虎心不動TOP

.com/txcou

2013年07月06日

大竹攻略が7回に成就した2連勝!



前田健太と同等のエース格として君臨する大竹

その大竹をどう攻略するか?

今日は榎田復活マウンドと兼ねて


投は榎田の制球精度
打は大竹攻略は如何に?



この2点に絞って観戦する事に決めていた

ではこの記事は攻め一本の記事で行きましょう

榎田の記事を書くともうパンクしますw

打の攻め方をじっくりと書いてみます



まず、坂の存在感
これね、お詫びしなきゃいかん位ですね
マシソンのボールを打てる気がしないと
書いたのですがw
4打席立たせると、伸び伸びしてますね

まず、しっかりとファールで粘れる
狙い球とコースが一致しない時は
ファールでちゃんと粘っています

第一打席
9球目のスライダーをヒットしていますが


インコースを攻めたストレート3球
緩急をつけたチェンジアップ
更にアウトコースへ逃げるシュート

速い→遅い(沈む)→早い(ムーブ)



この5球をしっかりとファールで粘って
スライダーをヒットしています

選球眼、溜め、共にバッチシの状態
これぞ!水谷マジックだと思う


あとは150キロを超えたストレート
この力あるストレートに押されない事

これが坂の大きな課題でもある

150キロを超えるストレートに対して
振り遅れない事
それを成就する為にはどうすれば良いか?

基本は溜めをしっかりする事です
変化球に騙されない様に心掛ける事が第一


そして2ストライクに追い込まれることを
絶対に恐れず、ストレートのタイミングが
合うまでファールで粘る事


これしかないのだ

腹をくくって三振覚悟でファールで粘る

そこでタイミングを掴めれば、自信を持って
ストレートを待つことが出来るだろう

それが出来ない打者が多くて阪神打線は
先日の巨人戦でマシソンにチンチンに
やられたと私は痛感している

この速球ストレート対策が出来る代表例が
鳥谷であり、好調時の西岡ではないだろうか?

まぁ鳥谷は疲労困憊でwここ数試合
引っかけては詰まらせているが(笑)

集中力を研ぎ澄ませ、打席に立った時の
鳥谷と西岡は155キロのストレートでも
いとも簡単に振り抜く事が出来る

坂にもその技術が備われば、
サードも奪える位の存在感を示す
事が可能
となるだろう



大竹といえば、チェンジアップとシュート
この2球種が優れているが為に
ストレートを引っかけさせる事が出来る


今日もそのシュートとチェンジアップに
踊らされ、ストレートを引っかけてしまう
ケースが多く見られた


チェンジアップか?シュートか?
それともストレートか?



