虎心不動TOP

.com/txcou

2013年07月23日

今成で見る補強による若手育成の弊害




さて、先日今成サード論を書いた所
沢山の意見が虎心不動のメールに届いた

殆どの方が、あの打撃力は控えにすべきではない
との意見が圧倒的だったが


来季の話を私はしたのであってねww
今年は無理っすよwww
ライトとファーストで一杯一杯のはず

秋季キャンプから本気で鍛える事が条件です


反対意見はごくわずかだったが
以下の質問が実に多かった


バルディが来たとしたらどうなるの?
中島獲得したらどうんるんでしょうか?



この様な意見が沢山寄せられた



この質問に答えるとしたならば


バルや中島の獲得となると、


今成サード起用以前の
問題となる

良太も坂もサード不要
控えでよろし!



結局そうなってしまう。。。。。。


バル獲得ともなれば
育成面、世代交代の面に関しては
最悪の結果が起きると言ってもいいだろう


しかし、プロの世界は非情な世界ですし
大方のファンも実は同じ価値観である


獲得時には猛反対し、

生え抜きだ!若虎だ!世代交代だ!

と騒いだファンも蓋を空けて
その選手が好調であれば


ペナント制覇の力があればそれでいい

投手陣も打線も歯車が噛み合っている
まぁ、育成云々問題点はあるけどね
今はそれでいいと思う



結局、強くて勝てばご機嫌さんになるのだ


世代交代も心配だが
まずは強い事にご機嫌
優勝目指して頑張ってもらいましょう!


これがぶっちゃけ阪神ファンの心理っちゅー奴w



補強姿勢は財源がある球団は、常に、
勝つ為の補強と育成と背中合わせの中で
そろばん勘定で運営されてしまう


結果的に、補強により、生え抜きや若い選手の
成長と経験値という芽を摘む形となる

阪神に限らず、この問題は財源豊かな
チームでは、毎年オフシーズンになると
この様な大型補強が当たり前の様に行われる


それが勝つ為のフロントの仕事なのだ


そして競争心と闘争心を持って
若虎達は補強で入団した選手と
熾烈なポジション争いをするのがプロ


しかし現実論ってのがある


競争心や闘争心をフロント、首脳陣達が
与えても、大物選手の補強をすれば若虎達の
闘志は流石に萎えるケースも少なくない



例えば城島獲得
金本以上にストレートな大型補強だったと思う

金本獲得時と、城島獲得時の大きな違いは
選手層の厚みだっただろう

新井も居て、マートンも入団して
平野は絶好調でもう選手層はパンパン状態だった
ブラゼルも絶好調の年だった


外野は、金本、マートンで唯一空いてたのがライト


この様な状況下で、城島は入団して来たのだ


これは肘に爆弾を抱えていた正捕手の矢野の
居場所すら完全に奪い取る補強であった

阪神球団フロント側からすれば
矢野から狩野だった世代交代路線を

一気に正捕手城島一本化に変えたのだ


狩野が頑張っても、盗塁され放題だった事
リード面でも矢野に及ばなかった事などを理由に

どうしても城島クラスの捕手が欲しかった


更に打撃面でも矢野を上回る捕手が絶対に
不可欠であるとフロントが判断した結果の
城島獲得だった


その結果、矢野の後継者と当時期待されていた
狩野は居場所を失い

外野手コンバートという新たな場所を
作らざる得なかった

ただ、あの肩では戦えなかったね。。。。

外野は空席もなく、狩野は居場所を失ってしまった



城島は、MLBの実績も高く
日本代表の超一流捕手である

正捕手争いなど無理と断言出来る
正捕手確定の補強だったのだから



城島の場合
2010年大活躍したが
捕球面、特にフォーク処理での課題を持った

2011年に配球術の仕上げ段階に入る同時に
フォーク処理の捕球向上も仕上げに入り

投手陣から絶対なる信頼を手に入れるはずだった

しかし2010年後半に長年の酷使で
疲れ果てた、膝が悲鳴を上げてしまい
腰、肘も悲鳴を上げて、城島は球界を去った


怪我さえなければ、城島は今年は4年目の
契約最後のシーズンを過ごしてたと思えば
非常に残念でならない


しかし、城島の補強により
若手捕手のチャンスが一気に萎えたのも事実


そう、勝つ為の補強
補強された側は、その余りにも大き過ぎる壁を
打ち破らなければならない

そんな選手を育てる指導力が、あの当時も
今の阪神にもあったか?と言えば
答えはNOである


ファームのコーチ体制がどれだけ
重要であるかがここで分かると思う



福留の補強も、若虎達にとって大き過ぎる壁

あれだけの強肩の送球を誰が出来るか?

出来ないのだ

守備範囲は対等に戦えたとしても

あの強肩、あの打席での存在感と経験値

超打力と勝負強さ、更に走塁技術など


怪我さえなければ、あの選手のポジションを
奪い取ることは至難の業である

打撃の天才である今成でも福留が復帰すれば
ライトポジション争いではどうしても
控え組に回されても仕方がない立場となる



巨人と阪神の若手育成の
大きな違いは何だろう?


