虎心不動TOP

.com/txcou

2013年10月19日

古屋氏2軍ヘッド就任で見える掛布の力




阪神の課題はファームの若虎育成と言い続けた
21日の正式発表が迫る中、徐々に来季の
首脳陣体制が見えてきた


オマリー、高代コーチは1軍指導者

問題はファームの体制である

皆さんもご承知の通り、今年のファームの指導は
余りにもひどい惨状だったと思う

確かに、今成、柴田、俊介、坂の4選手はかなり
経験値を積むことが出来たが。。。。。

やはり長打を打てるタイプではなかったし
今成に関しては、そこまで成長が出来なかった

特に内野手は
新井貴浩、良太を脅かす存在になれないメンツが
単発の活躍でのアピールしか出来なかった

上本も、坂もサードを奪い取る迄の
決定力もなく、打率も結果的に、良太とさほど
変わらない位だったのが現実でした

良太のアウトコースの見極めが気に入らないから
上本や坂が新鮮味に感じる錯覚も中にはあったと思う

結果的に私達ファンも
どんぐりの背比べの議論を重ねていたのだ

その大きな原因が
心中心を持たない中途半端な起用だった

打てないから、若虎はとっととスタメンを下げる

打てないベテランに頼って貧打線を続行する

この納得の行かない起用法にどれだけの
ファンがイライラし続けた事だろうか?


3割を超える安定度の高い打者が欲しい
長打力のある選手はチームにとって
サードとファースト
そして外野手に一人位どうしても欲しい


確かに、阪神は長打力に欠けた打線であったが、
それ以上に、真芯に当てるスイングが出来ない
打線だったと私は考えている


統一球の定義である
芯に当たってないから飛ばない


他球団に出来て、
阪神に出来ない


その原因を作っているのが、打者側の駆け引きである

カーブを見逃し、ストレートを打ち損じる
この段階で2ストライクである

ストレートに振り遅れて押されているから
簡単に2ストライクに追い込まれ、立場が不味くなり
相手バッテリーの思うつぼにはまっていた


この状況下を打破するには、本当に

統一球に対応出来る打撃指導者が
絶対に不可欠であったと思う

水谷打撃コーチは私の中では神の指導者の域だった

しかし、彼も、金森や片岡同様の

統一球の低反発の魔球を攻略出来なかった

柴田や、俊介、今成を根気強く心中心を持って
起用し続けたとしよう

来季開花する可能性が高かったのだ

中途半端な起用面と、心中心のなかった
首脳陣達に対して思うことがある

水谷打撃コーチの指導力を
完全に消したのは、心中心の無い
起用だったのかも知れない


来季花が咲く選手が絶対に居たのだが
振り出しになってしまった感がどうしてもある


開花する選手は、前年度に1シーズンを通して
疲労困憊な体に鞭を打ち、痛みや苦しみ、
体の重さに勝ち抜く体力と精神力がなければ、
必ず、中盤以降息切れをしてしまう


必ず定期的に
不調の轟音が加速して襲い掛かってくる

長いシーズンを戦うペナントの難しさであると同時に

超一流選手への登竜門であると思う


しかし、左右病、ベテランに頼る起用などで
中途半端な経験値しか与えることが出来なかった事は
虎心不動としては実に残念な部分でもあった

俊介を使い続ければ、確かに打率は下がっただろう
しかし、来季に繋がる可能性を大きく秘めていたと思う

私なら、今成と俊介の二人は、誰が何と言おうが
心中心を持って、我慢の起用を続けていたと思う



さて、そのベテラン選手に頼るしかなかった打線


打てない若虎選手もダサ過ぎるのよ(笑)
ルーキーじゃないんだから(笑)

その若虎の革命を期待して、なんちゃって入閣したのが
掛布 育成&打撃コーディネーターである

長いよww名目がww 掛布さんでいいよね?ww


掛布さんの言っている
ストレートが打てない件については
100%合意する内容である

しかし、理屈を唱えるのは誰にだって出来る
ぶっちゃけ私だってそれ位の薀蓄は言えるのだ

問題は指導が、選手の実戦に結果をもたらせられるか?

そこなんですよね

どんなに指導しても、選手の頭と体に染み込なかければ
全く意味のない事である


こればかりは、蓋を開けてみなければ分からない

掛布ファンは彼の指導力に大きな期待感を抱いている
私も、若虎達の打撃力が向上すれば、この上なく嬉しいことだ


しかし、掛布さんはアドバイザーであって
コーチではない
ユニフォームを着る立場でもない

この中途半端な採用の陰には
中村GMの配慮が感じられる

1年掛布さんの指導力が開花し、打撃陣の向上が成就したならば

彼にユニフォームを着る事に異論を唱える
旧体質のフロント陣やマスコミ、ファンを
黙らせることが出来る



アドバイザーで留守の間が不安だった私にとって

この古屋ファームヘッドの存在はあまりにも大きい

打撃面でも内野守備面でも
更に走塁面でも、技術力に定評があるし
打撃チーフコーチも経験しているし
守備走塁コーチの経験もある
ヘッドコーチの経験もある

私個人的には、彼の就任は微妙ながらも嬉しい(笑)

中村GMのコネはどうも。。。。
オリからの引き抜きが目立つ(笑)

でも、高代さんも、古屋さんも一流である


そんな彼は、掛布と同期である

掛布の代理者として、コーディネーターの指導を
しっかりと管理出来るかも知れないし、期待したい

この古屋ヘッドコーチ就任は
掛布のユニフォーム復帰のきっかけとなる
手助けが出来るかも知れないし、そのお役目を
果たしてくれるかも知れない


コーディネーターが見えれない部分を
古屋さんがしっかりと見ることが出来て
打撃指導面でもしっかりと出来たならば

大砲の育成が徐々に出来るかもしれない

2003年、2005年のV戦士の監督を
見たい私にとっては、随分遠回りになる結果だが

まずは来シーズンのファームをじっくりと
見守っていきたいですね

*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら

FBの友達申請大歓迎です^^FBで虎心不動が運営している
「阪神猛虎愛クラブ」のメンバーも大募集中です
まずは、私、渡邊 正悟とお友達になりましょうね
FBのメッセージにて、クラブ参加希望をお気軽にお伝え願います
お待ちしております^^



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 TIgers
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/78597398

この記事へのトラックバック