虎心不動TOP

.com/txcou

2013年05月03日

先発乱調対決はメッセが踏ん張っての勝利




GWはデーゲームが多い
今日はメッセVS石川

石川をどう打ち崩すか?と考えてたのですが
その心配は要らなかった

前代未聞と言ってもいい程
石川のコンディションが最悪
だった

球のノビも勢いも、変化球のキレも
挙句の果てにはコントロール
その全てがズタボロだった

阪神は石川のおかげで打率を個々が
軒並み上げさせてもらった状態

2回を投げた段階で9安打8得点

あんな石川を僕は見た事がない
うなだれて今にもガックリと腰を落としそうな
あの石川の表情は初めて見た


福留を下げて伊藤隼太が出て来たが
怪我でなければ、これは余りにも早すぎる判断
と思ったら、無理をさせなかったとの事

何故ならば、メッセの状態が、一歩間違えれば
石川以下のBADコンディションだったからだ

今年のメッセは一度完封をしているが
全体的にかなり悪い
低め低めのコントロールが全然ダメ

高めにボールが浮いてしまう
デーゲームとはいえ、まだ肩は冷える気温
風が冷たければ、尚更のことである

球威も球速も完全なる状態ではないが故に
彼のストレートは当たれば外野までは飛ぶ


うむ。。。。。
統一球の恩恵を受けていたメッセにとって
昨年まで抑えられてた、いや、オープン戦まで
抑えられてたボールが弾き返されている感覚が
あるのではないだろうか?

来日当初のメッセのイメージがどうも付きまとう
高めに少しでも行けば、彼の球威でも外野に飛ぶ

やはり球威があっても低めが大事って事です
低めにしっかりとボールを集めていれば
高めの半分以下の確率で安打も飛距離も減る

飛ぶボール時代の配球

それプラス芯を外す配球

低め重視




3回までメッセは86球も球数を放っている
3失点、5安打、3四球 3奪三振

決していい投球内容ではないし
むしろ5回でアップアップになるだろうと思った


石川とメッセの大乱調のせいで
試合開始2時間経過で3回裏の攻撃がまだ終わってない

こりゃズルズルと行くだろう
メッセも4回捕まったら終わりだなぁっと

そう思っていた私の嫌な予感は外れてしまったwww


野球とは面白いものでwww
メッセは4回から急に
別人の様な投球に変貌w

低めにボールが集まる様になりwwww

4回から7回までの4イニングを
1安打1奪三振 0四球
外野フライのアウトは3つ

後は内野ゴロで仕留めている

しかも4回以降の球数が40球と言うwwww
超エコの投球が実現しちゃっているwwwww

低めにボールが集まると
しっかりと抑えられる


高めに集まると飛ぶボールほどではないが
去年よりは飛んでるのは確かだと思う

真ん中にツーシームやカットボール
大胆にフォークを投げれば、芯を外して
打ち取れるシーンが目立った昨年

今年はそれが通用しない

巨人は高めのボールを徹底して打ちに来ている
低め重視のコントロールが可能な投手であれば
抑え込むことは可能なはずだ

榎田があれだけ四球で崩れても
被安打が少ないのもうなずける
低めの今トールが定まらず、自滅しているが
高めに逃げる配球を日高はさせない


飛ぶボール時代の配球をしっかりと行える
コントロール精度の良い投手が防御率を
昨年同様維持できるだろう

統一球の恩恵を受けた投手は軒並み
ファームへ落ちる生活になる可能性が高い

明日の注目は岩田がどこまで低めのコントロールを
改善出来たか?だと思う


さて、今日の阪神打線は猛虎打線そのものだった

石川があり得ない程のBADコンディション
大場も同様であった

後は負けパターンの投手リレーである

勝ちパターンに比べるとやはり質が落ちる

フルボコにして当然のヤクルトの系統に
阪神打線は活気づいた


3割を切っていた西岡も猛打賞で3割安全圏

大和は犠打、四球を含め、5打席で猛打賞、凡退ゼロ

マートンも猛打賞で四球2つ選んで、凡退ゼロ

新井貴浩も猛打賞で打点4、打率を2割7分台まで引き上げた



まぁやりたい放題ですねww
こんな試合で打者達はきっかけを作ってくれればそれでいい


初回、メッセのバスターエンドランが成功した
あのメッセのヒットが大きく流れを変えたと
思われる方も多いと思いますが、私は違います


あの石川を打ち崩せなければ、ヤバイでしょ?wwww


それ位、今日の石川は、スライダーもシンカーも
チェンジアップもストレートも全く駄目だった

榎田じゃないけど、正にボールを置きに行った所を
阪神打線に捉えられた

いやいや、流れとしてメッセのヒットがぁ!!

いや、あの石川では
どの球団でも楽に打ち崩せましたからwww

あの出来栄えの石川を打ち崩せなかっとしたならば
そりゃ阪神打線は終わりですwwww



小川監督が一番悔やんだのは石川以上に大場
代打出さずに続投して自滅されて降板


ありゃルーキーでも相当怒られてるだろうな。。。。


とにかく、石川が大量失点で降板、負けパターン
これは各打者にとっては、きっかけをもらえる
数少ないチャンスを公式戦で得たのだと思っている


勢いをつけて欲しい
感覚を掴んで欲しい


それを明日のヤクルト戦に
巨人戦に繋げて欲しいですね


さぁ明日は岩田VS小川ですね

岩田はとにかく制球です
低めにどこまでボールを集められるか?
そこが第一のポイントです

対する小川ですが、ストレート重視ではないです

ロマンの小さい日本人版見たタイプでして

ストレートは30%程度
カットボール20%程度
残りの50%が以下の球種です

シュート15%程度
フォーク
チェンジアップ
スライダー



カットボールで詰まらせながらも
緩急でも詰まらせる
内野ゴロのオンパレードを取れるタイプかな?

ロマン同様、ストレートに球威がないわけではない
147キロのストレートもしっかりと投げている


カットボールに騙されて詰まらせるのであれば、
チェンジアップ狙い
もしくは、シュートが狙い目かな?


狙い球を何に絞るか?
ストレートの半分がカットボールだと思ってもいいです

私ならシュートか?チェンジアップを狙います
後はファールでwwwwwww

明日勝てば念願の貯金4ですわ

初顔合わせの小川に対して、どこまで
打ちこむことが出来るだろうか?

打てると思っています

*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方
更新の励みとなりますので、よろしければ
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールをガンガン送ってくださいね

正悟にメールする方はここをクリック!


虎心不動のフェイスブックはこちら


虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(2) | 2013 TIgers
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/66365455

この記事へのトラックバック

ウル虎ユニで猛打爆発!
Excerpt: 夏休み用の限定ユニのお披露目。巨人の星で花形満が着ていたような、右胸にHTマークのシンプルなユニ。これがいい気分転換になったのか、この日は打線が大爆発して圧勝した。
Weblog: 虎談巷説 阪神タイガース的日常
Tracked: 2013-05-04 12:58

マエケン打てず完敗
Excerpt: 広島先発は前田健太。本来なら5/3に復帰予定だったのが、大竹が背中の張りを訴えて登板を回避したので前倒しで登板が決まった。予定通り巨人戦で投げとけばよかったのに。
Weblog: 虎談巷説 阪神タイガース的日常
Tracked: 2013-05-04 13:05