虎心不動TOP

.com/txcou

2013年02月18日

投手育成のシーズンは我慢の観戦




ここ二日間の練習試合での失点は22

これはですねwwww
私の想像以上の展開でしたねwwww

さすがに和田監督もキレまくった様ですww

開幕までにある程度修正が進んで居ればいいのですが
間に合うかどうか?
それも首脳陣の手腕にかかってるわけです

今年のタイガースの投手陣の中で気になるのが
トータルバランスが取れた投手が少ないって事

分かりやすく例えるならば

球威があってもボールが高めに集まる
球威がなくても低めにコントロールが集められる


双方備えている投手ってそんなに見つからないのですがw
居たとしたならば、エース級でしょうww

上を見れば、欲を前面に出せばキリがないのですが

チーム全体の投手陣を見れば、
投手王国レベルではないと思う

岩本輝が凄く良く見えるのは
コントロールが低めに集められるから
緩急をうまく使いこなせて、球威不足を克服出来ているから


それだけでも素晴らしい投手なんです
でも、どうしてもあと5キロの球速アップを求めてしまう
自分がここに居るわけですwww

まぁ、統括的に見れば、今の段階では
全体的に若虎は伸び悩んでる状況であり
ベテラン陣は下降線を辿っている状況下にあり
復活劇まで時間がかかるかな?って感じを受けます


球児がMLB挑戦で去った今シーズン
守護神に抜擢されたのは御存じ久保である

球児の同期であり、経験値も豊富
球威も向上し、度胸もある

手堅い選択であった事は言うまでもない

問題は立ち上がりが不安定な部分が先発時代によく
見かけられたので、そこをどう克服して来るのか?

6日に一度の登板ではなくなり、逆に展開によっては
連投になる立場に逆転しましたので

ブルペンでの調整は、球数を減らしながらも
しっかりと投げ込んで調整を進めている

立ち上がりをしっかりと安定させる
更に、トップギアからスタートを切る


この2点を重点に置いて、体力面でもしっかりと
トレーニングを積んで日々を送っていると考えられる


首脳陣の中に守護神福原という構想も絶対にあったと思う

球威と経験値は福原豊富であるが、不安材料もある

高めにコントロールが集まる傾向が強いが為に
長打を食らう一発病のイメージが強い



そう考えてみると、どう考えてみても
福原は先発タイプなんだよね。。。。


中継ぎ抑えは基本的に球威も必要だと私は考えている


球威のある投手が足りないが故に福原には
中継ぎの立場として戦わせるのだろう

本当は先発に回したいと考えている投手コーチは
絶対に存在していると思う

中継ぎ陣の駒が足りない状況下では仕方がない

それでもあの防御率でしょ?

たいしたもんだなっと痛感するわけです



球児が居なくなった事で完全なる守護神を失った

それ以上に若手達にお手本が居なくなったと
表現をした方が現実的なのかも知れない


ストレートという魔球で戦える偉大なる守護神
そのストレートには球威と速度が存在した


球速以上に球威という圧倒的パワーで
打者に迫り狂うあの魔球ストレート


投手であるならば、誰しもが求める究極の世界である


重いストレートは投げられても
魔球ストレートは早々投げられない



しかし、その球児のストレートも徐々に
魔球ストレートから重い球へ変貌しつつあった


そう、年齢と疲労蓄積という積み重ねの中
フォークとカットボール、スライダーで
緩急をつける投球は昔からあったが、
ストレートの球威をカバーする為の変化球を
中心とした配球が目立ち始めていた

そういった意味で、球児にとっては最後の
MLB挑戦の状況だったのかも知れない


その球児には経験とリーダーシップ、そして実績
更に信頼という絶対なるカリスマ性をファンや球界以上に
球団全体、特に投手陣に圧倒的存在として君臨した


その大きな存在を失った今シーズンの阪神

今、球団として最も必要なのが、
若虎投手陣達の成長と経験


そして球威溢れる速球投手の人材育成である


高宮をオリックスから人的補償で獲得した
昨年は五十嵐を獲得を逃してしまった

中村GMは高宮獲得時に

「左投手はいくら居てもいい」

とコメントしたが
その根底は速球派を一人でも多くという願望心から来た
高宮獲得だったと考えられる


五十嵐にコケ、高宮を獲得した意図は
球児に勝ることはないにしろ、福原並みの速球派投手を
とにかく欲しいと言う球団側の焦りを感じる


確かに高宮のコントロールをしっかりと修正出来れば
中継ぎとして活躍できる可能性が高い

これがコーチ陣の腕の見せ所って奴でしょうね



私は、今年のキャンプを見て痛感したのが
松田と田面と秋山が何故?1軍に今いるのか?

