虎心不動TOP

.com/txcou

2013年07月18日

メッセがダメなのか?巨人が凄いのか?




最終戦、巨人相手に打ち勝った試合

宮國の調子は最悪
初回からストレート主体
スライダーとフォークがイマイチだった

スライダーが高めに来れば必ず弾き返す
今の打線は長打力は期待できないが
高めに浮いた球はとりあえず弾き返せる

これが出来るから2位に居られるのだろう

宮國をとっとと引き摺り下ろす事に成功した

榎田の投球については後日じっくりと書きます


明日からオールスター明けまで
じっくりと時間があるので日々、徐々に
記事をまったりと書くつもりでいるので

今日は、リードしていた7回のメッセの登板
大炎上の5失点の7回の投球について
じっくりと書こうと思います


メッセの配球と打線の違い




まず結果論から

メッセは巨人戦まだ登板がなかったと言う事で
志願して登板したと言うのだが。。。。。

良いデーターが揃ったのではないだろうか?
これは勝ったから言える事だが。。。。。

メッセ自身も勉強になった事だろう

自慢の球威も高めに行けば、巨人打線には
全く通用しなかった
という現実を
受け入れるしかなかっただろう


まずストレート
相変らず高いんですよね

球威があっても高く行けば打たれますが
メッセの球威は詰まらせるほどの威力がある

広島や中日ヤクルトには通用しても
巨人には通用しませんでしたね


巨人打線は面白いように
メッセの自慢のストレートをパンパン
弾き返して来ました



中西コーチにとっては
後半戦に向けての良いデーターが揃ったはず

それは勝てたから言える事なのだが
メッセの修正ポイントが明確になったのと
巨人戦ではメッセはとても使えないと言う事

使うとしたらカーブを鍛える事
ストレートの配球を改善すべき部分も見えた筈


巨人戦は、能見、スタン、榎田
もしくはツーシームを解禁した藤浪で
行くと決めたと思う


これだけのデーターが明確になった段階で
不幸中の幸いだったのではないだろうか?



藤井の配球レベルは巨人には通用しない

完全に巨人打線に読まれている位
実に単純過ぎる配球


メッセは小宮山にやらせた方が絶対にいい
日高にも持ってないここ一番のストレート
インコース攻めが出来るのは小宮山しか居ない

でも黒田ヘッドと水谷打撃コーチがね
小宮山の完成度の低さに起用する度胸がない
気持ちも分かるだけにねwwwww



2強4弱と言われる今年のセリーグだが


2強の中でも打線の質の差が出た3連戦だった


左打者の亀井に対して、メッセと藤井は
ストレートとインアウトに散らして
最後に低めにフォークを投じて三振を取った

これは東京ドームでも通用する配球だったか?

高橋だったら弾き返してただろうね

腰のラインにフツーにストレート投げてる段階で
東京ドームは打ち損じ以外は危険と考えた方がいい



私が注目したのが中井の打席

1球目 ストレート アウトコース腰のライン ファール
2球目 スライダー アウトコース腰のライン ファール
3球目 フォーク  アウトコースインローボールゾーン

4球目 カーブ   真ん中高めをヒット


メッセのとスタンリッジの大きな違いは
カーブの制球である

スタンリッジはフォークを投げない代わりに
スパイクカーブを投げる

カーブの様な山なりであっても
打者の手元で大きく落ちるカーブであり
通常のカーブよりタイミングが取りずらい

しかも球速が通常のカーブよりも早めである

スタンは通常のカーブとスパイクカーブと
投げ分けるプラススライダーも投げるので
相当的を絞らせない様に出来ていると同時に


低めにカーブがしっかりと集まる


スタンのカーブは低めに決まらないと意味がない
低めに落ちて空振りもしくは打ち損じを狙える


メッセのカーブは高めに行くケースが多い


このカーブの制球の差が防御率に現れていると思う


中井の様な溜めがしっかりと出来る打者は
高めのカーブを弾き返せるのだ


カーブの失投が多いメッセは、ここで空振りや
打ち損じを狙えず、ファールで粘られるケースが多い

低めにカーブが決まらなければ、単なる無駄球になる

その無駄球になるのをサクっとヒットにしたのが中井

このカーブを見て、メッセの防御率の悪さを痛感した



ボウカーには
インコース腰のラインのストレート

初球で弾き返されている


アウトコースに行かなきゃダメだ
これは藤井の大失態である

助っ人選手でしかもバットが振れている
インコースを得意とする打者であるデーターが無いのか?

