虎心不動TOP

.com/txcou

2013年10月25日

阪神ドラフト野手は意外と豊作の年



さて、昨日は投手2人を中心に書きました
今日は、野手3名を出来るだけ分かりやすく
書いてみた

大雑把で大変申し訳ないのですが
少しは役に立てればと思って書かせて頂きました


では、ドラフト上位から順番に書かせて頂きます



阪神ドラフト2位 
横田慎太郎 鹿児島実高 外野手
185センチ 84キロ 左投げ左打ち
遠投105m 50m6.2秒


高校通算29本塁打は、数字上は少なく感じるが
激戦区である鹿児島の投手陣相手の29本塁打は
そこそこの評価に値すると考えています


父は元ロッテ横田真之さんですね^^

鹿児島実業高校という名門中の名門ですが
1年秋から4番ファーストに座っていた
これは凄い事だと私は思っています

最終的に外野兼、投手として3年生は活躍しました
しかしプロの視点から見れば、投手としては起用せず
当然、野手としての獲得をした形となった

広角打法を売りとしているが、引っ張りの方が
長打力を持っている所を見る限り、大きい当たりを
狙う傾向が強いのかも知れない

甲子園は未経験だが、3年の夏の成績は

打率4.40 本塁打1本 打点9 盗塁1
そして長打率は8.80である


まぁ相手もショボイのもあるだろうが(笑)
6試合で3塁打3本は、高評価の材料として捉えられる
積極走塁も身に着けた、親父譲りの選手ですね


まず、ファームでどこまで通用するレベルか?
プロとしてどこまで基礎体力を身に着けられるか?

50m6.2秒
長身で俊足であるが、1、2番タイプではないことは確かだ

バントよりも打たせた方がいいタイプだと思うので
マートンの様な、3番もしくは5番、6番を張れる
選手に育ってほしいと願っている

彼の場合は状況によってはファースト起用もあり得る
彼の成長度合によるが、まずは外野手として
アウトコースも芯に当てる広角打法の中距離ヒッターに
育ってくれるといいなと考えています

俊介、伊藤隼太、柴田、大和、田上、今成など
外野手の若虎ポジション争いは熾烈である

長打力でなくても、中距離打者でアベレージが安定し、
守備範囲と送球制度、強肩度などを考慮すれば
数年後に十分通用する可能性が大きい外野手
である

期待しても良い、いい獲得選手でしたね^^



阪神ドラフト3位
陽川尚将 東京農大 内野手(三塁手)
178センチ79キロ 右投げ右打ち 
遠投110m 50m6.2秒


この選手に期待しているファンも多いのではないだろうか?
打てるサードの生え抜きなんてワクワクしますもんね^^

右のスラッガータイプである陽川選手
金光大阪高卒であり、甲子園経験もある
高校時代は主にショートで活躍していたのだが、
長打力を生かす為に、サードへ変更
高校通算36本塁打を放った実績も持っている

