虎心不動TOP

.com/txcou

2014年06月09日

あれ?また統一球 係数変わってネ?



乱打戦制す!という文字の裏に
統一球の係数数値に疑惑を感じた人が
多かった試合だったかも知れない

今日のソフトバンク戦
先発ピッチャーのオセゲラがまた酷かった
右打者に対してのアウトコースが悉くボール
更にインコースに構えたら、確実に捉えられるスライダーが
高め、甘めに入って来ていた

こりゃやりたい放題になると思った瞬間
打つわ、打つわの打者一巡以上の9得点

初回に9得点のビックイニングは記憶にない位レアである

ただ、気になった点があった

打球が速くないか?
弾道が伸びてないか?


いや、これはオゲセラ様がくれたバッティング練習だろう
そう言い聞かせて観戦していたが、やはりおかしい

緩いショートライナーの当りをしていたコースを弾き返すと
左中間まで割る勢いの弾道と打球の速さが気になった

あれ??係数変わってネ?

いや、これはオゲセラ様の御利益に違いない

そう言い聞かせながら更に観戦を続けたが。。。。。。。。

いや、打つなぁ。。。。飛ぶなぁ。。。。打球が速いなぁ。。。。。

投手が代わっても、阪神打線は打ち続けた

これは係数が違う可能性が高い

ボールを何回も取り替えても、投手が何人も交代しても
打てなかった打者が活き活きと弾き返している事は事実

個々の打撃フォームを見ても
ここ数日で完璧にフォーム改造に成功したと
思える選手ではない打者が綺麗に
難しい球を弾き返していた

確信をした
係数変わってんじゃネ?


巨人のスコアも確認しよう
横浜のスコアも確認しよう
当然、ヤクルトのスコアも確認しよう

セリーグの強打を誇る打線の得点を見れば
何かが分かるかも知れないと感じたが、案の定
3球団共に、統一球を打ち砕いて勝っていた

急に晴れたから?湿度云々?

いや、そんなことないだろう。。。。。。。。

マートンも、ゴメスも大和もそう

昨日打てなかったコースと球種が、面白い様に飛ぶし
何しろ打球が速い

今まで押されていたストレートを確実に打ち返している

明らかにおかしい
急に打てなかった打者がこぞって打ち出すとは思えない

函館愛虎会の花形氏に聞いてみたら

僕もそう思った
明らかにおかしい、外野へ抜ける打球が速いと
感じていた


と私と同じ感覚で観戦していた事を明かしてくれた


確かに見ていて実にスペクタクルで楽しい試合だったが

投手の立場となればたまったもんじゃない

投球内容としては、低目重視で変化球のキレが生命線となり
球威でグイグイの投手は、また苦しむ展開に陥るかも知れない

もしも係数が変更されていたとしたならば
政治的圧力かも知れないし、またしても見苦しい言い訳的な
ミスを犯したのか?のいずれかに該当する事となるだろう

確かに係数が変われば、今日の様にスペクタクルな試合が増え、
阪神にとっては追い風となる可能性も高い

打てない打線がよみがえる可能性を秘めている事は確かであるが、
それと同時に
投手王国復活へのシナリオは振り出しに戻る可能性も同時に含み
微妙ながらも、打ち勝つ試合が増える可能性は高くなると感じた

結果的に係数変更が事実であれば
阪神には追い風となるだろう



いずれにせよ、今日の試合を見て
疑問を持ったファンは多いはず

明日はスタンとメッセの投げ合いとなるが
係数が今日のままだと、明確に分かる試合だと思う
球威に力任せの投手は明白に答えが出る

係数変更してあれば
ノーガードのうち会いになる可能性がある

この統一球係数に関しては、数試合様子を見てから
再度記事にしてみようと思う

最後に今日の試合の感想として一番重要なのは
梅野の配球である

イデホに対して普通にインコースへストレートを
要求しているシーンが目立ったが
榎田も鶴もそのインコースを弾き返されている

強気なリードも確かに魅力的だが
長打を誇る打者に対しては、基本アウトコース攻めで
ここ一番でインストを投げ込むのが定石である

インアウトを散らしながらの配球だと思うが、余りにも強気で
何度も何度もインコースに構えていた彼の配球は極めて危険

相手データー云々ではなく、投手の引き出し根本の配球に偏り、
結果的に危険な配球を選択している
事に不安を感じた

これでは失点の数は減ることはないだろう

もう少しまともなアドバイスをしないのだろうか?

どうも投手に任せただけの感がある梅野経験値計画の様に見て
コーチ達は試合中にどう思っているのだろうか?と
疑問を感じる配球を何度も見た

警告を受ければ、何度もあそこまで普通に強打者に対して
インコースを要求する事はないと感じたが、
強気の配球がダメなわけではない


失投を計算した配球とは程遠いって事


統一球だからとかではない
インコースの攻めに関して、バッテリーコーチや投手コーチ
投手本人としっかりと打ち合わせをした上で行われているの
だろうか?と疑問を感じた

私がバッテリーコーチであれば
梅野に対して雷を落としていただろう

散らしだけでインコースをお気楽に選択するな
もっと失投も考えた上での慎重に配球を組め!


そういって怒っていただろう

梅野は経験値を積んでいる最高の授業を日々行い
充実した日々を送っているのだが、その陰には
生活のかかった先輩投手の成績がかかっている事を
今一度考えなければならないだろう

私達ファンも含め、梅野の起用と配球に関して、
経験値は経験値として、更に悪い配球は悪いとして、
しっかりと割り切った上で、彼を見守って行って欲しい

今日の配球で、強打者に臆することなくインコースを攻めるのを
褒めるのではなく、もっと慎重に行こうよと考えた方が
絶対に正解だと思う

イデホに何球もインコースに構えて打たれた梅野に対して
私は経験値を積む立場であったとしても、雷を落とすべき
配球であったと思う

強気だからいいってもんじゃない
計算し尽くした配球で無ければ、絶対にダメ

期待している梅野だけに書かせて頂いた

明日はメッセVSスタン

楽しみにしているファンも多いだろう
昨年まで阪神のローテを守り抜いてくれたスタン
阪神残留を希望しながらもソフトバンクへ移籍したスタンだが
勝負の世界、スタンを打ち崩してソフトバンクから勝ち越しを
奪い、勢いが欲しい

何としてでも交流戦負け越しだけは避けなければならない

あと3つ負け越している阪神
ここは踏ん張り所である
*---------------------------------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*---------------------------------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 02:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014 Tigers
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/99266489

この記事へのトラックバック