初球はボールでもいいからアウトコースだろう



坂本も初球
アウトローのストレート
を見事に弾き返して
2塁打でタイムリーを放っている


皆さんここでお気づきでしょうか?
初球のストレートを打たれています

ストライクゾーンのストレートは
思いっきり迷わず振りに行ってるって事




阿部に対しては
初球アウトローのフォークで空振りを取っている

阿部はアウトコースの低い球を嫌う

初球その傾向が現れていると同時に
アウトコースへストレートが来たと
錯覚をして振られている事もお分かりだと思う


アウトコースへ構えた藤井のミットだが
2球続けて高めの吊り球の様にストレートが
続いてボール2になった


ここで残念なのが、カーブが低めに投げられない事


藤井はアウトコースへスライダーを要求

インコースへ入った所センター前へヒットを打たれた


これで既に2失点



村田に対し、
第1球 スライダー アウトコース 見逃しストライク
第2球 ストレート アウトコース吊り球 ボール
第3球 ストレート インコース吊り球  ファール

第4球 フォーク  真ん中低め 空振り三振


好調村田に対しての攻略は見事だった
初球のスライダーを見逃した時点で有難かった

アウトコースのストレートは見逃して
インコースのストレートはファールにしている

つまり村田はアウトコースを捨てている事が
一発で分かる


つまり、長距離打者の本能が引き起こす
真ん中からインコースに対して
引っ張って長打を狙う傾向がそこに垣間見える


そこにフォークを落として三振


この様な配球が出来るのがストレートの球威がある
投手の特権だと思う



初球が低め一杯のカーブが決まればどう思います?


そうでしょ?
スライダー腰のラインを見逃してもらったことが
どれだけ有難いかが?分かるでしょ?^^

ストライクゾーンのスライダーを見逃してくれた
これはストレートを待っていたお印なんですが。。。
カーブの方がずっと安全ですよね


だからメッセはカーブの制球がポイントなんです


更に長野の場面

初球ど真ん中のカーブを
3ランホームラン


やっぱりカーブの制球なんですよね


ここで皆さんにわかって頂きたいのが
カーブをバックスクリーンへホームランなんです


多分阪神だと、西武球場の菊池から良太が放った
一本しか見た事がないと思うんです


巨人はカーブ打ちが凄く旨いんですよね


阪神はスライダーとチェンジアップは旨く弾き返せますが
カーブまでのレベルの緩急だと


多分、鳥谷も、新井貴浩も
初球だと絶対に見逃すはず


ここが巨人と阪神の大きな打撃レベルの違いだと思うのです


水谷打撃コーチはその為に壁を作らせて溜めを作らせて
打撃指導を繰り返しているのですが・・・・・


今成位じゃない?
カーブ逃げずに打ちに行ってるのは?



2ストライクに追い込まれるまでは
甘いコースでもカーブはあえて見逃すケースが
本当に多いと思うし、打っても引っかけてしまい
内野ゴロで終わるケースが殆どだと思う


ここがね
阪神打線と巨人打線の大きな違いだと思う

水谷打撃コーチも頭抱えてるはずなんですが

まずね
セカンドとショート辺りから
山なりのカーブを投げて徹底的に打たせるべき


セカンドとショートから投げる山なりのボールは
本当に球筋が見えやすいんですよね

そこで芯に当てるべきバットコントロール
シャストミートするべきタイミングを作って
ストレートとカーブの最大50キロくらいの
緩急に耐えられる溜めを今以上に徹底
しなければ

絶対に長打力以前に、チーム打率も向上しない



壁を作る溜めを完全マスターすべき
カーブ打ちの徹底攻略をしていないと思う



2ストライクになったらどんな球でも打ちに行く
それはプロ野球選手だから落ち着いて打席に立てるが
所詮人間がやるスポーツ

万能でも4割行かない世界なのが野球

2ストライクに追い込まれても
平常心で打席に立てるのは
超一流選手位だと思う


だからね、カーブでも弾き返せる
溜めを作って引っかけないバットコントロールを
まだ身に着けられない打者が本当に多いって事


カーブを涼しい顔をして見逃して
スライダーとストレートを待っている様では
ここ一番の時に打てないケースだって多いと思う


メッセが悪かったのか?
巨人打線が凄かったのか?

答えは両方である

カーブの制球が甘いメッセ
カーブを弾き返せる巨人打線


カーブを涼しい顔をして見逃す阪神打線


この差余りにも大きいんじゃないかな?


メッセの改善策が明確に見えただけでも
大きな収穫だったと思っていいだろう

それと同時にカーブを引っかけて逃げる打線に
喝を入れる時が今じゃないかな?

オールスター戦に出場しない連中は
徹底してカーブ打ちを鍛えるべきだろう


何故ならば、カーブこそ溜めの基本だからだ

スライダー、チェンジアップは確かに使い手が多い
しかしカーブを見逃してストライクを無条件に
献上する打線が、ここ一番で大失態を犯している


改善すべき大きな課題がカーブ打ちでもある

巨人が出来て阪神に出来ない技術力


これの差が大きな差となって如実に現れているのだ


明日は俊介と浅井について書こうと思っています

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、

よろしければポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


Facebookをお持ちの方、この記事をシェアして頂けると
大変うれしいです 是非ご協力願います

この記事をシェアする

記事へのご質問ご意見はメール、

または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 00:58 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2013 TIgers
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71032783

この記事へのトラックバック

楽勝の筈が一転、それでも前半戦白星で締めた
Excerpt: 前日指をケガした大和に代わって、2番センターは俊介。この日も大和の穴を埋めて余りある活躍をしてくれた。ヒーローというより、MVPの大活躍。大和もバント失敗でケガしてる場合とちゃうで。
Weblog: 虎談巷説 阪神タイガース的日常
Tracked: 2013-07-18 08:09