虎心不動TOP

.com/txcou

2013年07月20日

阪神正捕手固定は来シーズンから始動する




日高の補強は私は当初反対だった
小宮山の立場を考えれば、当然の事だと
私は思っておりました

しかし、蓋を空けてみると
日高の存在が一番有難いシーズンとなっている


中村GMは馬鹿じゃない

藤井の息切れと同時に、小宮山の技術について
しっかりと理解した上での日高獲得だったのだろう


小豆畑はまだとてもとても1軍で戦えるレベルではない
今成の配球は言うまでもない
ライトを守っている段階で説明は不要だろう
今回は彼はライトと言う立場で考えた記事です


私は、最終的には、当面
小宮山VS小豆畑で阪神正捕手争い


が繰り広げられる時代が来年から始まると思っている


今年は、まず優勝を狙う為に
藤井と日高の併用でシーズンを戦っていると思う

この間が、小宮山と小豆畑にとっては重要な
時間であり、腐ったり燻ってる暇などない

つまり中村GMは来年以降、捕手育成もしっかりと
計算して日高を獲得していたって事

ただ、小宮山と小豆畑が育ってくれなきゃ
何も意味がない事
なんだよね


今日は捕手について書いてみようと思います



1.捕球

城島と言う完璧な捕手を2010年に一度味わった
確かにフォーク処理に関しては呆れるシーンも
多々あったし、相当叩かれまくったが、

皆さん良く考えて欲しい

フォーク処理能力に関しては
藤井も小宮山も酷い域だと思っている

城島より優れている捕球能力だとは絶対に言えない

フォーク処理能力で一番高いのは
いう間でもなく日高がダントツである

彼がマスクをかぶって居れば、各投手は
思い切って自信を持って腕を振ってフォークを
投げられると思う

これが大事なんだよね
フォーク処理が下手な捕手は阪神では飯は食えない

どれだけフォーク投げる投手がこの球団に居るのか?

阪神はフォークを投げる投手が本当に多いのだから

どこまで山田コーチの指導が反映しているか?

藤井のフォークの捕球を見れば一目ですね
昨年よりはずっと捕球能力が上がっている

身体で受け止めるという意味では
藤井はまだまだかも知れないが(笑)
ランナー背負ってる時は必死に体で
受け止める姿勢が今年から出ている

昨年フォークから逃げてた藤井が
バンバンフォークを投げさせている姿を見て
小宮山お前!何やってるんだよ!と言いたくなる

ここ一番でビビってるんじゃねーよと言いたいw



2.スローイン
ファーストランナーを1塁ベース上で刺す

これは城島しか出来ない
ジョーバズーカである

強肩に関しては、小宮山と藤井も頑張っている
日高今成に関しては、スローインの分野では
藤井、小宮山に比べるとかなりショボイのが現状

まず日高と今成、清水はスローインの制球が乱れます
これではタッチがキツイだろう?と思う様な
コントロールなんですよね


日高と今成についてはスローインはダメ
走られやすいでしょうね


私は高校入学前、中学3年生の時に、
高校の恩師に指導されたことがある

ウチの高校で野球をやりたいのであれば、
左バッターを辞めて右打者になりなさい、
そうすれば、君の送球は今以上に力強くなり、
制球も倍以上良くなる
私を信じてやってごらんなさい


送球のトップは足なんだ
腕や肩じゃねぇ

利き腕に力が入る為の足腰
右腕を振りかぶって投げるのだから
体重は右にかかった方が絶対に安定する

左足に重心がかかったら絶対に
低めにコントロールミスする事が増える筈なんだ

セカンド、ショートが一番取りやすい
タッチしやすい送球をするには
捕手は右利きなら右打席でスイングすべきだ

溜めを作るのは打席だけじゃない
送球も溜めを作って一気投げるんだ

それが出来ればお前は本当の強肩になれる



中坊の俺には言ってる事がさっぱりでしたwww

ただ、感覚が変わったのは確かです
コントロールも良くなり、送球も速くなった


そう言われた直後に、中学の顧問から右打席の
猛特訓が始まりましたww


結局、先公同士で話し合って
既に決まってんじゃねーかよ!


っと反抗心を持ったのを今でも鮮明に覚えていますw


阪神の藤井と小宮山の強肩度はたいしたもんです

俊足のランナーが思い切って盗塁が出来ません
え?コイツ盗塁凄いやってるんだ?

と驚く位、1塁に釘付けにさせています


その小宮山に負けない位の強肩の持ち主が
小豆畑である

彼の強肩度は、鍛えれば阪神NO.1になれますよ
捕球してから投げるまでの時間が異常に早いんです

溜めがしっかりと出来ればもっと制球向上に繋がるはずです

この強肩度については小宮山、藤井、小豆畑は期待が持てます



3.捕手の打撃力

これも城島の影響なんです
2010年の城島の打撃成績

打率3割3厘 ホームラン28本 打点92

これ捕手ですか?それとも4番ですか?と
言いたくなる様な数字でしたね

城島の打撃力を見せつけられて
もう、捕手で打線が止まったらいかんでしょ?

