虎心不動TOP

.com/txcou

2013年03月04日

西岡を獲得した大きな意味




実は、西岡獲得以降、一度も彼の記事を書いてませんでした

球団が西岡獲得に躍起になっていた時期、
鳥谷が海外移籍するか?残留か?という状況であった

最悪鳥谷が移籍した場合、上本、もしくは大和が出来る
大和はセンターにコンバートされているが、
一番適したポジションは誰が何と言おうがショートである

まぁ上本はセカンドが手堅いと思う
彼の送球は大和や鳥谷に比べると、深めの捕球の際
厳しい展開がある可能性が高い

彼はセカンド固定で間違いないと私は思う

鳥谷が宣言せず、単年契約を結果的に行った

鳥谷もMLBへの夢だって腹の中に居るだろうし
下手すりゃ国内移籍だって想定しなければならない

それがFAの仕組みであり、球団側が受け身になる瞬間
と言ってもいいだろう

その時、西岡は入団を決意し、阪神タイガースへ来た

西岡は28歳
日本代表も経験し、MLBも経験している
二遊間の双方を手堅くこなせる

更にスイッチヒッターであり、アベレージは高く
中距離ヒッターであり、足も速い方だ
盗塁も出来る野手である(赤星クラスと考えてはダメ)


こんな素晴らしい選手が28歳

喉から手が出る程欲しくなって当たり前です



経験値溢れる、28歳のスーパー野手が獲得出来れば
幾らでもバリエーションが増えます


鳥谷が居なくなった最悪の想定の元
絶対的に必要な選手として球団は獲得したのだと思う


その結果が、平野退団へと繋がり
阪神ファンとしては複雑な思いで平野のオリックスでの
再開花を願っているのではないだろうか?


さて、キャンプも終え、オープン戦に参戦中の西岡

まず、チームとしてやんちゃな性格でストレートな性格
阪神に新たなムードメーカーとして期待される

元々は右打者
中学あたりから左打者に転向し
プロ2年目でスイッチヒッターに転向

右投手打率.293に対して対左打率.320と左投手に強い

スイッチヒッターとしてはかなり機能していると言える

去年、杉内、内海、山口という左投手にやられまくった
苦い思い出を払拭さえてくれる事に一番の期待を感じる

中距離打者で安打数を稼げるのではないか?と
期待感溢れるが、問題はミズノの低反発に対して
どこまで理解し、実戦が出来ているか?

水谷コーチが来てくれた意味がそこにあると思う
本当に有難い存在だと思う

当面は1番として君臨するだろうが
将来は3番を張って欲しいと思っている

田上、大和、上本辺りがいずれは1番を張って欲しい
願望が私にはある

彼がスイッチヒッターで完成度が高いのは
阪神の戦力として本当に有難い存在である


左足の骨折の古傷に、土のグランドは人工芝よりも
遥かに負担軽減につながると思う

とにかく怪我さえしなければ、そこそこの結果が
出ると信じている


MLBで完全に実力を発揮できず
日本球界に戻った西岡に、阪神で何としてでも
完全復帰したいと言う願望が強いはず


巨人、中日へ対等に戦う
西岡が阪神へ来てくれたおかげで
その可能性は大幅に上がったと思う

これから開幕に向けて徐々に調整を
仕上げ段階に持ってくるだろう

流れを変える安打と走塁
ここ一番で打ってくれるタイムリー

堅実な守備力

その全てに期待を持って西岡選手の活躍に
期待しています

*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  

PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません

記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております

遠慮なくメールをガンガン送ってくださいね

ちなみにメールから記事作成のケースが当サイトは多いです
皆様からのメールが記事内容になる事が殆どです
遠慮はいりませんぞ^^;

レスは極力即日対応を心掛けておりますが、
受信メールの量によっては当日レスが出来ない場合が多々ございますw
必ずレスはする主義なのでw亀レスの件につきましては
どうかご理解願います^^;
皆様のメール心よりお待ち申し上げます

正悟にメールする方はここをクリック!
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 TIgers
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63328308

この記事へのトラックバック