やはり打撃力だろう
阪神の方があまりにもショボイ
長打力を放てる選手があまりにも育たない


守備良し、足良し、打撃駄目


これが若虎達のショボイ面々の現実である

よく使いこなさなければ意味がないと
若虎ビイキのファンの声を聞くが

打撃面で使えるのはほんの一握りであり
巨人と比べれば、かなりレベルが下がるのが
現実だと言ってもいいだろう

悔しいが打撃力の差は歴然である



横浜が数年後、投手補強成功により
物凄く強いチームを作り上げる可能性も
考えられるのだが。。。。。。


巨人も阪神もその大型補強の件については
その場限りの補強を堀内時代
岡田、真弓時代、和田政権でも
行なっており、若手育成が遅れがちである

ただ原さんは、阪神と比べると
全く持って旨くやりくりしている


つまり世代交代と言うお題目上では
FA補強は若手育成と経験値を与える機会の
弊害となり、数年後には痛い目に会うのが
方程式である


では、話を戻すが阪神のサードは
ある意味重要課題のポジションである

良太、コンラッドで争わせた結果
残ったのは低打率とザル守備の現状だった

サードはもう一度最初から練り直す
必要性があるポジションである

大砲を使うなら、ファーストとサード
この形は昔からよくある事である


確かに今年の阪神は大砲と言う存在面で
あと1枚足りない現状である事は確かである

本塁打という花のないチームであるが
チーム打率が高いのと本塁打が多いのでは

私はチーム打率が高い方がずっと魅力的に感じる


広い甲子園で巨人以上の破壊力を誇る
打線を作ったとしても、絶対に
トータルバランス面で崩壊路線を辿り

守備と機動力はグチャグチャになるだろう

若虎ベンチはこぞって守備要員
代走要因として君臨し、せいぜい1打席の
チャンスしかもらえないのが現実なのだ


もう、それは城島獲得時でウンザリしている

ブラッズを代走で交代させなければならない
城島も新井も代打の桧山も代走で交代しなければ
試合後半、機動力で戦えない現状があった

そこで得点が取れなければ
後は、守備力重視でワンチャンスに賭ける
受け身の野球しか出来なかった


それはもう、阪神と巨人は経験済みであり
横浜も実は、今年経験して、ラミレスを控えに回した


横浜の大々的な投手補強が成就した時

これは間違いなく数年後に現実化されるが

結局は投手コーチの質によると思う

どんなにいい投手を揃えても、投手コーチが
2流であれば、そこそこの数字しか出せないだろう

尾花コーチ辺りがもし仮に復帰したとしたならば
随分怖いチームになるだろうが
それはあり得ないだろうね

いずれにせよ、先発ローテと中継ぎ抑えの
滑ってのラインがしっかりと整ってなければ
巨人阪神の様に強いチームは作れないと思う

それを数年かけて実現出来そうな財源を
誇るのが横浜なのかも知れない


今成のサード論は、補強がないという設定上の話
そこにバルが来たとしたならば
ファンの考えは完全に2分されると思うが

私個人的には、結果的に入団したら家族同然の
愛情を注ぎ応援するしかないのだからwww

でも忘れてはならない事がある
関本、葛城は、今ここで
使い込まなければならない時に、控えに回り
気が付けば、そこそこの打者で終わらせてしまった

実にもったいない起用でダメにしたなぁっと
思ったのですが、

今成は、関本、葛城をはるかに超える
打撃センスを誇っているのは事実です


彼を控えにするのであれば、本気でファームで
捕手から鍛え直すか?(無理だと思う)

ガッツリ内野手で鍛えあがるか?の
2つのパターンで限定されてしまうと思う


そこにバルディが来たとしよう

結果的に打線が繋がって勝てば
阪神ファンはそこそこ満足すると思うのが
現実論なのかも知れない

生え抜き云々騒いでもね
生え抜き自体が育たない環境化なのだから

どんなに騒いでも使えない状況下では
ただのから騒ぎに過ぎなくなってしまうのだ


巨人の選手補強と生え抜きの育成

これは今の阪神に絶対に不可欠な教科書である

昨年村田を野手で補強した
しかし、生え抜きの若手の場所は1〜2か所
必ず毎年用意される形となっている

それが不調者や故障者リストから生まれてくる
チャンス到来の起用である

今成の今後の起用法は実に見物であるが
福留重視の方針には変わりがないだろう

*-----------------------------------------------------------*
告知

虎心不動ではFB版も日々投稿中
渡邊正悟で検索をかけて是非、お友達申請願います^^
虎心不動から来たよとメッセージがあれば
即承認させて頂きます

友達申請お待ちしております^^

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、

よろしければポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


Facebookをお持ちの方、この記事をシェアして頂けると
大変うれしいです 是非ご協力願います

この記事をシェアする

記事へのご質問ご意見はメール、

または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 03:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 TIgers
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71246275

この記事へのトラックバック