とにかく球威球速を向上させるスペシャリストである
山口コーチのそばで練習をさせ、指導を受けさせる

そう、山口コーチの指導力に賭けている感じがする

山口コーチは、去年の秋季のキャンプから若手育成に
力を注いでいると思うが、

何しろ球威が物足りない投手だらけの状況

山口コーチや他のコーチ陣が
どんなに頑張って指導しても、球威球速と同時に
コントロールも崩さない事が重要であるから
当然時間がかかる作業になることは言うまでもない


逆にファームに留まっている投手陣の主力メンツは
安藤、久保田、加藤、川崎、など、ベテラン選手が目立つ
彼らは怪我や不調によって、実力が発揮出来ない状態

そこに久保コーチに徹底的に時間をかけてフォーム修正をさせ、
復活をさせるコンセプトが伺える

ただ、全員が、球威球速がイマイチの状況である
特に久保田と川崎に関しては時間がかかるかなぁ?。。。。。


じっくりとフォーム修正をさせる意味では
ファームに久保さんが居るにこしたことはない


速球派を育てる山口コーチが上に居れば
確かに、その場で多少の修正をかける事が出来る

少しでも指導力が劣らない為に
今年はファーム投手コーチ陣は、久保、湯船、藪の3人体制で
若手投手の底上げを図っているのだろう

いずれにせよ、若虎達の球速球威が重要
コントロール精度が重要


そう、絶対に双方が重要

それプラス1シーズン戦える体力と精神力が必要



岩本輝が1軍に生き残れる可能性を秘めているのは
低めのコントロールが絶妙である事
更に緩急をしっかりとつけられる球種をしっかりと
使いこなせる事だと思う


問題は1シーズンどこまで?
彼の球威が持つか?通用するか?
疲労蓄積や、相手チームの研究されても、しっかりと自分の
投球が貫けるかどうか?

疲れが溜まった時、更に研究されて苦しんだ時が本当の意味で勝負

それが経験値となり自信に繋がるのだと思う



今年のタイガースの投手陣は
球児が居なくなった以前の問題として我慢のシーズンに
なる可能性を高く秘めている

先発陣も中継ぎ陣も守護神も全て
若手に経験値を与えながらの我慢のシーズンになる



そうじゃなきゃダメ、そうしなければならない

それを避けて、ベテラン陣に頼ってばかり居た
若虎達には中継ぎとして経験値を沢山与えてきたが、
中途半端にし起用し続けた傾向も否定出来ない


だから若手投手がガンガンに伸びきれていない
特に先発陣ね


昨年、鶴の起用が非常に残念だった
彼を先発陣として我慢の起用をし続けていれば
間違いなく、彼は今以上に経験値を積み、今シーズンは
今以上に自信を持ってキャンプやオープン戦に
挑めたのではないか?と思うわけです

確かに1、2点差で負けているゲームで、ロングリリーフ
として、鶴を起用し、経験値を上げた事は事実です


先発で使った方が良かったんじゃないの?って
思いながら見てたんですよね

確かに阪神は勝たなければならない球団かも知れない

でもね、育成と勝利の共存が、真弓さんと和田さんは
あまりにも出来なさすぎる

岡田さんみたいに、割り切りもある程度必要なんだよね

巨人だって中日だって負けゲームは存在する

負けゲームとして割り切って、若手をドンドン起用して
主力投手陣を休ませるのも大事なお仕事だし大事な判断力だと思う

和田さんと黒田さんと中西さんの3名がそれを割り切って
判断したならば、それはそれでいいと私は思います


まだオープン戦の最中
開幕まで投手陣だって、修正ゼロなわけではない
しっかりと修正して、コントロールは最低でも
修正して来ると思う

でも、我慢の観戦が続くかもしれません

若手育成の段階では。我慢の起用と我慢の観戦は
絶対に必要なんだと思う


経験値がついて伸びてくれば、
これ以上の喜びはないと思うから

*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  

PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません

記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております

遠慮なくメールをガンガン送ってくださいね

ちなみにメールから記事作成のケースが当サイトは多いです
皆様からのメールが記事内容になる事が殆どです
遠慮はいりませんぞ^^;

レスは極力即日対応を心掛けておりますが、
受信メールの量によっては当日レスが出来ない場合が多々ございますw
必ずレスはする主義なのでw亀レスの件につきましては
どうかご理解願います^^;
皆様のメール心よりお待ち申し上げます

正悟にメールする方はここをクリック!
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 17:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 TIgers
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62582147

この記事へのトラックバック