虎心不動TOP

.com/txcou

2014年01月16日

松田は打たれて学ぶべし



今シーズンの守護神は呉(オースンファン)で決まっている
韓国でNO.1の守護神であり、MLB挑戦も視野に入れた
昨年秋から冬にかけての駆け引きは凄かったが
よくまぁ獲れたもんだなっと思うわけです

さて、その呉が調子が悪くなった場合の代わりは、
今年は間違いなく福原である
速球派で経験値も高く、空振りを取れる決め球も持っている

彼の経験値、速球、変化球のキレは実に頼もしい限りだ

阪神タイガースの速球派って誰が居るだろうか?

福原、メッセ、松田
うむ。。。。。。やはり制球を鍛えて、速球派と呼べる人材が
本当に少なくなってしまっている
二神、秋山、伊藤、玉置など、本来は速球派でブイブイ言わせていたが、
それはアマチュア時代の話である
それでもその速度が出していた事に、期待感はまだあるが、
まずは、それ以前の課題克服をしなければ、どうしようもない

速球投手であっても、マウンドが固くなったら体がすぐ開いて
シュート回転気味になってしまったり、高めにボールが集まり出したりね
そんな投手、ナゴドや京セラドームなんて投げられるはずもない

フォームを安定化を図り、制球重視の指導に打ち込まなければならない
つまり、速球を一度落としてでも、やらなければならない作業が
そこにあるのだ
その様な状況下に陥り、投手コーチ達は何度頭を抱えた頃だろう?
でもそれが指導者のお役目でもあるのだ

私からすれば、その程度の投手達は、剛球投手という
いや、元速球派と表現するもの認めたくない自分が居る

球が速ければ速球派?
打たれてたら、そりゃ速球派じゃないよwwww

球が速いだけは速球派とは言わない
そりゃダメな投手なんだよwww


また、剛球投手という表現にも私はうるさい(笑)
剛球に至らない速球派ってね、打たれるんですよ
剛球ってのはね、球威(球の伸び)がある状況を指さなければ
球が速いだけで、剛球投手とは言えないんです


だから久保田は球が速いけどなぁって言われるんです

どんなに球速が早くても、球威がなければ
タイミングを合わせて当てやすいともなれば
そんなの剛球投手ではなく、ダメな投手とレッテルを貼られるだろう

久保田の復活は球威にありけり なんですよね

本当の速球派、剛球派投手はね。。。。
多少高めに球が浮こうが、早々打たれないんです

逆に空振りが取れるんです

藤川球児が代表的な例ですね
現在の福原もその部類に入ると思います(たまに打たれますがw)


松田はその一歩手前まで来ている唯一の若虎投手である


松田の存在は、阪神にとって、宝物でなければならない
速球派と言える本当の球威は松田には備わっている
マックス151キロ、十分早い速球派なんですよ
でも、松田クラスの速球は確かに12球団で居ない訳ではない
本当の剛球投手を球団で育てたいのであれば、絶対にどうしても、

あと5キロ欲しい

あと5キロ速度が上がり、球威も向上すれば間違いなく
松田は、藤川球児レベルの日本球界を代表する存在になれる事は
言うまでもないだろう

その松田の欠点は
制球と、コントロールのキレ
である

まだ超一流打者からは、ストレートを狙い撃ちされるレベル

先日、高速スライダー解禁などの記事がネットで踊っていたが、
本当に投げられるのであれは、とっとと昨年から投げてます

カーブもスライダーもフォークもキレがイマイチだったから
高速スライダーだけが切れ味抜群なわけないじゃん?www
ストレートの騙し球として最初は通用する程度のレベルの筈

春のキャンプだけで、変化球のキレが抜群に改善されるほど
プロの投手の世界はそんなに簡単ではない

それが短期間で成就出来る世界ならば、既に凄い投手に松田は
のし上がっていただろうし、昨日書いた岩田だってとっととスランプ
脱出して大活躍しているに違いない
それだけきめ細かいブレ一つで世界が変わる超難しい世界だって事

その松田の根本的方針が決まっているようだ

まずは球速球威を上げる

このシンプルな方向性は実に私は賛同出来る内容である

変化球のキレは時間をかけて行うしかない
だったら、速球を上げよう!球威を向上させよう!

確かに体も小さく、大学生の体つき、成長もゼロなわけではない

まだ早いかも知れない
怪我する可能性も考えなければならない

それでも方向性を定め、戦う事は間違っていないと思う

日ハムの齋藤は早稲田で一気に球速を上げる作業をした
しかし、それは大学レベルの球速の上げ方であり、球威に対して
詰めが甘い、球速向上のやり方だった
筋力根本の、バネのあるフォーム重視のレベルの突貫工事を
大学で行うとどうなるか?
ああなるんですよ
シュート回転癖もついて、制球もダメになり、早いだけの球速
バッターに距離が近づく時には、マックス速度からどんどん
下がって当てやすいタイミングに成り下がっている筈
だからプロで、久保田並に打たれまくっているのだ
球威球速は一体化したメニューで進めなければ、必ず失敗する

速いだけではダメなのだ
球威(伸び)がなければ何も意味がない作業


キャッチャーミットの収まる時も、球速を上げながら
ボールが走らなければ、何も意味がないのだ
それが球威球速の一体感溢れる、本当の剛球なのだ

松田にその指導を行うようだ
足の開き、重心の掛け方、バランス、更にリリースポイントを高
やるべき事はたくさんあるだろう
それでも、まずは球威球速を上げると決めたのだから
私は心から松田の成長を見守りたい

打たれるしかないだろう?
打たれてもいいだろう?

各球場のマウンドの感触を確かめながら、

もっと速くもっと強い球へ挑戦する

ストレートを速くする為には打たれても仕方がない展開もある
それは松田の試練であり、経験だと思うから

こんな大博打な育成を、私は久しぶりに見る気分である

球児以来、本当の生え抜きの守護神を育てる
こんな挑戦であれば、打たれても打たれまくっても


頑張れ!やめるな!諦めるな!
そのまま突っ走れ!



と、心から応援が出来る気分である

変化球のキレだって同時進行するのは間違いない

呉が福原が踏ん張れる間こそ、山口さん久保さん、中西さん、そして
福原投手にも力になってもらってでも
阪神生え抜き、剛球守護神を育成成就させて欲しい

松田よ!ストレートを投げまくれ!
打たれて学べ!

*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら

FBの友達申請大歓迎です^^FBで虎心不動が運営している
「阪神猛虎愛クラブ」のメンバーも大募集中です
まずは、私、渡邊 正悟とお友達になりましょうね
FBのメッセージにて、クラブ参加希望をお気軽にお伝え願います
お待ちしております^^



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 02:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014 Tigers
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/85427584

この記事へのトラックバック