巨人のスカウトの目は確かである
育成枠として陽川を指名したが、陽川はそれを断り
大学進学の道を選んだ


当然、彼の中で、基礎体力や技術力の面で不安もあり
監督や親の計らいもあった上での決断だったと思う


東都2部ではあるが。。。。
4年間で105安打23本塁打を記録した

ガッチリとした体格であるが、足が遅いわけではない

彼に求めるのは
引っ張り専門のホームラン打者
である

掛布、バース、ブラッズがアウトコースを
綺麗な流し打ちホームランを見せてくれたが

右打者は、インコースは腕をたたんでコンパクトに
アウトコースは逆らわずではなく、
アウトコースも引き付けて思いっきり引っ張る


浜風に乗せる弾丸ライナー性の当たりを
是非、レフト定ポジの頭上に狙って欲しい

掛布さんが居るうちに、古屋さんが居るうちに
徹底的に引っ張ること、インコースを裁く事
アウトコースをっかりと振り抜く事を第一に

中村をイメージしたホームランバッターになって欲しい

上本、良太、坂などが対象となるが
この打撃力で安定度が高ければ、問題なく
スタメンを奪える可能性も大きい

期待を持って、彼のキャンプを見届けたいと思う
沖縄でなく、安芸でもいいと思っている
古屋さんが居れば、何も問題がないのだ

来年は、安心して安芸も楽しめる春季キャンプになりそうだ^^



阪神ドラフト4位
梅野隆太郎 福岡大 捕手
173センチ80キロ 右投げ右打ち
遠投120m 50m6.3秒
二塁送球1秒70の強肩


大阪桐蔭の森君を逃して御免なさいではないが(笑)
彼を獲得した意味も実に大きい

梅野の武器は、小豆畑を超える勢いの強肩である
彼の獲得で、数年後の正捕手が変わる可能性が高い

この捕手に最も期待を持っているファンは少なくないだろう

城島の残像を追い続ける 打てる捕手 強肩の捕手
この2点セットがこの梅野には備わっているのだ


大学通算打率3.38で本塁打は17本
国際大会でも1本ホームランを放っている


1塁到達も4.4秒と意外と早く、大学でも通算12盗塁

うむ。。。。城島タイプと言うよりも
古田タイプになる可能性が高いだけに楽しみな存在である

大卒と言うことで、体格面では高卒よりはずっといい

どれ位の期間で、自球団の投手データーを頭に叩き込み
ファームで実戦を積めるか?
更にファームの間でも、他球団各々のデーターをしっかりと
頭に叩き込むことが出来るか?

捕手の場合は、データーの習得力から始まるが
膨大なデーターなだけに、この習得力がポイントとなる

今成がそれを出来ていない状態でいきなり1軍マスクを
かぶらされ、散々な目にあった記憶が新しい

この梅田に関しては、まずデーターを叩き込ませて
プロの低めのチェンジアップ、更にフォークの
捕球能力を高め、強気の配球を吉田さんにレクチャーして
もらい、、小宮山、清水、小豆畑超えをどこまで
出来るか?を見守っていく事から始まると思う



よく来年中に、1軍で経験を?っと
捕手世界をなめ腐った意見を聞くが、冗談じゃない
そんなに簡単に行くほど、プロの捕手業界は甘くない

とにかく、飯を食う時も、プライベート面でも
移動の際でも、投手陣の輪に入り込んで
投手陣達とのコミュニケーションをとりまくること
ここから始めるのが、プロの捕手である

まずはブルペンで肌で感じる事でしょうね

高卒ではないので、
習得力と基礎体力は多少身についていると思う

とにかくファンである私達は、逸る気持ちを抑え
彼の習得力が成就することをじっくりと待つ

待ちながら、期待することを心掛けてあげると
本人も少しはリラックスして練習に取り組めるのかも知れない



簡単ではあったが、今日はこの3人の野手の紹介をした

昨日のドラフト5位の山本投手については、先になるかな?
ちと詳細に紹介する自信がないので(笑)

自信のない記事は書かない主義の私には回避するのが手堅い(笑)

ご了承願います


不作だと言われた今年のドラフト
しかし、野手に関しては、意外と収穫のあるドラフトだったと思う

阪神も地味ながら、しっかりと良い野手を獲得している

中村GMも和田監督もスカウト担当の方々も
まずまずのドラフトだったのではないだろうか?

今年のドラフトの選手紹介はこの辺で^^
来年の春のキャンプが楽しみですね^^

さぁ、この次は日本シリーズ後に始まる
FA宣言&争奪戦になりますね

今年は阪神の選手もかなり含まれているので
ガクガクブルブルの半月になりそうです(汗)

それでは今日はここまで^^解散!

*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら

FBの友達申請大歓迎です^^FBで虎心不動が運営している
「阪神猛虎愛クラブ」のメンバーも大募集中です
まずは、私、渡邊 正悟とお友達になりましょうね
FBのメッセージにて、クラブ参加希望をお気軽にお伝え願います
お待ちしております^^



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 TIgers
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/79147974

この記事へのトラックバック