こんな日もある

9連戦、一発目の巨人戦3連戦の初戦、
一番苦戦するのが杉内と私は読んでいました

内海より杉内の方がキツイよね
対戦回数も内海に比べりゃ全然少ないですしね

彼のチェンジアップとスライダー

鳥谷もマートンも甲子園で対戦した時よりは
タイミングが合ってたと思いますが
何しろ、動くボール

泳ぐスライダー
下がるチェンジアップ

芯に当てるのに一苦労です


まず杉内対策についてですが

2ストライクに追い込まれたら厳しいので
早めに積極的に打っていきたい


そもそもこの対策がお話にならないと思った

杉内クラスになると甘い球なんて早々投げない

早打ちしてくれて有難い

こんな結果になってしまう


チェンジアップをどう見極めるか?
スライダーをいかにファールして粘れるか?

投球フォームの段階でチェンジアップか?
ストレートか?の区別がつかないほど
完璧にチェンジアップを極めているのが杉内

だから140キロちょいの球速のストレートを
詰まらせてしまうわけだ


見てる側としては
140キロ程度のストレートを何故?と
思われる方が多いかも知れないが
それがチェンジアップの恐ろしい所だ

チョコっと落ちる
ストレートより球が遅い
タイミングがズレる

打ち損じになる


更に杉内のチェンジアップは
かなり下に下がる魔球チェンジアップ


ちなみに館山、能見、往年の井川も
チェンジアップを極めた投手である

しかし、調子が悪い時のチェンジアップは
今日の能見の様になる

やはり投手はコントロール精度が悪い時は
どうしてもボールを置きに行ってしまう

そうなると本日の能見の様になるわけだ


では、今日の杉内対策についてですが

2ストライクに追い込まれると厳しくなるから
早い段階で積極的に打ちに行くというコメントだった

実際はもっと細かいデーターの元
詳細な攻略をしているのは当然のこと

積極的に打つことはとてもいいことだが
杉内に関しては通用しない
マエケンにも内海にも通用しない対策だと思う

いかにファールして粘るか?
そのファールが失投を呼び寄せるし、球数も奪える

甘い球なんて一球も来ない位の考えでないとダメ

どうやって塁に出るか?
どうやって杉内のリズムを崩すか?

早打ちよりもね
同じアウトカウント重ねるのであればね

球数増やし続けた方が絶対にいいんだから



球筋に目が慣れる
相手のスタミナを奪える


まぁ、杉内相手ならそんなにうまく行かないと思うが

それでも早打ちは相手にペースを与える確率が
あまりにも高すぎると思う

まずそこから見直すべきだと思う


さて、話は変わるが、今日は金本が5番に座って
見事猛打賞&先制点のタイムリーも放っている

金本を落とせとよくメールを頂いているが

彼は去年までの 腐っても鯛 ではない

一歩間違えれば4番を打たせてもいい位の
勢いでチャンスに強い


ちなみに今夜の試合終了時点で
新井さんが打点王でチームでも打点トップ


しかし得点圏打率という数字で調べてみると

スタメンクラスの選手では金本がダントツ1位である

大和はスタメン固定組ではないので外しているが

スタメン固定での阪神の得点圏打率のトップ3は


1位 金本 4.17

2位 平野 4.00

3位 鳥谷 3.08



である

打率とは別にチャンスに強い金本は今年健在である

ちなみに打点王の新井さんは 2.57
昨日まで5番を張っていたブラゼルに関しては
1.54とお話にならない状態になっている

この4番、5番ではチャンスに弱いクリンアップと
馬鹿にされても仕方がない部分も存在している


金本の打率も意外と高くw
スタメン固定組ではなんと平野を凌いでトップの
2.79まで上昇している



一度打順を交流戦前に変更することも一つの手段


3番鳥谷
4番金本
5番新井
6番城島



に打順を変えて

不調のブラゼルは打撃フォームと選球眼向上するまで

本当の意味での城島との併用を実現化してみるのも
いいかも知れない

城島もブラゼルも1打席ではなかなか答えが出せない
代打タイプではない

ブラゼルは西武時代の悪い状態にかなり近い
今年のブラゼルは流し打ちをあまりしない
引っ張り専門になっている

今の状態では左投手相手に戦える状態ではない

流し打ちとコンパクトなスイングが出来るまで
スタメンを外すのも一つの手段だと思う



それ位、思い切った起用采配を徹底してみると
意外と打撃陣の歯車が噛み合うのかも知れない



まぁ、交流戦の後半まではこの状態で
調子を上げるのを待ちながらの打撃指導になると思うが

今のブラゼルはそんなに怖い存在ではないだろう

今日は岩田VS内海

内海は昨年ほどの凄さを感じていない
東京ドームなら勝てる可能性は逆に高い

その勝利へのカギは得点圏打率の高い金本と
右の城島になるかも知れない

その起用采配は相当勇気ある決断となるだろう

まだ交流戦前の段階

4番を弄るのは相当勇気がいる事だ

勝つ為に動くか?
選手を信じて待つか?

多分待つだろうなwwwwwwwww


でもブラゼルは一度外してでもコンパクトな
スイングを修正欠ける必要性がある

ブラゼルが本調子にならなければ
阪神の優勝は厳しいと思う

今日の巨人戦は是非とも勝って欲しい

GWの死の9連戦

巨人 → 中日 → 巨人

この3つのカードは阪神にとって相当タイトな
内容のスケジュールである

その9連戦を勝ち越せば勢いがつくと思う

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  

PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 00:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55572809

この記事へのトラックバック