虎心不動TOP

.com/txcou

2013年04月25日

榎田を見殺しにした阪神打線




今日は中日岩田と榎田との投げ合いになったが
明暗を分けたのは四球

榎田は先発に転向し、フォームをゆったり目に
更にリリースポイントも安定感ある修正を取組み
しっかりと先発ローテの一角を守っている

ゲームもしっかりと作ってくれている

ストレート、カットボール、シュート
この3球種で本当に的を絞らせない

更にスライダーのキレが左打者にとっては
全く距離感を掴めさせない程のキレキレ

いい投手になったんですが。。。。。

1安打1失点で負け投手

こりゃいくらなんでも気の毒

そう思われるファンも多かっただろう

しかし、6回で114球6四死球

1安打は褒めちぎってもいいが
この四死球は決して褒められる内容ではない


打たれなければいいってもんじゃない
ランナーを出して苦しんでいるのには
変わりがないのだから


逆に言えば、よく1点で凌いでくれたと
いうのが私の本音

中日打線も確かに厳しい状況

阪神同様、コーチの指導と選手の意思が
噛み合っていない気がする


7回1失点、見事なピッチング

カットボール、チェンジアップ、シュート
ストレート、ムーブするボールを
フル活用して凌いだ感がある

ノーヒットノーランの割にはwww
随分ピンチを迎えて見えたのは
四死球が原因であることは明らかである


素晴らしい先発投手です
3点でも取っていれば、ヒーイン受ける位
いい投手ですが、、、、、

あれだけボールが抜けてしまえば
どうしようもない

良く凌いでくれたと褒めるしかない


1安打1失点で負け投手


そうなれば、打線を考えなければならない

榎田のコントロール以上に
榎田を見殺しにした阪神打線


試合中に何か対策を取って、取り組んだのだろうか?


確かに、中日の岩田の投球は実に見事だった

まずスライダーのキレが良く逆サイドのシュートと
織り交ぜて投げてくるので、阪神打線がキリキリ舞い


岩田以上に、谷繁の配球術を褒め称えるしかない


落合監督に徹底的に
ナゴドの勝ち方を叩きこまれた
谷繁と小田の両名は、勝ち方を知っている

彼らの配球は東京ドームで巨人打線にも
通用するほどの配球術である

巨人をナゴドで手玉に取っていた時代が
あったのもよく分かる

今日の岩田は
ストレート、スライダー、シュート、
チェンジアップフォーク、そしてカーブ

その中でもストレート、スライダー、シュート

この3つの球種が主体となっていた

谷繁の配球で、阪神は徹底的にタイミングを
外され、フライを多く打たされた感がある


谷繁が本当に上手いのは球を振らせる事
もちろん岩田の投球技術がなければ成就しない

カーブの後のボールが実に上手い

100キロ程度のカーブの後に
ストレート、スライダー、シュートと
あらゆる球種でタイミングをズラして
凡打の山を築いた

スライダーのキレが好調だっただけに
カーブの緩急後の決め球が実に絶妙だった


んで?
なんでこんなに打てない打線が続いているのか?

まず緩急の対応ですが

遅い球から速い球への対応力が酷い

この一言に尽きるでしょう

阪神打線は緩い球の後の早い球が打てない

これは各球団のスコアラーがお見通しである

この部分においての改善が全く見られない


もう一点が、
高めのストレートの振り遅れ

とにかく巨人打線がホームランを打てるボールを
悉く振り遅れてファール
にしてしまっている

このファールでどれだけの安打や打点を
逃し続けているだろうか?

今日の岩田に対してもそうだった

明日対戦する横浜の高崎にも
それでやられまくっている

シュートが打ててもスライダーが打てない
スライダーが打ててもシュートが打てない

カーブの後のシュートやストレートを
振り遅れて凡打の山を築く


決め球フォークが来ると分かっていても
どうしても振ってしまう
そんなレベルではない
カーブの後のストレートが振り遅れているのだ

これでは好投榎田を見殺しても当たり前である


福留もコンラッドも鳥谷もみんな不調であるが
実はこの3人は選球眼はいい選手である

バットコントロール云々以前に緩いボールの後の
早い球をとにかく振り遅れてしまっている


カーブ、ストレートの順番を徹底的に
繰り返して打撃練習でもしたらどうだ?


と草野球レベルの因縁をつけたくなるような
酷い状況である


壁を作った溜めを作るのもそりゃ結構
それ以上に、ストレートを振り遅れる

高めのストレートを弾き返せない

こんな打者がクリンアップに2人も並べてては
好投投手を見殺しにする確率は高い


こんな発想もアリだと思う

3番マートン
4番新井
5番新井
6番鳥谷
7番福留


兄でも弟でもどっちでもいいwww
だから名字だけにしたwwwwww

チャンスで鳥谷に回ってもワクワクしない

打撃コーチ陣はどうなんだろう?
昨年の片岡の様にベテラン陣には
好きなようにやらせているのだろうか?

我流で好きなようにやらせているのだろうか?

カーブとストレートの交互の反復打撃練習でも
やって緩急の対応をしっかりとすればどうだろう?

ティーやっても実戦でダメならどうしようもない

確かに交流戦辺りまでの我慢だと思うが

応急処置の練習法だってあるのではないだろうか?

榎田の好投が報われなかった今日
阪神の岩田なんて慣れっこだよな
スタンもメッセも我慢の投球は慣れている

だからと言って、いつまでもこんな不振を
続けられてはたまったもんじゃない


最後に今成の代打のスイングを見て思った
ファームも緩い球から速い球への配球に
全く対応出来ていない


さぁ水谷コーチ
ベテランの方々に対し、鬼の形相でww
緩急に対応すべく指導を改めて行って欲しい

キャンプ中にもっともっと遠慮せずに
鍛えまくって欲しかった

コンラッドも福留も好きなようにやらせて
この結果は実に残念である

この成績で2位であること自体
投手陣のおかげでもあり、
1強5弱の最悪なパターンの図式が
出来上がっている現状をいち早く2強に
してほしいものですね

明日の高崎は緩急が全て
緩い球の後のストレート
どこまで対応出来るだろうか?

本塁打が出やすい横浜で何かを掴んで
勢いつけて欲しいものです
*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方
更新の励みとなりますので、よろしければ
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールをガンガン送ってくださいね

正悟にメールする方はここをクリック!


虎心不動のフェイスブックはこちら


虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2013 TIgers
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/65637295

この記事へのトラックバック

1点が遠かった
Excerpt: 最終回は完全に流れがこっちに来てたのになあ。相手の堅い守りに阻まれたというより、ナゴドの重苦しい雰囲気に田上が飲まれたような感じやな。
Weblog: 虎談巷説 阪神タイガース的日常
Tracked: 2013-04-26 20:58