虎心不動TOP

.com/txcou

2012年04月29日

タイムリー欠乏症軍団と片岡打撃コーチ


内海にもやられ、痛い連敗を喫した阪神
この打線の状況ではどうにもならない

岩田を見殺しにしたと言っても過言じゃない

今日の内海は攻略さえしっかりとしてれば
勝てる内容でした

でも打てなかった
打線全体が下降線を辿っている

1番困ったのがファースト争いをしている

城島&ブラゼルである

この2人は同じポジションを争うべき同士

今日はブラゼルに代わって城島が起用されたが

どっちもどっちと言いたくなるようなスイング


二人同時にスランプに陥られては
監督としてはたまったもんじゃない

ファンとしてもやってらんない


今日はこの2人のスランプの状態を
記事に書いてみようと思います


まずブラッズは西武時代にタイムスリップ中
ブラゼルシフトもおもしろくないのだろうが
彼の場合、打ち焦っています


緩急に対応が全く出来ていない


ブラゼルの今の弱点はTV観戦でも分かります
明日にでも気を付けながら見ててください
以下の文と同じ状況になります

これがブラゼルの弱点ゾーンです
これだけの弱点が並んでるんです

1.jpg

まずインコースの腰のラインのチェンジアップ
もしくはフォークなど
縦に落ちるボールをかなりの確率で空振ってます

インコースの腰のライン
元来ブラゼルが大好きなコースです
一昨年はこのコースをバッカンスッカンライト方向へ
ホームランしたもんです

それが今、全く打てない

貯めが全く出来ていない証拠ですし
引っ張ってやるっと大振りしていることが
不調の原因なんですね


更に同じインコースの腰のライン
ボールゾーンへ思い切ったストレートを投げられると
これまた振り遅れで空振っています

ホームランバッターが振り遅れをしている段階で
低打率に陥ることは当然の話



次にアウトコースのスライダーではなくストレート

彼は左投手と対戦する時は外角へ逃げる
スライダーに手を焼いていました

昨年、バットを短くし、コンパクトに振ることで
流し打ちのヒットを量産することが出来ました

今年もアウトコースへ逃げるスライダーは
ファール出来ますが、ストレートになると
空振り&振り遅れになってしまいます

緩急に対応出来ていない証拠です
貯めが出来ていません


続いて高めの吊り球
これは言うまでもないです

変化球の後に緩急をつけて速球のストレートを
真ん中高めに投げるとファールが出来る時があります
しかしそこにチェンジアップなんて投げるとどうなるか?


当てられません
空振りをしてしまうんです

緩急に対応出来ていない証拠です
貯めが出来ていません



最後に低めボールゾーンのフォーク


空振ってます
これは選球眼と読みの部分も出てきますが
打ちたい、飛ばしたいと言う焦りが
一番フォークに引っかかるタイプです

増して緩急に対応出来ていないので
フォークにバットが手が出るとどうしても
止められない現状がそこにあります


こんな状態です
打率が低迷し、得点圏打率も1割台である現状
素直にご理解頂けたかと思います

貯めが作れなくて力んだスイング
最悪の状態です
真芯なんて捉えられるわけがない




続いて城島

彼はアウトコースへのこだわりが邪魔しています

アウトコースへこだわるとどうなるか?

インコースの時に振り遅れる可能性が大きくなります

それは先日書いたのですが
アウトコースよりもインコースの時は
踏込みを若干早くしなければ、振り遅れます


真ん中の球も振り遅れると言った方がいいです

つまり、アウトコースへこだわっていると
インコース、ど真ん中系の球に振り遅れてしまう
つまり、アウトコースのスイングのタイミングで
振っちゃってるんですよね


だから三振が少なくて、凡打が多い


では今日のVS内海戦の配球を書きました
6回の2アウト1−3塁のチャンスの場面です
これ凡打したのはチームとして痛過ぎましたね

2.jpg

フォークでインコースへ見せ球をする
これは最後にインコースへのストレートへの布石
わざとボールゾーンへ投げています
後はストレートとチェンジアップで緩急をつけて
タイミングをズラして
最後にインコース高めにストレートをズドン!

これは城島にとって屈辱的な配球です
インコース高めって危険なボールですが
今の城島なら安全圏

緩急をつけて堂々と投げている

1球目 フォーク遅い(完全なボール球)
2球目 ストレート早い(ファールを誘う球)
3球目 チェンジアップ やや遅い(緩急で利用する球)
4球目 ストレート早い(内野ゴロもしくは三振を狙う球)



4球目のインコースストレートをセカンドゴロ


詰まらせる流し打ち

インコースを流し打ちで併殺打
2塁ランナーを3塁へ行かせたいと言う考えのスイング

それだけアウトコースと流し打ちに読みと
スイングが偏ってしまい、結果的に
緩急につられて併殺打


上記に様に、アウトコースへボールを集められ
ファールで粘った後に、インコースや、真ん中高めに
ストレートで攻められると振り遅れてしまい、凡打になる

まさに、今の城島がその状況です

この場合も貯めが出来ていないんです

アウトコースにこだわってしまってるから
インコースや真ん中の甘いボールに
振り遅れてしまっている


インコースに振り遅れている状況を
相手バッテリーに読まれています

こんなんじゃ、アウトコース対策が成就出来ない所か
逆に凡打の山を作る計画を行ってしまっている
実に皮肉な状況に陥っています


実は、城島と同じ状況に追い込まれているのが
新井であり、マートンなんです


球威がそこそこしっかりしている
そして緩急がつけられる投手に対して
借りてきた猫の様な状態になっています


さぁ片岡コーチ

この状況をいつ打破できる指導を成就出来るか?

貴方の指導力にかかっています

貯めを作れない打者をこんなにズラズラ並べている

確かに安打は出ている

でもね、チャンスを得点に出来ない事が問題である

そのチャンスを崩しているのが
岡崎や小宮山だけじゃない

ブラゼルであり、新井であり、城島であり、マートンである

主力が絶不調で治らない

貯めが出来ず、緩急に対応出来ない

こんな状況を何とか一早く打破しなければ
ペナント優勝なんて絵に描いた餅である

今日の岩田は気の毒だった

3回は得点チャンスに恵まれて取れなかった

片岡コーチ
和田さんがチーフ打撃コーチあっての
居ての打撃コーチじゃ話にならない

マートンと激論を交わし
ブラゼルと激論を交わし
城島と新井を怒らせてでも
成し遂げなければならない状況だと思う

貯めを作らせて
アウトローや際どいボールをファールにする
打撃指導


やってもらわないと
絶対にミズノの統一球には勝てない

巨人だって昨日の能見の自爆とジェンの失投以外は
そんなにいい当たりをしていない
甲子園だったら巨人は負けてたかも知れない

巨人だってホームランを捨てて
当てていく野球をやってるんだから


特にブラッズと城島と新井だけでも


貯めを作らせてコンパクトに振り抜け!

今はデカイのより、アベレージと出塁率だ!

ホームランよりも出塁とタイムリーが必要なんだ

貯めがしっかり出来るまで大きいのを狙うな!

力みまくってしくってばかりいるんじゃない!!



と徹底的に指導してもらいたいですね


今日の内海は崩せた相手
通常なら崩せたと思う

勝たせてあげた試合だったと思う

明日は沢村です

出塁していかにセットポジションの機会を増やすか?

明日負ければちと9連戦最後までズルズル行きそうで
怖いですね

まぁ、この打線状況

今は我慢して金本に頼る状況ですね

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  

PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55585426

この記事へのトラックバック