虎心不動TOP

.com/txcou

2014年03月27日

最後に見せてくれ! 4番の意地 新井貴浩

阪神タイガース宇宙部屋 最終夜 新井貴浩編


さて、阪神タイガース宇宙部屋も最終日となり
体調不良と仕事の忙しさが理由で

何故か?私がオオトリを務める事となった

オオトリは花形がやるべきだと思ったが(笑)
打ち合わせにもろくに顔を出せず(笑)
今日も一日中病院で点滴を打つ状態でしたので
いつの間にかオオトリになってしまったのだ(笑)

まず、最初にこの企画を花形氏に頂いた時
正直悩みました
虎心不動は画像を載せないサイトであり
渡邊正悟は虎心不動の記事では真面目を演じているし(笑)

ブログの運営も、一匹狼で我道を歩むタイプだし(笑)
こんな私にこの企画は務まるだろうか?と悩みました

しかし、花形氏の熱意ある企画に応えようと決意して
今回の企画に参加させて頂いた次第

やるからには真剣にオオトリを務めさせて頂きます


さて阪神宇宙部屋で虎心不動がチョイスした選手は
マートンでもなくゴメスでもなく鳥谷でもなく呉昇桓でもない
スタメンを外れそうな新井貴浩である

ぶっちゃけ、武蔵寅之助さんが書いた良太より(笑)
実に辛い記事になる選手をチョイスしてしまっていたのだ

昨日マートン虎心不動で書いたし、今更

体調悪いから、俺、藤浪に変更です(*´д`*) テヘ♪

なんて彼達に言うわけにもいかないし(笑)
武蔵とyoshitakaは俺に怒る時だけ怖いんだwwwwww

さて冗談はこの変にして
何故?虎心不動が新井貴浩をチョイスしたか?

最後に華を咲かせて欲しい選手なんですよね?(笑)
キャラ的にもとても弄りやすいですし(笑)
画像としても実に素材がゴロゴロしておりまして(笑)
どのサイトでも彼の画像は人気があります

そんな感情論をつづった記事もたまにはいいか?と思い
彼を書く事にしました
では始めましょうか!^^



最後に見せてくれ! 4番の意地 新井貴浩

新井貴浩は言うまでもなく4番を張り続けた男である
広島時代、北京五輪日本代表、そして金本怪我からは
阪神でも4番を張り続けた経緯がある

しかし、この男ほど、見栄えの悪い選手は居ないだろう(笑)

打点でもタイトルを取ったしチャンスでは今でも強いんですよ

しかし、4番としての評価が低かったのは確かです

ここ一番で併殺が多いんです
三振が多いんです
打率も基本的に物足りないんです
打点の割には打率が低いんです


更に、インサイドストレートにビビリまくって
インストプリケツ という称号までつけられてネ!(笑)
実に弄られ易いキャラクターなのです

さて、その新井貴浩ですが、全盛期は間違いなく広島時代
2006年から7年にかけての貴浩は凄かった
アウトコースもインコースもガンガン引っ張りまくって
実に恐ろしいパワーヒッターでした

阪神入団当初、こんなうわさが流れた

(*´д`*) 貴浩は実は甲子園が苦手(*´д`*)

オイオイオイww右の大砲が何を言うか?www
入団当初いきなり、矢野から甲子園の長打のアドバイスを受け
報道された時には驚かされました

岡田時代
貴浩は3番を打ってました
4番金本へ繋ぐ役割として、しっかりと安打を放ってました
2008年、彼の打率は3.08だった
ここ数年の貴浩の数字では考えられないハイアベレージだった
それだけ後ろへ繋ぐスイングを心がけて居たのだろう

苦手甲子園と言われる貴浩ですが
この男は本当に不器用で見ててイライラする(笑)

レフト頭上に打ち上げろと願っても、左中間へ打ち上げては
深いセンターフライでアウトになるケースが多かった

レフトに引っ張れば犠牲フライの1打点だけでなく
もっと打点を取れる選手なのに

(*´д`*) 浜風とお友達になりなさいよ(*´д`*)

そう思いながら彼のセンター返しをイライラしながら
見守る続けました

この左中間に打ち上がる彼のスイングこそ問題があった
何故左中間のセンターフライなのだろうか?

センター返しをして、浜風に押し戻されて一番深い左中間で
フライアウトになっていたわけです


甲子園で一番やっちゃいけない打球方向なんです
打ち上げれば飛ぶのは甲子園を知り尽くした田淵さんです
貴方は不器用な新井さんなんです

レフト頭上に打ち上げれば確かに浜風にグングン伸ばされて
最短飛距離でも本塁打に出来る球場なのですが(汗)

更に2008年、北京五輪前に腰を痛めてしまった
スイングで相当無理をしていたのだろう
スランプ時期や腰痛であっても無理をしてスイングを
し続けていたのだと思う

この腰痛でスタメンを外れ気味の貴浩を
なんと星野前阪神監督、当時日本代表監督兼、
阪神のSDの立場でありながら
腰痛で苦しみスタメンを外れる貴浩を4番で招集したのだ

あり得ない
こんな重傷患者を北京五輪へ連れて行くのか?
最悪なケースになったらどうするのだ?

