虎心不動TOP

.com/txcou

2013年06月24日

メッセと藤浪に小宮山のマスクを!




巨人連敗に救われた横浜戦
先発投手陣がどうもピリっとせんですね
巨人もそうですが、先発陣で通用する投手でも
打たれるケースが増えて来ています

NLBの発表に伴い、各球団がまず。。。。
打ち勝つ為の試合展開をしてくると思います


横浜なんか特に、打ち勝つしか方法がない位
先発ローテも中継ぎ陣も揃っていないので

今年の強化は吉と出るかも知れませんが

投手陣がそれ以上に深刻な筈です

その横浜に連敗。。。。。
この連敗は痛過ぎましたね

二日間で7得点に対して
失点が11でしょ?

こりゃ勝てないと思いますよ
二日間で12点以上を取らなければ
打ち勝てないという話は打撃陣にとって
大変失礼な話となる

投手がダメだった2日間だったと言ってもいい

この2連戦
低め重視が出来ない2枚が先発

メッセ&藤浪


この二人の共通点は
球が速いが、高めに集まる


打たれますよ、フツーに

この二人の捕手を替えるべきです
藤井の配球では勝てないと思う

藤井も大変なんですよ
カットボールとストレートオンリー
カーブとストレートオンリー

キツイキツイwww
相当藤井も厳しいと思いますよ

藤井の配球だけが悪いわけじゃない

しかし、ストレートの攻め方に関しては
申し訳ないが。。。。小宮山の方が上だと思う

メッセと藤浪に関しては
捕手を替えてやらせて見るのも
一つの応急処置として面白いと思う


阪神首脳陣は
小宮山のスタメンがどうしても
気に入らないのだろうか?

藤浪とメッセは絶対に小宮山のリード
が必要
だと思うんですけどね

ストレートの配球は小宮山抜群ですよ
多分日高、藤井より全然いいはずです

え?打撃?後逸?
そっとしておいてくださいwwwww
その件に関してはそっとしてwww

冗談抜きで、小宮山の配球術は
恐らく阪神で一番の筈なんです

打撃と後逸(捕球能力)がちょっとね
まだバランスの取れた捕手になれてないのは
事実だと思うし、小宮山には一皮剥けて
貰わなければ困る状況です

捕球能力と打撃力
あと強気な姿勢と振る舞い


これが足りないから正捕手が務まらない

逆に言えば、配球と強肩以外が
かなりヤバイって言い方もあるかも


ただね。。。。。。
黒田ヘッドの山田バッテリーコーチの
価値観と小宮山のプレーの間に
噛み合わない何かがあるんでしょうね


確かに打ち勝つ為の打線で捕手が
ブレーキとなればそりゃ痛過ぎます

でもそれ以上に、球数や失点も考慮した
上で藤井が正捕手で正解でいいのか?
と思えば、私は違うと思う

一度試してくれると嬉しいんですけどね

小宮山とメッセ
小宮山と藤浪


このバッテリーを見てみたいですね




ボイヤーがついにマウンドへ

ストレートとカーブ主体
カットボールは習得できずお披露目なし
チェンジアップも投げる事なし

球速は150キロ以上をマーク
確かに球は速いが。。。。。。

打者三人、三者凡退で要した
球数がなんと27球

それだけファールで粘られ
カーブとストレートのタイミングに
各打者が合わせようとしていており

極めて危険だった状況だったことが
手に取るようにわかる

数回対戦した選手は、データー以上の
体感という経験が一番の武器となる

阪神助っ人にこんな暴言を吐きたくないが


日本のプロ野球を舐めんなよ


球が速かろうが、コントロールが良かろうが
日本の打者は打者で、MLBと違った形で
レベルが高いんだ

カーブとヘナチョコチェンジアップだけでは
日本で飯は早々食ってられないと思うよ

ストレートとカーブで3者凡退で27球

ストレートに球威がない
球速があっても球威が足りない


だからファールで粘られて、カーブも
ファールで粘られての展開だったと思う

もっと精進せい!!!