その迷いこそ、大竹の配球術にハマった
瞬間だと言ってもいいだろう

そこに切れ味抜群のスライダーと
緩急をつけるカーブも投じてくる

正に球を絞らせない
ストレートを最大限に活かせる配球術



大竹の攻略はなんだろう?
私は単純に考えている


投げさせて疲れさせる事


先週、今週と阪神はツイてる
大竹相手がデーゲームであった

バテれば球は絶対に上ずってくる


昨日今井と久本を3イニングずつ
使い果たしてしまっている


出来る限り、大竹に踏ん張ってもらいたい


そんな広島ベンチを脅かす事がなかなか出来ず

阪神打線は苦しんでいた


やはりシュートとチェンジアップが
ストライクゾーンに来れば打ってしまう


これを坂の様にファール出来ればいいのだが、
変化球のキレが抜群だとそれがなかなか出来ない


それが人と人がぶつかるスポーツの野球なのだ


今日は湿度が高い
体力消耗度は高い日に当たった
その疲れが見え始めたのが7回であった
100球手前で大竹が大きく肩で息をし出した

野村監督としては
何とか8回まで大竹に頑張ってもらい
ミコライオ直結が理想だったと思う

最悪、阪神と相性のいい上野を8回に投げて
9回ミコライオで行くつもりだったと思う

それが野村監督の描いた勝ちパターンだったかも
知れないが、今村と久本が基本的には使えない

これは実に困った展開となるし
延長戦ともなれば、白旗を上げるしかない

打線に頼むしかない状況下となっていた


そういった意味で考えるならば
大竹をバテさせるのに手間がかかったと思う

ただ、昨日今井と久本を使い切ってしまった
7回は踏ん張ってもらうしかない


貴浩がカーブを見逃し四球
大竹はしくったと顔をゆがめた

本人が一番分かっている筈
そろそろ限界が近づいている

今成凡退の後の良太の四球

藤井はシュートを意図も簡単に弾き返す

もう球に力はない



球が上ずり、球威が衰えて来ている
1点を争う展開であれば、ここで交代も
あり得るが、エース格の大竹である事
更に、継投が苦しい現実がそこにある

今村、久本を使い切ったと言う
正にボディーブローが効いて来ている瞬間

ここで代打西岡

これは野村監督からすればエグイ起用
本当に相手ベンチが嫌がる代打攻勢だった

その西岡はしっかりと四球を選んで押し出しで先制

更に2アウト満塁

野村監督は動かず大竹を信じるしかない

力を込めたストレート
しかし球速以上の球威はない

疲れ果てた投手の一番悔しい瞬間

坂の2点タイムリーで7回一挙に3得点

これで阪神は勝てる体制が整った


最悪、中継ぎがズッコケて同点になったとしても
継投要因を考えれば天と地の差がある


現に安藤が2失点食らっても
加藤、福原でしっかりと勝つことが出来た


筒井、渡辺は温存出来たわけだ


さて、9回のチャンス

今成猛打賞のヒットで出塁で
代走俊介、バッター関本

初球難なくバントで送る
この難なく初球で簡単に送る関本
正にいぶし銀である



どうしても追加点が欲しいタイガース

2アウト2塁でランナーは俊介

坂の当たりはセンターへ抜ける当たり
セカンド菊池が何とか食い止め1塁へ送球


ギリギリサーフの判定をもぎ取った瞬間

俊介がホームを狙ってのクロスプレーの瞬間が
訪れていた

え?内野ゴロで突っ込ませるの?

ブロックの名手石原に完全に阻まれた形で
余裕のアウトでチャン時となった


これは私的に無謀だと思う


広島は内野手の連係はピカイチです
あそこでグルグル手をまわしてどうする?


ここで追加点が欲しい気持ちは分かるが
やはり、次の打者を信じる気持ちが大事だと思う

この様な追加点を逃す首脳陣のやり方に
腰を据えた判断力と采配が足りないと痛感した




さて、今成は猛打賞で存在感をアピール
打率も2割9分8厘まで伸ばしてきた

大竹との第一打席

カーブ   アウトロー ファール
ストレート インロー  見逃し
ストレート インロー  ファールで

チェンジアップ アウトコースを
センター前ヒット



第二打席
スライダー 高めのボール球 見逃し
カーブ   低めボール球  見逃し

スライダー アウトコース腰のラインを
流し打ちでレフト前ヒット



第4打席
カーブ  インロー     見逃し
フォーク インローボール球 見逃し

スライダーインコース腰のラインを
ライト前ヒット



坂同様、しっかりと狙い球を絞って
溜めを作ってしっかりとスイングが出来ている

彼の存在感はこれからも大きくなっていくだろう

打撃技術に関しては言う事なしの状況です


新井良太はストレートを詰まらせて
内野ゴロ2つに1四球


いや、もうアカンでしょ?
彼と心中はしてはならんです

もうスイングズタボロですから。。。。
心中以前のスイングだと思います


もうスタメンでは使ってはならんレベルの打率

レッドゾーンはとっくに灯っているのですが
和田さんは我慢の起用を続けています

明日のマエケン戦は外すべきです
関本で行く方がずっといいでしょう

西岡起用であれば、坂を使うのもアリです


今日の大竹攻略は7回に成就しました
明日のマエケンはもうスタミナ抜群で
どうしようもない位の大投手です

攻略は

右打者はカーブとスライダーを捨てましょう
シュート狙いでしょう
それしかないと思います

ストレートを打ち損じてでも
シュート一本に絞って打ちに行く

左投手はスライダーとシュートに騙されず
チェンジアップとストレート狙いで


前田の制球と球威
変化球のキレは?

結果的に彼のコンディションによる

それだけお手上げの大投手相手です

ワンチャンスを逃しては勝てないと思った方がいい


では榎田の記事は書けたら書くって事でwwwww

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、

よろしければポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


Facebookをお持ちの方、この記事をシェアして頂けると
大変うれしいです 是非ご協力願います

この記事をシェアする

記事へのご質問ご意見はメール、

または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 19:09 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2013 TIgers
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70592566

この記事へのトラックバック

榎田復活、坂殊勲の2点タイムリー
Excerpt: 四球連発で崩れ、四球を減らすとボールがまとまって打たれと、しばらく勝ち星から遠ざかっていた榎田。ファームの登板機会では肘の違和感で1イニング降板のニュースが入ったこともあって心配していたが、シーズン当..
Weblog: 虎談巷説 阪神タイガース的日常
Tracked: 2013-07-07 17:24