虎心不動TOP

.com/txcou

2012年06月21日

小宮山VS今成の次世代正捕手争い



さて、今成が阪神へ移籍して少しの時間がたった

打撃面では評判通りの活躍を見せてくれている

即一軍で通用する打撃力は確かに魅力的だ
交流戦でも本領発揮したと言ってもいいだろう

まだ入団して大きな当たりを見せていないが
これから徐々に大きい当たりも見せられると思う

彼はホームランも狙えるスラッガータイプ
今は当てることに重視していると思います

賢いです


さて、今成に対して外野コンバートの話が浮上している

まぁ、これもネット上のニュースでの話題なので
私自身は重要視してませんがwww

過去を紐解いてみると
狩野にしても、浅井にしてもね
正捕手の高い壁によって外野コンバートを
受け入れるしかなかった


矢野、城島の壁は非常に高く大きな存在

それは確かです


ただ、正捕手だけがあまりにも偉大過ぎてwww
控えの捕手レベルがちと低すぎると思う

同じレベルで戦えとは言えない

だって捕手って現場(試合)でリードしてなんぼの世界

藤井の加入は阪神にとって素晴らしい選択だった

彼が阪神へ入団したことにより、城島の負担が軽減されたし
結果的に彼が不在状態でもゲームを作れた
これは阪神にとって素晴らしいFA選手獲得だった


彼のリードは城島と対照的な部分もあるが
それでも投手陣からの信頼は厚い


城島が今季捕手断念
更に藤井が負傷と怪我が度重なり、1軍登録抹消が続く
リーグ再開に向けて復帰出来そうだ

藤井不在でもリード面で活躍したのは小宮山だった

彼は配球面、強肩というディフェンス面では
完璧といってもいい位の仕事をこなした

ただ、藤井に大きく劣った部分はなんだろう?


言うまでもありませんよね?


いかんせん打撃面で苦しい状態が続いた


ぶっちゃけ藤井も打撃面では物足りないんですよwww

でも、藤井以上に余りにも打てなさ過ぎた

本当はもっといいバッティングが出来るんです
ただ、今年は完全にスランプ状態での開幕でして
随分長く引きずってましたね

スイングも崩れてどうしようもなかったのですが
それ以上にストライクゾーンに対応出来なかった

それが一番のスランプの原因だったと思います


マートン同様、ワイドになったストライクゾーンに
対応する技量が足りなかったと思う

非常に厳しい表現だが、
小宮山にとってそれが現実だったと思う


あの打撃力では、攻撃面でお荷物状態となってしまう


捕手ってのはね、本当に大変なんです

リード、肩、打撃力の3つを最低でも備わってないと
戦力として使ってもらえないのだから



だからね、
打撃コーチが本当に小宮山を助ける事が出来なかったって事

そこに一番の問題があるって事です



ランナーが出たら
投手の手前の小宮山でバントする

これをパターン化の様にやらせ続けた
阪神首脳陣の罪は余りにも重いと思う



小宮山に対する打撃信頼をしてません

こんな意思表示を、小宮山本人だけでなく
相手バッテリー、野手、更にマスコミ、ファンにまで
暴露した形となったといっても決して過言ではない

これは非常にマズイ展開だったと思ったわけ


打撃指導力に欠けた結果が招いたのだから
片岡打撃コーチは猛省しなければならんって事



マートンがシーツのアドバイスで復調の兆しが
非常に大きく見えると報道された

彼に対しても、ストライクゾーンの手助けを
全く出来なかった現状がそこにある

片岡さんで駄目でシーツでOK

この結果が出たとしたならば
指導力に関して疑問を抱いてしまう


いずれにせよ、小宮山に対して
打撃向上ではなく、バント指示

これは大いに問題だったと思います

ただ、ここに来て、彼の打撃もようやく
上向き状態に傾いてきた

実践で徐々にストライクゾーンを学んだと
言ってもいいかも知れない



では対照的に、加入した今成はどうだろう?


打撃面に関しては、正捕手城島に次ぐ才能を
持っており、藤井、小宮山、岡崎に比べると
バッターボックスでは期待感を持てる捕手です

すでに1軍でも打撃面で結果を積み重ねており
首脳陣からもファンからも打撃面では期待を
強く持たれている

彼は小宮山と対照的な現象を迎えている

リード面での失態が目立っている

当然といえば当然

だって彼は、セリーグの打者をほとんど知らない
イースタンで経験してたとはいえ
1軍セリーグ打者では天と地の差がある


更に日ハムでも1軍経験が殆どない

やはり1軍経験が少ないってことは
それだけのリードしか出来ないからです


その状況を百も承知で獲得して
とっとと1軍登録したのは球団なんだから



捕手ってのは、使い込んでなんぼです


配球を頭に叩き込んで
各投手に合った配球
更に各打者に対する攻略

これを1シーズンかけて鍛えなければならない

城島だって藤井だって最初のシーズン序盤は
本当に苦しんでたんだから

それをいきなり今成にやれって言ったって無理無理


あの城島や矢野だって正捕手を確立するまで
打たれまくって、反省の日々を過ごしていたのだから

特に城島に関しては
工藤が城島の配球を全て首を振らずに
言いなりに投げ続け、打たれまくっては
首脳陣に怒られてた

工藤にとっていい事ないんです
敗戦投手になるわ、防御率は跳ね上がっちゃうわで

なんで首を振ってゲームメイクしないと
首脳陣に怒られるわでストレスは溜まります

はらわた煮えくり返る想いになるのが普通


しかし、工藤は城島を責めなかった


打たれて後悔して学ばせないと捕手は駄目
特に彼は自信家だったからね

自信を持ってここに投げてくれと構えて
打たれて失点して、自分の過ちをゲームで覚え
反省し、更に修正配球をさせる

これが一番早く彼を成長させる唯一の方法だと思った


凄い発言ですよね?
神です神!!!


