虎心不動TOP

.com/txcou

2014年03月30日

大和の成長が見えた競り勝った試合



まず驚いたのが被安打16で3失点そりゃ4時間半かかりますわwww

さて、今日の試合はスコアからすると5−3で勝利

8回のマートンがマシソンから放ったホームランが
一気に流れを傾けてくれた
負け雰囲気が大きくなった状態で巨人は万全の
必勝リレーで阪神をカモとするマシソンをマウンドへ上げた

そのマシソンのストレートを見事にレフトスタンド上段近くまで
がっつり飛ばしたマートンは凄い

良太も集中力を研ぎ澄ました顔つきで打席に向かっているが
身体が開き気味かなぁ。。。。。

大和

この人から称えなければならん試合でしたね
昨日今日で打率が8.57でダントツトップです(笑)
まぁ、まだ二試合だからねwwwww

ただ、スイングの安定度が光り輝いていますね
確かに。。。。昨年も序盤打ちまくって、低目攻略されて
大スランプに陥って苦しんで涙した事もありましたが
今年の大和はもう、

全盛期の平野クラス

も夢じゃありません

良いバッターになりましたね(まだ二試合だっつーの(笑))

大和にとって一番大きいのが経験値である
ここ二年間、着実に階段を上り、昨年は怪我を除き1シーズン
なんとか戦えた形となった
この試合数をこなす経験値こそ、体力向上につながり、
疲労蓄積時のスイングの修正などが短期間で収まる事が出来る

恐らく経験値で最も重要なのがこの投手との対戦や守備の活躍
そして疲労蓄積時のスイングの修正だろう

先ほども書いた通り、開幕時は充電たっぷりで
仕上がりさえよければ、かなりいい状態で戦えていると思う
開幕にしっかりとベストコンディションで望める事はとても
素晴らしい事である

大和は若さだろうか?
昨年も開幕にしっかりと第一回目のピーク時をしっかりと
迎えた状態で試合に臨んでいた

大事なのは疲労が蓄積し始めるGW辺りからが勝負だろう

昨日今日の大和は実に素晴らしいの一言である
8打数7安打で東京ドーム巨人戦で戦えている姿を見て
大きくなったなぁっとしみじみ思うわけ

とにかくスイングが速いです
前に関川さんが持ってきたバットスイング速度計測器で
力みまくりのスイングを作り、大失態を犯した

その修正に動いたのは実は当時監督だった真弓さん

ストップウォッチを持ってコンマ何秒の世界を
速度ではなく時間で修正を図ったのだ

力まずスッとバットを出せと指示していたに違いない

溜めを作るのを分かり易く表現するならば
ギリギリまで我慢して引きつける事
前のめり気味になるのは打ちたい焦りが引き起こす
腕が先行して上体でスイングしてしまい、足腰の回転を
完全に利用できていない証なのです

当然手打ちになるわけ
飛距離は出ないし、バットコントロールもブレるわけ

とにかくでんでん太鼓の様に心棒が回転を引き起こすが如く
足腰の回転でしっかりと振り抜かなければ、本当にパワーを
出す事は不可能になるわけ


その足腰のスイングがしっかりと出来ているのが大和なのだ

その状態をしっかりと見せているのが2試合7安打でもあるが
今日の最後の打席の四球が全てだろう

相手はマシソン、ランナーは1-2塁だった
送りバントのサインが出ていたと思うが、毎球ごとに
サインが変わっていたのが分かった

ヒッティングに行ったと思いきや、バントの構え
更にバスターエンドランも数回仕掛けていた
マシソンのストレート相手にその作業でファールで粘れると
いう現状が凄い事だと思う

ストレートにもスライダーにもしっかりと対応出来る
準備が出来ていたことが分かる

3−2になった時、3バントか?ヒッティングか?
またバスターエンドランをかけて来るのか?

2ストライクで追い込まれた大和
3ボールで四球は出せないマシソン


この二人の駆け引きを仕切るのが阿部である
阿部は肌で感じただろう

ストレートにタイミングがあってるのでスライダーにしたい
でもスライダーの制球が実に不安定なマシソン

阿部はストレートを選択するしかなかった

大和はマシソンとの対戦で、阿部を追い詰めていたのだ

大和は150キロのストレートを落ち着いて見逃し
四球を選択した
ノーアウト満塁の展開をここで作ったのだ


結果的に昨年GG受賞したとは思えない(笑)
ロペスの昨日から度重なるお粗末なプレーの連発

牽制球アウトがポロリでしょ?
フツーにエラーしてタイムリーで帳消し出来たけど
今日は帳消し出来なかったですね

最大のミスが
フェンス激突後、ノロノロ動いて進塁GETだと思ったら
今度は試合終盤の9回表に
満塁内野ゴロをベースを踏んでバックホームしてしまう

僕はびっくりしてしまった
阿部にタッチしろというプレーを彼はしたのだwww

阿部の死角で行ったロペスのあり得ない行動だったので
阿部はフツーに1塁へ送球してしまった(笑)

開幕二日目で7割打者であったとしても
結果的に阿部も原監督しては腸煮えくり返る思いだろうwww

だからね
打撃が良くても守備が駄目なら、結果的に守備で試合を
ぶち壊す試合も多くなり、リスクを背負うって事


ここ数年の阪神のお家芸だねwwwwww

上本がニヤニヤしながら決勝点のホームイン(笑)
この粗末なプレーを呼んだのが
言うまでもなく大和である

かれのバスターエンドランの落ち着いた対応力を見て
当てるセンスがついに開花したかも
と期待感マックスにさせてくれた

全盛期の平野で盗塁が出来るバーション
この男に選球眼がついて出塁率が向上すれば
文句なしのトップバッターに慣れると思う期待感マックスw

鳥谷も影の立役者である

昨日もレフト前の当りを食い止め
今日も福原にごちそうになれるだろう(笑)スーパープレーで
失点を食い止めている

センター前に抜けた当りとダイビングで止めた
しかし西岡の傲慢なノロマ対応でセカンドホースアウト出来ず

鳥谷の胸中は穏やかでなかっただろう

ゴメスと呉昇桓については明日でも書こうと思っています

まずは今巨人から初勝利
3連敗を免れたが16安打3失点は原監督は怒り心頭
阪神サイドはぐったり疲れる試合だった

しかし競り合いを制したこのゲームは大きいですね^^
明日の大竹は打てない相手ではないです
勝ち越し狙って行きましょう!!

榎田次第によってはいい試合になるはず
見せてくれ!巨人キラー榎田
ってか日高おらんね(・_・)(真顔)
藤井さんで行くのかな?
*---------------------------------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら

FBの友達申請大歓迎です^^FBで虎心不動が運営している
「阪神猛虎愛クラブ」のメンバーも大募集中です
まずは、私、渡邊 正悟とお友達になりましょうね
FBのメッセージにて、クラブ参加希望をお気軽にお伝え願います
お待ちしております^^



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*---------------------------------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 02:42 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2014 Tigers
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/91970627

この記事へのトラックバック

シーソーゲームを制して今季初勝利
Excerpt: 前日と違ってドキドキハラハラの面白い試合。 打線は上位からクリーンアップに書けて繋がっている。投手陣はちょっと課題がありそうやけどね。その投手陣を守りが支えた。
Weblog: 虎談巷説 阪神タイガース的日常
Tracked: 2014-03-30 12:32