虎心不動TOP

.com/txcou

2013年03月24日

福留とコンラッドは統一球に苦しんでいるはず!!



藤浪の記事は明日に回しますw


今日は打線について改めて書こうかと。。。

ここ数試合、各球団の投手陣が開幕を見越しての
本気実戦モードに入っている

想定通りチーム打率は急降下し始めた
正真正銘の実戦になって初めて本当の結果が出る


キャンプ中の練習試合や、オープン戦の前半は
本当の意味での実戦ではない
むしろお試し配球が主流だし、若手を試す時期でもある

つまり開幕直前の今が正念場って事です
本当の実戦形式が正にこの3日間で行われたのだ


この3日間、投手陣の出来としては決してよくない
オリックス相手を阪神打線は打てませんでした


水谷コーチも悔しかったでしょうね


コンラッドの打率は見る見る下がり
福留も同様イマイチの状態


新井良太はアウトローのボールゾーンへ逃げる
スライダーを大振りする悪い癖も出て来た


良太は焦った時についついやってしまう
アウトローのスライダーにむやみに手を出す癖を
辞めなければ、3割バッターには絶対に慣れないし

チャンスを潰す無様な三振を積み重ねる可能性だって高い

ここを克服出来れば素晴らしいバッターになれるだけに
見ていて もどかしいさ すら感じてしまう

このアウトローのスライダーをファールで逃げられればなぁ
いい打者に慣れるのだが。。。。。
兄を超えられない大きな要因がそこにあると思う



さて、私がこのオープン戦を見て、こりゃキツイなと痛感したのが
コンラッドと福留である

この二人は明らかに統一球の実戦モードで大きな壁に
ぶち当たっていると考えられる



柵越え連発しても実戦でダメなら意味がない

まぁこれがペナントなんですよね

コンラッドは柵越え連発してましたが
オープン戦に入り、実戦モードが強くなった頃から
内野ゴロが増えまくった

芯を外している証拠なんですよね
たまにホームランを打てても、打率が低ければ
フォードやメンチに毛が生えた程度の助っ人になる

実戦で力むなと言うのは無理な話
だからこそ、猛練習、猛スイングを重ね
力みを徐々に除いて自分のスタイルを確立するしかない

練習モードのボールが打ててもね
実戦で打てなきゃ意味がないのだから

ブラゼルより打てればOKなんですけどね
ホームランよりアベレージと打点が大事だと思う

まず芯を捉えられないケースが多い事が気になる
先週あたりからガタ落ちしました@打率

ミズノの統一球の本当の洗礼なのかも知れない



もう一人、もっと深刻なのが福留である


福留の打球を見て感じ取った方は多いと思う

彼は統一球の洗礼で苦しんでいます
芯を外され、打ち損じが目立っています
打ち損じが多過ぎます

この時期になっても芯を外して打ち損じ
どうだろう?って思うわけです


昨年の金本にそっくりな弾道と飛距離である
昨年の新井貴浩の打ち損じと同じ内野ゴロが目立ちます

浅い外野フライや内野ゴロを築き上げているからこそ
あの低打率でオープン戦で苦しんでいるのだと思う


芯を外されてやられまくってる状態なんです


MLBでツーシームやカットボールの対応には
慣れているはずの福留がしてやられているのが分かる

ミズノの低反発のカットボールやツーシームは
MLBの剛腕投手達とは明らかに違いがある

小さく変化するチェンジアップの様な動きをする
力強さよりも

それがミズノの低反発の高投を作り上げた最大の武器



なるほど。。。。。
統一球3年目を迎える新井貴浩を突貫工事にしてまでも
無理矢理仕上げようとする首脳陣達の焦りの状況

手に取る様に分かる


多くのブログ運営者が「福留は大丈夫だろう」と
彼を信じていた記事が過去に目立っているが、私は
蓋を開けて見なければ分からないという表現を続けた


右足の踏込のタイミング云々を福留は話しているが
溜めよりもバットコントロールだと思う


残り5日間でどこまで仕上げてくるだろうか?

スライダーとカーブの狙い撃ちは出来る技巧派である
福留にとって、どう開幕から交流戦までを凌げるか?


水谷打撃コーチの指導力もそうだが

それ以上にスコアラーと和田監督と黒田ヘッドコーチの
分析力と狙い球の絞り方が

福留、コンラッドに限らず、勝てるゲームを作り上げる
大きなカギとなるだろう


福留、コンラッドの両名には本当に踏ん張って欲しい

貴浩だけは休ませてあげたい

*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


当サイトではコメントシステムを行っておりません

記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております

遠慮なくメールをガンガン送ってくださいね

レスは極力即日対応を心掛けておりますが、
受信メールの量によっては当日レスが出来ない場合が多々ございますw
必ずレスはする主義なのでw亀レスの件につきましては
どうかご理解願います^^;
皆様のメール心よりお待ち申し上げます

正悟にメールする方はここをクリック!
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 TIgers
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64027303

この記事へのトラックバック