という感覚が定着されてしまったがwwww

実はこれ、凄くいいことなんです

捕手だから、打てなくても大目に見る時代は
とっくに終わったんですよ

打てない捕手には代打を出して、優れたサブが
マスクを途中からかぶる時代なんです


阪神ファンも、ベンチもある意味城島の残像を
追い続けているのかも知れない

それがトータルバランスの取れた捕手を
育て上げる一つの環境だと思う

小宮山がどうも打撃がしっくり来ていない

小豆畑もしっくり来ない

清水も岡崎もしっくり来ない


やはりファームの打撃コーチの指導力か?
もしくは捕手の練習に偏っているか?

まぁ、八木さん、河村さんの打撃指導では
いい打者がワサワサ出て来る事は厳しいと思う
増して大砲の育成など夢話だろう


いずれにせよ、小豆畑、小宮山。清水に関しては
打撃力を鍛えなければどうしようもない



捕手が8番を張るとなれば
和田監督は8番捕手に3回の攻撃からでも
平気でバントをさせてくる

藤井クラスの打撃力でも同等の策に出る


それに対し怒り狂う位の打撃力を誇る
捕手が出て来て欲しいのは私個人的の願望である


私自身が城島の残像を追いかけているのだろう


己自身が捕手の道を選んだ以上
阪神の正捕手を狙うのであれば
バットを抱えて寝る位の覚悟が必要

小豆畑と小宮山、清水には是非、水谷打撃コーチが
阪神で頑張ってくれている間にでも
溜めの基本と壁を作る技術力を
完全マスターして欲しいものだ

何しろ、少しでも疲れるとバットコントロールが
乱れがちなのが捕手
である

大変なポジションだが、打撃大好き人間が
捕手になると己の打撃にも活用できる
特権も同時に持っているのが捕手だと思う


それが出来てたのが、田淵であり、古田であり、城島であり
野村克也だったと思うし、阿部ちゃんもそうだと思う

俺ならこう配球するけどなぁっと
楽しみながら打席に立つ位、打撃を楽しんで欲しいですが

打たなきゃいけないというテンパる姿を見て
青いのう!!wwwwwと思うのは私だけだろうか?

この二人にはある程度打ってもらいたいし
打ってもらわなければお話にならない

でも小宮山ってファームで約3割バッターである事も
付け加えておきますですハイwwww



3.配球術
ふぅ〜
ここが一番の阪神での課題であると思う

黒田ヘッドコーチの配球術は実に見事だが
手堅い反面、突拍子もない位ストレートに
偏った戦術を取ってくる

配球術だけに関しては。。。。。
昨年の有田さんの方がいいかもね
配球術だけ限定ですよ


メッセと藤浪のストレートに頼る傾向は
藤井が担当している


彼達からストレートを奪い取ったら何が残る?

厳しいですよね?wwww

カットボールもツーシームも
SFFもフォークもね

あの球威溢れるストレートがあるから
活用できる変化球でしょ?


でもね
今年のボールは飛びますので
高めだとボール2個分ボールゾーンでも
思いっきり引っ張ってホームランになる

アウトコースの腰のラインのストレート
今年からは危険なコースになっている


ここを理解していれば、もっともっと
ストレートの使い方は
配球の段階で慎重になると思うし
慎重にならなければならないと思う



もちろんストレートって基本球です
しかし、藤井は余りにもインコースに
安易に構えるシーンが多過ぎる



城島が飛ぶボール時代にこう話している


アウトローに4シーム これ基本中の基本!

ここにストレートが投げられない奴は
それなりの成績しか残せない

ここ一番でアウトローへしっかりと
投げ込める投手は絶対にいい成績を残せる
投手なんです

ストレートのコントロールが悪い投手が
いい成績など残せるはずがない




アウトローにボールが走らない投手には
試合中であっても城島は徹底して
ストレートをアウトローへ構え続けた

そこにスライダーやカーブ、チェンジアップも
アウトローへ要求し続けた


それを一辺倒と罵倒する輩が多かったが
そうじゃないんだ

配球術を知らない輩がそう騒いでただけ


インコースへ変に散らすよりはずっと手堅い
配球術
だった事を明記しておきたい


ボールゾーンへ逃げるスライダー
アウトローボールゾーンへ落ちるチェンジアップ

山なりにボールゾーンへ逃げるカーブ

これと抱き合わせでストレートをアウトローへ
要求し続けた城島

これは
簡単に2ストライクへ
追い込める最高級の配球術


アウトコースの低めをカットしてファールにする
打者が殆どだからです

2ストライクに追い込んでから
城島は打ち取る為の数多くのパターンを
考え抜いて、次の球の配球を組み立てる

三振を取りに行くか?
引っかけさせて凡打を打たせるか?


アウトコース一辺倒の捕手が
こんな配球は絶対に出来るわけがないのだ



久保と久保田は彼の配球を好んでいた
藤川も城島の配球が大好きだった

それは何故か?

