虎心不動TOP

.com/txcou

2012年10月22日

ワイドになったストライクゾーンを誹謗する



さて、今夜は広くなったと言われるストライクゾーンに
ついて書こうと思います

まず最初に訴えたいのは

国際試合に適応出来る為に導入した統一球
さらに新ストライクゾーン


この2点については完全に的を外している


圧倒的な投手有利なルールに変更し
スペクタクルな野球を捨てた現状がそこにある

これでは野球ファンが減るに決まっている

好きな球団、好きな選手が居るから野球を見る
そんなファンは根強く観戦に訪れているだろうが
視聴率は酷いもんです


気がつけばJリーグ並みの視聴率しか取れない時代と
なってしまった事は言うまでもないが

この時期にこんなシステムを導入し
続けようとしているのだから困ったもんです


阪神フロント同様、NPBの首脳幹部も
ただの馬鹿のようだ


まずボールゾーンをストライク宣告すれば
どうなるか?

簡単です、リーグ戦やCS、日本シリーズなど
日本で行われる試合では常に投手有利となる

それは当たり前のこと

ではこれが国際試合になったらどうなるだろう?

間違いなく四球が増え、ボール宣告されると
首をかしげる投手が出てくる可能性が高い


コーナーを突くコントロールが武器の日本投手陣

そのコーナーへのボールが、国際試合で
外国人審判がボールを宣告したならば

当然バッテリー間ではストライクゾーンの
切り替えが必要となり、甘く入ったところを
叩かれる可能性だって高いと思う


NPBの統一球は指のかかりがいい
MLBの統一球はミズノのボールと違って
指のかかりが悪い


この段階で投手圧倒的有利だろう?


こんな対照的なミズノ統一球ボールと
国際基準で通用しないであろうストライクゾーン
をどうして?導入したのか?


私にはとてもとても理解出来ない


とても国際試合に強くなる為の導入とは思えないし
ファンを切り捨てただけの結果がそこにある


アマチュア野球の場合、ストライクゾーンはもともと広めに
とる傾向があるが、プロがそれを行うとどうなるか?

それは言うまでもなく、完全に投手有利の図式が出来上がってしまう

コーナーを突けるコントロール精度が高い投手からすれば
今までボールだったコーナーがストライクなんだから
ここを攻めればストライクが取れる


そんな甘い考えと環境を与えてしまっているだけである


よく言われるのが、ストライクゾーンが広くなった原因は
セパの審判がチャンポンになったから

パリーグは元々ストライクゾーンが広いと言われている

しかし蓋を開けたらどうだっただろうか?


今シーズン、パリーグの打者でも
「今年のゾーンは酷い」とクレームが出ていた

12球団オーナー一致意見で
ストライクゾーンについてはどうかと思う

この意見で一致している

つまり、パリーグの審判云々以前の問題である事が分かる


最大の原因は
際どいボールで迷ったら、
すかさずストライク宣告をする


確かに人間の目と感覚という物差しで宣告するのが
野球の審判だからたまには失敗もあるだろう
それは全世界共通だと思う

しかし、それはボール8個分のストライクを宣告する
と全く同じ状況である

ホームベースは6個分
1個ずつ広くなったらそりゃ完全にボールだろう

また低めに関しても約ボール1個分低めに
ストライクを宣告する傾向が強まった

これに対して12球団一致で
統一球はともかくストライクゾーンは
考えてもらわないと困る

とオーナー会で意見が一致している


まぁ、経営者達も馬鹿じゃない

投手有利はボールとして残しておきたいが
ストライクゾーンが広すぎると
投手有利に滑車がかかるだけの現象となり
得点を取れる、ホームランを打てる選手や
シーンが大幅に減り、結果的に

客入りを含め、野球人気が低下し続ける事に
懸念を示したのだろう


彼達は、プロ野球の未来や現状などよりも
経営方針面で悩んでいるのが分かる

こんな球界がクソくらえなのだ


では我流でありますが
ストライクゾーンを2枚画像に作ってみた

真上から見た横のゾーンと
正面から見た立体ゾーン

この2枚で横幅と高さのストライクゾーンを
自分なりに表現してみた

まずは真上から見たケース

01.jpg

先ほども書いたとおり、
基本的にホームベース上に約6個ボールが横に並ぶ

その3分の1がかすった段階でストライク宣告をする

つまり、ボール7個強のホームベース上の横幅位が
ストライクを宣告されてもあきらめがつく感じです


広くなったストライクゾーンは
少しでもボールがかすった場合ストライク宣告を
する感じですが、この段階でボール8個分であり
あり得ないとぼやく選手が多いそうです

そして完全にボール球であっても審判が迷い
ストライクを宣告するケース最悪のケースがある

これが問題の迷ったらストライクを宣告する
新たなシステムである

これは、ボールがホームベース上にかすってもいない
ケースでもストライクを宣告するケースがあるってこと

それが審判団のなかで合法となってしまった
あり得ない現実がそこにある


それがアウトコースを自信を持って見送った選手が
怒りを露にして審判に詰め寄るボールです



では次にTVアングルに近い状態で
投手から見た立体図で高さと横の範囲を出してみた

これも我流なのですが、私が年間通じてTV観戦して
感じたストライクゾーンです

02.jpg

アウトローが非常に遠く感じるはずです
おそらくこのサイズで間違いないと思います


これを打てと言うのか?