まぁ、ストレートに緩急をつけたりと
色々な工夫があったとしても。。。。

ストレートとカーブだけでは
球児クラスのストレートでも
フォークの様に縦に落ちる球がないと
かなり厳しくなると思う

あの球児でも最後の3年間は
フォークありきのストレートだったのだから


まずカットボール習得してお披露目した際に
どうなるだろうか?と言う事になるでしょうね

リーソップ2号状態になった場合、
その時はその時で仕方ないとあきらめがつけば
それでいいと思っています

ザラテもコンラッドも居ますしね

ボイヤーがダメだったからってね
慌てて更に助っ人獲得に焦る必要性はないって事


日本でカットボール等を習得して実践出来れば
まぁ。。。。低めのコントロールの出来次第です

とにかくもう少し見守って行きたいですね




さて、藤浪の方に参りますか?

カットボールとストレート主体
中西コーチの頑固な方針


評価すべきでしょう!

下手にフォームを崩し時期ではない
下手に改造して、球威球速を落としてもいいか?

そこに関して中西コーチはNOを突き出したと
私は考えています


ノーコンのピッチャーがいきなり制球が良くなる時
絶対に起きる現象があるんです


置きに行くんです


だから球威球速がガタ落ちするんです
そうなるとパッカンスッカン打たれまくるんです


カットボールは基本的に
ストレートと握りもリリースポイントもほぼ同一
つまり腕の振りが勝負


一番球速を殺さないで投げられる変化球です

ツーシーム解禁もある意味分かりますが。。。。
身体が開くのを恐れて封印しているはず



藤浪に制球向上の為に
球威球速を奪い取ったら、藤浪の本当の魅力は
全て削ぎ落とされてしまい、結果的に
普通の投手レベルまで下がってしまう可能性が高い


中西コーチはそれを絶対にしてはならんと
心に決めているのだと思う


ボールが高めに行こうが、四球を与えようが
藤浪の球威があれば、ある程度は抑えられる


カットボールとストレートでまずは制球を
良くさせる方針で固めていると思う



まずは1シーズン戦わせる

そこでプロの厳しさや、スタミナ面を
身体に叩き込んで、来シーズンに向けて
しっかりりと秋季キャンプで
フォーム修正や、変化球精度の向上を
球威球速を落とさない様にじっくりとやろう!

その方針で、藤浪と心中覚悟でローテを守らせている

そう信じています

だからストレートとカットボールオンリーなんでしょ?

ここ一番のカーブとフォークだけなんでしょ?


1軍レベルではない状況であったとしても
来季以降を見据えての育成指導を、1軍マウンドで
やらせているのであれば。。。。。


私は中西投手コーチの方針を支持するでしょうし
藤浪と心中し、敗戦覚悟の観戦だって出来ます

それだけの力を持っている投手

低め重視のコントロール精度さえ出来れば
失投も激減しますでしょうし、

昨日の3安打で5失点の様な
打たれたら長打と言う内容は減ると思います



同じ四球を出すのであれば
榎田の様に、低めを攻めた結果の四球の方が
ずっと宿題をこなしている感があるのでは
ないだろうか?


ストレートの配球は小宮山がピカイチです
一度組ませて見たいですね

明日から鬼門ナゴドでの中日戦

打ち勝つことが出来るだろうか?
抑え込む事が出来るだろうか?

6連敗すれば、間違いなく、下から突き上げられるし
上が逃げて行く筈です


もう明日は本当に負けられない戦いだと思います

貯金7になるのか?9に戻せるのか?

打撃面では大和次第でしょうね

ここで踏ん張れ!疲労に負けるな大和!
今が勝負の時だぞ!

西岡は足を痛めながらも2割8分5厘をキープ

大和もそこまで踏ん張って這い上がって来い!
この打率では、スタメンでは戦えない

だから頑張れ!大和!

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、

よろしければポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


Facebookをお持ちの方、この記事をシェアして頂けると
大変うれしいです 是非ご協力願います

この記事をシェアする

記事へのご質問ご意見はメール、

または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 17:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 TIgers
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/69945198

この記事へのトラックバック