失投以外は大きいのを打たれなかったからです



では藤井の配球に戻りますが、
藤井はインコースへ散らしてアウトコースへの
距離感を狂わせる戦術を使います

城島とは正反対の配球術です


これは野村監督もよくやる術ですが。。。。


大きな違いがあります


インコースへ要求する時の計算力



相手が見逃す計算が立っているのか?

この投手がビビって中へ入ってしまう
最悪の想定も出来ているのか?

相手が仰け反る様な凄いボールを
投げれる計算も出来ているのか?

高めの行ったケースの最悪のケースも
想定出来ているのか?



その全てが計算済みのインコースへの
要求に見えないのが現状


シュートやツーシームで詰まらせる
シンカーで詰まらせる


そんな配球が出来るのは
投手がその球種を極めて居なければ
絶対に成就出来ない配球術
である



藤井の配球は球数を要する
遠回りをする配球が多い



2ストライクにどうやっていち早く
到達させるか?

2ストライクに追い込んでから
ファールで粘られて最後には
ヒットを打たれる



ここだろう。。。彼の課題は

ファールを狙わせるのであれば
飛ぶボールと唄われる時代であれば
アウトローが手堅いだろう


適当にインコースに構えて居れば
巨人打線や横浜打線クラスになれば
インコースを待たれてしまうし
既に読まれて待たれているし
打たれている


能見のスライダーとチェンジアップの
キレが悪く、ストレートも走れらない

先日の巨人戦の初戦がそう

初回はほぼオールストレートで
勝負していたが、そこでインコースへ
構えられてはたまったもんじゃない

アウトロー一辺倒でもいいから
ストレート一本ではなく
クソボールでもいいからスライダーや
チェンジアップも投げさせるべきだったと思う

打たれても痛くない場所に
投じる計算力が捕手には必要なのだから

4球3発の1安打で3失点

これは実に配球術としてどれだけお粗末であったか?

城島がこの試合を見ていたとしたならば

なんで?右打者にアウトローへチェンジアップを
投げさせないのだろう?
クソボールでもいいから、緩急つけたらええやろ?


とぼやいてたに違いない


日高はそれが出来る捕手だと思う
藤井以上にBADコンディションの投手に対する
対応力が勝っているのは間違いないだろう


しかし、インコースの配球に関してだけは

圧倒的に小宮山がトップクラス
だろう

伊達に39番の背番号をつけているわけではない

彼のストレートの配球術は見事であり
計算しつくした配球が出来る

正捕手の藤井以上に
セリーグの打者各々のデーターが
頭に入っている証拠である

ただ、フォークのサインに首を縦に振った投手が
小宮山モードで投げて居たならばwwwwwww

当然ストライクゾーンへ落ちてしまう


いつも思う
藤井と小宮山が合体して一体化したら
良い捕手になるのになぁっとwwwww


日高獲得は、優勝する為
藤井の補佐がどうしても必要だった為

日高本人にとっては最後の賭けのステージ


中村GMも腹の中は恐らく、小豆畑本命だと思う


だから小宮山使わず、藤井&日高でしょ?


そこで意地を見せて欲しいのが小宮山

小宮山と小豆畑が本気で争うステージが必要

小宮山と小豆畑には本気で争って欲しいし
本気で闘志剥き出しのプレーと練習に
今以上に、倍以上に精進して欲しい

城島クラスを狙ってみろ!

そうすれば誰もが認める阪神正捕手になれる

城島の残像を皆が追い続けている
打撃も配球も肩もピカイチの
完璧な捕手という無謀な要望が
阪神ファンには沢山存在している

最高はファンの集まりだろ?

オールスタ常連クラスの捕手になれ
ゴールデンクラブ、ベストナインの
常連クラスの捕手になれ



バッテリーコーチに関しては、
若菜コーチクラスが必要



真弓とも親友だし、阪神OBでもあるが故に
脈があるいいバッテリーコーチ候補なのだが。。。


後逸のスペシャリストだろう?って
そりゃ江本さんとノーサインでやるからいけないだけww

凄い捕手だったんだからww

最後に城島が捕手として開花されず、
1塁コンバートが濃厚だったのダイエーの方針に対し
退団覚悟で、王さんとバトルして責任を持って
城島を育て上げ、開花させたのが

この若菜さんだった事を最後に書いて
この記事を終わらせようと思います


明日は今成のサードコンバート論を書こうかな?
無謀な記事に笑ってくださいねwww

でも私は本気です
彼がサードに入れば、補強はゼロでいいのだから


では解散^^

*-----------------------------------------------------------*
告知

虎心不動ではFB版も日々投稿中
渡邊正悟で検索をかけて是非、お友達申請願います^^
虎心不動から来たよとメッセージがあれば
即承認させて頂きます

友達申請お待ちしております^^

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、

よろしければポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


Facebookをお持ちの方、この記事をシェアして頂けると
大変うれしいです 是非ご協力願います

この記事をシェアする

記事へのご質問ご意見はメール、

または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 01:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 TIgers
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71113473

この記事へのトラックバック