と思いたくなるような低めをストライク宣告する場合がある

この低めのストライクゾーンについては
審判それぞれだが、低目をとる審判は少なくない

高めは、さほど広くなってない、横と低めに関しては
完全にボール1個分広くなっているケースでも
ストライク宣告をするケースが多いようだ


マートンが怒り、やる気を無くしたのも分かるが
そこはプロ選手、そのボールをどう対処するか?だと思うが

私からすれば、
ボールもファールにしなければアウトになってしまう時代
なったのか?とぼやきたくなる

アウトローの低目に関しては、自信を持って見送ったボールが
ストライク宣告されてはたまったもんじゃない

際どいボールはファール
これは昔から言われていますが

更にボール半個以上外のクソボールでも
ファールしなければ貴方が悪いんですでは、
ちと選手が可哀想になります


ここまで広くなると結果的にボール球にも手を出さなければ
どうしようもない状況下に陥ってしまうし
すでにそうなっている

ボール球に手を出すとどうなるか?
殆どが芯に当てられず、凡打になるだろう
ファール出来る技術があれば良いがww

そんな落合並みのバットコントロールを年間通じて
維持できる選手は早々居ない


このストライクゾーンは、国際試合では
絶対に通用しないと思うし、笑われるぞ


日本シリーズが終わって一段楽した段階で
選手会と各球団オーナー達がどう動くか?ですね


私は統一球に関しては
MLBとほぼ同等のボールを作らせること

更にストライクゾーンに関しては
アウトローに関しては馬鹿みたいに広くしない事


今年のストライクゾーンのアウトローに関しては
酷すぎます


このシステムを続行したならば
間違いなく、韓国にもアメリカにもキューバにも
かなりの苦戦をされると思います

下手すれば、北京五輪以上の大失態を招く可能性も
あることを私は懸念しています


投手有利?
そんな野球は必要ない

審判団だってNPBに言われた通りにやってるだろうが
このボールはストライクとはいえないと思えば
それは貴方が正解だと思う

それが審判だと思う

俺がストライクって言ったらそうなんだよ

確かにそうだ
でもね、それによって、大きく変わる何かがある
プロ野球人気は低迷している

TVで視聴率が取れない時代


NPBさん
スペクタクルさを失った野球に満足ですか?

飛ぶボールにしろとは言ってない

国際試合に適応する為であるならば
全く同じシステムと素材を使うべきだ


オリジナルはだめだ

日本野球が主体で世界が動いているわけじゃない
国技である柔道ですら横文字化されているんだ

野球もベースボールに適応すべきだと
本気で考え、企画実行しているのであれば
同じ素材、同じシステムにすべきだと思う

それが出来ないNPBは馬鹿なんだと思う


子供でも分かる理屈を

やれ利益だ!やれ組織だ!

と古い考えを前面に出して
中途半端な独裁政権を振りかざすような
そんな組織は選手会にも通用しない

ストライクゾーンは広すぎる

これを良いとするのであれば
国際基準をかけ離れたオリジナルになる


ただ、ファール技術が低い日本野球全体の
技術向上テーマのきっかけになっている
事も
最後に付け加えておきたい

このままでは野球人気は更に低下し続けるであろう

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^

ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます

大変申し訳ないですが、調整願います^^;


当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールをガンガン送ってくださいね

ちなみにメールから記事作成のケースが当サイトは多いです
皆様からのメールが記事内容になる事が殆どです
遠慮はいりませんぞ^^;

レスは極力即日対応を心掛けておりますが、
受信メールの量によっては当日レスが出来ない場合が多々ございますw


必ずレスはする主義なのでw亀レスの件につきましては
どうかご理解願います^^;

皆様のメール心よりお待ち申し上げます


正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2012 Tigers
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59444487

この記事へのトラックバック

MLBワールドシリーズ2012−日本人が楽しむスポーツベッティング−
Excerpt: こんにちは。苦麻古露師ヒロです。MLB、いよいよ2012年ワールドシリーズ。MLBの千秋楽。 最近は日本のプロ野球も何々シリーズと訳の分からない事になっていますが、元祖メジ ...
Weblog: 日本人が楽しむスポーツベッティング
Tracked: 2012-10-23 15:40