城島にとって工藤は神の域に達した師匠であり
投手であった事は言うまでもない

ただ、今成にそれを求めては駄目
本当に打たれまくって、
防御率が滅茶苦茶になっちゃうwww

鶴も結構我慢して付き合ってますし
渡辺も福原も筒井も付き合ってくれてます

そうじゃない

毎球ごとに、ベンチを確認させて
指示を仰がせるべきなんです


でなきゃ、投手陣のストレスが溜まります

今成を成長させるには
1シーズン心中する位の覚悟が必要

それ位の覚悟の起用をしなければ
捕手なんて育たないです

小宮山はある意味凄いし、恵まれています

彼はファームからず〜と
苦労を重ね、1軍に昇格すると
矢野や城島のアドバイスを
しっかりと聞く事が出来た環境
それを実践した結果

リード面で投手陣にストレスを与える機会を
激減させる事に成功し、しっかりとリード出来る


首脳陣が腹をくくらなければ、
捕手は絶対に育ちません



阪神の正捕手は城島と藤井の2枚看板

しかし二人共に35歳

そろそろ年齢的に厳しい状況になってますので
世代交代の準備だって必要


今成も小宮山もリード面での更なる向上心を持ち

今成はまずデーターを頭に叩き込み
今シーズンは毎球でもベンチから指示を仰ぐべき

そこで実践で配球を学ぶことが大事
本人の感覚でやらせては絶対に駄目

有田ヘットコーチ、吉田バッテリーコーチの
配慮が足りない

今成よ、今シーズンはベンチの指示通りサインを出せ
毎球事にサインの確認をベンチに仰げ
そこでセリーグの各打者の配球と
阪神投手陣を最大限に活かせる
球種選択とコース選択を学んで欲しい


それ位の厳しい監視下の状況で今成に接してあげなきゃ

今成もテンパるし、失点献上祭り状態となり
経験値を上げる所か?投手陣からの信頼関係を築けなくなる
可能性だってあるのだから

だから面倒でも配球指示は徹底してやらないと
投手陣のストレスが溜まる事が一番駄目なんだから

そもそもね
いきなりパリーグの捕手で
1軍経験が殆どない若手に
こんな重責をいきなり
背負わせること事態無謀なんだから



打たれて投手、捕手達の責任にする事は簡単
そんなんファンでも出来る

大事なのは指導力だと思う



小宮山は打撃面でとにかく修正を繰り返し
特にストライクゾーンを徹底的に学ばせることが大事

それが片岡さんの急務だったんだけどね

出来なかったのが現状

岡崎も含め、世代交代が目の前に来ている

各々が重要課題を分かってる状態なんだから

打撃、配球、肩
世代交代を成就する為、スタメンマスクを奪い取る為には
何が必要か?

本人の努力と、首脳陣の手腕


今成外野コンバート?
まだ早い決断だと思うし、やらないと確信している


まずは心中する覚悟で起用し続ける我慢が必要

ただ、首脳陣も起用面で今なりスタメンマスクは
厳しいと判断している

そりゃそうだ
小宮山のリードはある程度信頼出来てますから


確かに難しいよね
城島が完全に捕手離脱状態で藤井も怪我と故障がち

だからこそ、腹くくって起用しなきゃならん時期でもある

小宮山?今成?
どっちを押すのか?



私的には小宮山です
彼の打撃力がアップしたら全く問題ないのだから

私がもしも監督であれば
藤井より小宮山をスタメンマスクで起用する方を
多くして、とにかく打撃面で鍛えまくります

藤井が今後
故障が増える可能性も視野に入れるからです
年齢的にも考えて、小宮山を前面に押すでしょうね



今成は本当によくやってますが
まずはブルペンで受け続け、今以上に実践で
各投手のいい部分を引き出せる球種とコースの選択を
学ぶことだと思います

外野コンバートしたい程の打撃力
それは分かりますが。。。。。

それを即決でやると
阪神はいつまで経っても捕手は育たなくなる

藤井が帰ってくるみたいですし
ファンも藤井のリードに期待してます

私個人的には、小宮山のリードの方が好きなんですけどねwww

やっと生え抜きでここまで成長した捕手ですよ

大事に使わなきゃ。。。。


最後に最近よくある捕手起用

藤井離脱時に

小宮山先発
6〜7回で代打今成

今成マスクかぶる(失点献上)

終盤で岡崎にマスク交代



確かに全員を使い込んで経験値を与えている
勝つ為の起用かも知れない

でももっと大事な何かがあるのではないだろうか?

私は中途半端な起用であり、ブレている感じが見える

その場凌ぎの捕手起用

どうしてもそう感じてしまう自分が居る


正捕手を育てるという根気ある我慢の起用
そして指導力


コイツを正捕手として育てるんだという
確固たる信頼起用が足りない気がする

打撃、配球、強肩
その分野で、各首脳陣の徹底指導

時間をかけて育てる事
それと同時に我慢の起用

それが出来なければ
本当の意味で正捕手なんて育てられない

リード、打撃
全てを兼ね揃えた無敵の捕手育成

それが阪神首脳陣に
捕手育成力が足りないのかも知れない

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  
阪神タイガース ブログランキングへ


PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 12:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56612176

この記事へのトラックバック