嫌な予感は的中
五輪後、腰の疲労骨折で戦線離脱し、その年阪神は
巨人に歴史的大敗を喫し、大逆転リーグ優勝を明け渡した

その責任を取って岡田監督が辞任する始末となった

腰の疲労骨折

この古傷に新井貴浩は現在も苦しんでいる
古傷が痛むと本来のスイングが出来なくなってしまう
そのスランプたるや、余りにも長いトンネルである

毎年いい状態か?と期待されても、
打率を下げて本塁打数も伸びず
4番としてふさわしくない結果を残し続けていた

更に一昨年には右肩を完全に痛めてしまったと報道された

パワーヒッターの力みスイングは統一球には向かない
腰と肩を痛めて打席に立てばどうなるのか?

真芯を捉えたジャストミート
完璧に振り抜くスイング


この2点が絶対に厳しくなることは言うまでもない

低打率に甘んじてしまった新井貴浩の姿がそこにあった

さすがに引退も考えた貴浩に朗報が届いた
コマスイング、溜め指導のスペシャリスト
あの水谷打撃コーチが就任したのだ

更に会見で水谷打撃コーチは以下の様なコメントを出した

新井4番復活させることが私の使命である

引退を考える事も出来ない位、貴浩にはチャンスが訪れた

肩の痛みを治して、腰の痛みを抑えられれば
水谷打撃コーチのコマ打法を指導願い、大復活の可能性もある

引退せず、現役を続けられるかも知れないと考えたに違いない

昨年の貴浩は一時期最強と化した

交流戦から6月いっぱいまでの貴浩は物凄かった
30本行けるかも知れないと期待感を持たせるスイングを
見せつけられ、更に敬遠も幾度もされた

新井貴浩復活の兆しが見え始めたのは事実

アウトコースも低目も上手にさばいていた

アウトローのスライダーやチェンジアップは逆らわず
素直に流し、広角打法の技術を見せていた
アウトコース腰のラインのボールは徹底して
引っ張る様に心がけて居るスイングが素人目にも分かった

スイングが速くなり、溜めもしっかりとしていた

しかし、疲労蓄積により打率は大暴落を起こしてしまう

その原因は疲労蓄積によるバットコントロールであった

貴浩は良太同様、パワーヒッターとしての誇りを捨てていない

だからこそ、疲労蓄積に手元で小さく曲がる統一球は
彼達にとって最大の難関であったのだ

力みがどうしても真芯を捉えきれない
腰のスイングをしているつもりでも前のめりになっている

芯を外して凡打を築く内容が実に増えまくってしまった

オールスター戦後の貴浩は、ここ数年の怪我男の姿になり
結果的に本来の力を発揮する事が
シーズン通して出来なかったのは事実である

水谷氏辞任後、オマリーが入団してきた
彼こそ、水谷氏を超える溜めのスイングの指導スペシャリスト

貴浩最後のあがきをオマリーが成就させるかも知れない

ゴメスが鉄板でファーストを守るとなれば
貴浩は控えか?サードしか居場所はない

疲労蓄積に弱い貴浩にとってサードの守備はもう限界
高代さんが徹底的に鍛え上げていたようだが
ファーストミットをつけたりサードミットをつけたりで
実に中途半端な守備練習をしていたのも事実である

私は貴浩にゴメスの代役4番は貴浩だと言い続けていた
その理由は、貴浩は代役ならいい仕事が出来ると
確信しているからだ

どう見ても代打の神様的な1打席に賭けるタイプではない

年間通じてコンスタントな成績を残せる年齢と体ではない

しかし、彼のチャンスに強い打撃力は期間限定であれば
マートン以上に期待が持てると私は考えている

ただ、ショートスパンの話だよ(笑)
腰と肩をやられてあの年齢では仕方がない

ただ、最後に己自身の野球人生を賭けて
最後に本気で己自身と向き合って戦って欲しい


その熱い気持ちが彼に向けられるのは何故だろう?

腐っても鯛にもなれない怪我を経験しながらも
超ベテランであってもコーチの指導は素直に聞いている
そんな真面目な彼の姿を見て、もう一度華を咲かせて欲しい

こんな感情が込み上げてくるのは
きっと、新井貴浩だからだろう

最後にもう一度、這いつくばってもがき苦しんで
己自身と戦って欲しい


さて、今回の阪神宇宙部屋は虎心不動のこの記事により
終了となります

まずは、親友である花形 お誘いありがとう
また寅之助さん、yoshitakaさんに対しても心から感謝している

そして今回の企画を見守って下さった阪神ファンの皆さん
本当にありがとうございました^^

花形、寅之助、yoshitakaさん(彼は年上なのでさん付w)
私も含め、今季の阪神タイガーズの活躍に期待しています

勝っても負けても、喜んでも、怒っても
変わらず愛情をタイガースに捧げる4人です

明日から阪神はペナントで戦いがはじまります
いよいよです!
まずは東京ドームで阪神らしい投手戦で勝ちに行きましょう
4人のブログ主を代表してこの4日間ありがとうございました

函館愛虎会 花形モータース
      浜風に吹かれて yoshitaka
素人辛口評論家 武蔵寅之助
虎心不動    渡邊正悟

posted by 正悟 at 20:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014 Tigers
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/91817895

この記事へのトラックバック